最近の記事

2017.12.17「正しい人にも福音を!」

murakami_Xmas-001.jpg こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
 村上に新会堂が完成しましたので、市内にクリスマスの案内チラシを配ります。
 カットは、実際の会堂をモチーフに、イラストレーターのまるもりおさんが書いてくださいました。
 「冬の新潟らしく厚い雲と雪がこんこんと降る中にも、雲の切れ間から太陽が出て
 教会を照らしている、という意味を添えた」とのこと。私も色合いが気に入っています。
 実際には鉛色の空が広がることの多い村上(新潟)ですが、
 ここに来た人たちが希望を感じ取っていただけるような教会を目指していきたいですね。
 23日に市内3千戸に配布する予定です。ぎりぎりになってしまいましたが、お祈りください。
 週報はこちらです。

 聖書箇所 『マタイの福音書』1章18-25節 


1.
 「あなたは、いちばん信頼していた人に裏切られたことがありますか?」
そんな質問を、若い女性の読者が多い、ある雑誌の編集部がアンケートをとってみたところ、半数近い読者がはいと答えたそうです。
若い女性向けですから、恋人から裏切られることが多いのかと思ったら、信頼していた友人から裏切られた経験が大半でした。
恋人に対しては、はじめから信頼していない、と答えた人もいたとか。それもまた現代のドライな交際でしょうか。少し悲しくなります。
ヨセフは、婚約者であるマリヤに、裏切られたかもしれないという現実の中で苦しみます。聖書は18節でこう記しています。
「マリヤはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重になったことがわかった」。
聖霊によって身重になったことがわかった、とありますが、それは後でヨセフが夢で御使いに伝えられたからわかったことです。
最初のうち、わかっていたのは、ただマリヤのお腹が日増しに大きくなっていく、という現実だけです。
ヨセフの目の前に起きていたのは、許嫁であるマリヤが、まちがいなく自分以外の誰かの子を身ごもっているということでした。
 当時の社会では、婚約は結婚とほとんど同じことでした。婚約破棄で簡単に済む事柄ではありません。
いったい誰の子なのか。ヨセフは悩み、傷つき、苦しんだことでしょう。
自分に対するマリヤのまなざし、握りしめた手のぬくもり、将来を語り合った日々。たわいもない会話を積み重ねた、幸せな時間。
それらはすべて真実を隠した偽りだったのか。いや、偽りじゃない。偽りじゃないはずだ。だがマリヤのふくらんだお腹は、彼を苦しめます。
 ヨセフの前には、自分とマリヤの関係を清算するために、二つの選択肢が握られていました。
ひとつは、当時の律法の決まりに従い、マリヤを石打ちの刑にするために当局に引き渡すこと。
そしてもうひとつは、マリヤに離縁状を渡して、まったく無関係な二人として歩んでいくことです。
いずれにしても、彼にはマリヤを失う道しか残されていませんでした。
もしあなたがヨセフなら、どちらの道を選ぶでしょうか。
信じていた者にいつのまにか裏切られていた。目の前の現実がそう語っているその時に、それでも「正しい人」でいられるでしょうか。
自分を裏切った婚約者を、文字通り心の底から赦すことができるでしょうか。

続きを読む
posted by 近 at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年のメッセージ