最近の記事

2018.1.28「大きないちじくの木の下で」(ヨハネ1:43-51)

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
私は新潟生まれの新潟育ちですが、ネイティブの新潟人でさえちょっとした鬱状態に陥ってしまう、今月後半の天候です。
日光にあたることがこんなに大事なんだと、この歳になってようやくかみしめています。
ただ不思議なのが、生粋の関東人である妻が元気なこと。
水道管が凍結してトイレの水が流れないという非常事態の中でも、まるでバイブルキャンプのように柔軟に対応しています。
こっちが苦しいときは向こうが元気で、向こうが苦しいときはこっちが元気だったり。
夫婦は二人ではなくひとりとありますが、シーソーみたいなものですね。神様がバランスをとってくださっているのでしょう。
前半は圧倒的な暖冬だったこの天候も、神様のバランスなのかもしれません。週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』1章43-51節 

1.
 私は世間話が苦手です。世間話ができる人を尊敬します。だから、もっぱら教会の婦人たちのことを心から尊敬しています。
以前、まじめな気持ちで、古本屋で「世間話ができるようになる本」というのを立ち読みしたことがあります。
それによると、世間話としてとっかかりやすいのは、天気の話、テレビの話、旅行の話。テレビは見ませんし、旅行もしません。
いっぽう世間話に持ち出してはいけないのは、政治の話、宗教の話、死んだ人の話。牧師の得意分野です。
ナタナエルにイエス・キリストを紹介したピリポは、さぞ世間話が得意だったのではないかと思います。
なぜかというと、彼は十二弟子の中で屈指の人脈を持ち、子どもから外国人に至るまであらゆる人をイエス様のところに連れてきたからです。
ここでナタナエルとイエス様を結びつけた後、彼は五つのパンと二匹の魚を持っていた少年をイエス様に紹介しています。
さらにその後はイエス様と会いたがっていたギリシヤ人の一行をイエス様に紹介します。
こういう人が一人いるとたいへん助かります。初対面同士の集まりでも話題に詰まることがありません。

 しかしピリポはただ話題が豊富だったわけではないでしょう。人々の心の中に潜んでいる求めに敏感な人だったのです。
その求めとは、自分の持っているもの、あるいは自分の人生そのものを尊いことに用いてほしいという願いです。
神のためにわずかなパンと魚を差し出そうとする少年の願いを知り、それをイエス様に伝えました。
そして、ナタナエルにイエス様を紹介したのも、単に知り合いだったから、ということではありません。
ナタナエルの心の中にある求めをピリポは知っていました。そしてイエス・キリストならばそれに答えてくださるという確信がありました。
だからこそ、「ナザレから何の良いものが出るだろうか」と一度は拒まれても、「来て、そして見なさい」と言うことができたのです。

続きを読む
posted by 近 at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2018年のメッセージ