最近の記事

2018.3.4「逃げるは恥への逆戻り」(ルカ8:40-48)

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今回の説教タイトル、しばらく前に「恋ダンス」で一世を風靡した『逃げるは恥だが役に立つ』(逃げ恥)のパクリオマージュです。
といっても、ドラマも原作も一回も見たことはないんですけどね。私にとってガッキーは永遠に新垣勉です。オ〜ソ〜レミ〜ヨ〜

 それはさておき、村上教会はいよいよ後任牧師、確定です。双方の教会総会で承認されました。今週もう荷物が届きます。
とはいえ理事会の最終承認、3月下旬の教団総会での人事発表までは名前を出せませんが、お祈りいただきありがとうございました。
1年9ヶ月の代務(兼牧)、あっという間でしたが、たくさんのことを学ばせていただきました。会堂建築で寿命が十年縮まったわ
献堂式はガッキー(ツトムのほうね)を呼びたいところですが、建築費で積立を使い果たしてしまい、お金が足りません。
でも新しい先生はテノールこそガッキーに及びませんが、クラリネットの腕前はなかなかですよ。あれ、これでバレちゃったかな。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』8章40-48節 

1.
 今日の聖書箇所は、イエス様に近づいたふたりの人物が登場します。
ひとりは会堂管理者ヤイロ、そしてもうひとりは12年の間長血をわずらっていた女性です。
まことに対照的な二人です。ヤイロは社会的地位の高い会堂管理者でしたが、この女性はその病気ゆえに社会から隔離されていました。
ヤイロは娘が生まれてから12年間、父親として最も幸福な期間を過ごしましたが、この女性はその12年間、長血で苦しみ続けました。
ヤイロは正面からイエス様の足もとにひれ伏しましたが、女性は後ろからイエス様の背後に近づき、着物のふさにさわりました。
しかしここまで対照的なふたりですが、ひとつ共通しているのは、苦しみの中でひたすらイエス様に助けを求めた、ということです。
今日はこのふたりのうち、長血の女性の姿を学んでいきたいと願います。人生を変えるのに必要なのは、時間でもお金でもありません。
イエス様だけが私を助けることのできるという信仰に裏打ちされた、心からの叫び、ただ一つです。

 長血の病というのは、血の漏出が止まらない、一種の婦人病です。しかし苦しみは、その痛みそのものではありません。
旧約聖書の教えでは、長血の病にかかった女性は汚れているとみなされました。
彼女に触れる人はみな汚れ、人前に出ること、公の礼拝に加わることも許されませんでした。
この病にかかった者は、神から切り離され、のろわれた者とみなされる、そんな病であったのです。
しかし彼女は、危険を冒して群衆の中に紛れ込みました。ただ、イエス様に触る、そのことだけのために。
それは命がけです。もし誰かに自分のことを気づかれたならば、いったいどのような罰を受けるかわかりません。
医者からも見放された私。社会からも隔離された私。公の礼拝からも締め出された私。
だがそんな私でも、イエス様の着物に触ることでもできれば、きっと直る。救われる。解放される。

 彼女は、確かな信仰を持っていました。だからこそイエス様も、この後で「あなたの信仰があなたを直したのです」と言われました。
しかし、着物にでも触れれば、という、一念岩をも通すという信仰も、その陰には保険のような態度が隠れていることを無視できません。
後ろに近寄って着物のふさにそっと触ったのは、どうしてでしょうか。47節のことばがすべてを物語っています。
「女は、隠しきれないと知って」。隠そうとするのは後ろめたさがあったからでした。
イエス様を含め、もし誰かにとがめられそうになったときにはいつでも逃げることができるために、後ろからさわったのです。

続きを読む
posted by 近 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2018年のメッセージ