最近の記事

2018.3.11「信じ続けること」(ルカ8:40-42,49-56)

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
もうあと一回になりましたが、今年度は二週間に一回、村上教会の奉仕がある日は教会に泊まって月曜日に帰ってきていました。
年内はよかったのですが、1〜2月はとにかく大雪。一晩泊まっただけで車が埋もれているということもざらでした。
しかし2月も終わりになり、ようやく春の気配。教会の玄関から見える光景を撮影する余裕も出てきました。
狙って撮ったわけではないのですが、たまたまアングルが定点観測みたいになったのでご紹介します。
DSC01157.jpgDSC01172.jpg
左が2/25(日)、右が二週間後の3/11(日)。2月末の雪景色の方が、陽光が差していて明るい感じがします。
いよいよ4月からは、主任牧師を迎えての本格的なスタートです。お祈りください。週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』8章40-42,49-56節 

1.
 41節、「するとそこに、ヤイロという人が来た。この人は会堂管理者であった。彼はイエスの足もとにひれ伏して自分の家に来ていただきたいと願った。彼には十二歳ぐらいのひとり娘がいて、死にかけていたのである」。
ここで私たちが忘れてはならないのは、ヤイロにとってイエス・キリストに助けを求めることは文字通り命がけの行為であった、ということです。
ヤイロは会堂管理者でありました。
そしていわばこのとき、ヤイロの上司にあたるエルサレムの祭司長や律法学者たちはイエスを危険人物と見なしていました。
ヤイロがイエスに助けを求めた姿は、すぐに数百キロ離れたエルサレムにまで伝えられるでしょう。
そしてそれによってヤイロが地位、財産、人間関係、多くのものを失うことになるのは間違いありません。
しかし彼にとって、娘の命はそれらすべてをかき集めても足りない、かけがえのないものでした。
そのために彼は人々が注視する中、人波をかきわけてイエスの前に出てきたのです。どうか私の娘を助けてください、と。

 長血の女性の信仰も確かにすばらしいものでした。しかし彼女には逃げ道がありました。
イエスの着物にさわり、そのまま人波に紛れて何事もなかったかのようにその場を去ることができました。
しかしヤイロはそうではない。彼は自分の逃げ道を自ら塞いでイエスのもとにやって来ました。
娘がいやされても、いやされなくても、彼の取った行動はエルサレムの祭司長たちの怒りを買うでしょう。
しかしそれでも彼はイエスの足もとにひれ伏した。ここに、すべての人にも当てはまる真理があります。
もしイエス・キリストの救いを得たいと思うなら、安全なところに隠れたままではならない、イエスの前に出てこなければならないのです。
長血の女性も、イエスの前に出て、真実を打ち明けたときに、病だけでなくたましいの救いをも得ました。
ヤイロもまた、イエスの前にひれ伏し、自分のすべてを明らかにしたところから救いの道が開けていったのです。
もしあなたがイエス・キリストから永遠のいのちを受け取りたいのなら、まず立ち上がらなければなりません。

続きを読む
posted by 近 at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2018年のメッセージ