最近の記事

2018.3.18「祈りのチカラ」(マタイ26:36-46)

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今週の水〜木は、横浜の某コンベンションセンターにてわが同盟教団の総会が開催されるので行ってまいります。
帰ってくるとヘロヘロになって、そのまま寝込んでしまうのが常ですので、今のうちに急いで更新しておきます。
教団総会でようやく人事発表です。それが終わってようやく村上の新任教師もオープンにできます。
・・・長かった・・・今だから言いますが、ストレスでなんとかディスペプシアとかいう病気にもなりました。もう直ったけど。兼牧って大変ですね。
というわけで来週は村上で歓送会です。ボクの。自分で自分の歓送会を言い出すのも勇気がいりましたが。週報はこちらです。

聖書箇所 『マタイの福音書』26章36-46節 

序.
 「お祈りメール」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
その温かいイメージとは裏腹に、企業の不採用通知を指す言葉です。
不採用を伝えるメールの最後に、「○○様の今後のご活躍をお祈りしております」とまとめているので、「お祈りメール」と呼ぶそうです。
しかしクリスチャンが「お祈りメール」と聞けば、同じ兄弟姉妹から「祈っています」という励ましの言葉を思い浮かべると思います。
「お祈りしています」というこの一つの言葉は、この世の人々とクリスチャンとのあいだではまったく受け取り方が違うのですね。
この世の人々にとって、「お祈り」とは気休めか、悪い知らせをオブラートに包むような意味でしかありません。
しかしクリスチャンは、文字通り働く、祈りの力を信じています。
祈りの力を信じ、実際に体験することができるのは、クリスチャンの特権です。
私たちはなぜ「祈ってください」と頼むのか。あるいは他の人に対して「祈っています」と励ますのか。
それは、「祈り」がこの世の現実を変える神の力である、と本気で信じているからです。
これは世の人々にとっては愚かに見えます。しかし私たちにとっては神の約束です。
求道者のために、別帳会員のために、他の教会のために、隣町の一軒一軒のために、私たちは名前を挙げて祈っています。
神は、私たちの祈りを取るにたりないものとは決して言われません。
どんな小さな祈りも、神の御前でかぐわしい香としておぼえられています。
そしてイエス・キリストがゲツセマネの園で弟子たちに語った言葉からも、私たちは祈りの力を学ぶことができるのです。

1.
 エルサレム郊外にあるゲツセマネの園で、イエス・キリストは弟子たちに言いました。
36節、「わたしがあそこに行って祈っている間、ここにすわっていなさい」。
そしてイエスは弟子たちの中からペテロ、ヨハネ、ヤコブの三名を選び、彼らを連れて園の奥に入っていかれました。
この三人は、12人の直弟子たちの中で自分たちだけが選ばれたことに誇らしく思ったでしょうか。
いいえ、彼らは決して見たくはなかった、イエス様の姿を見るハメになりました。
まるで神の子にふさわしくない、弱々しい言葉をはくイエス様の姿を見ることになりました。
「わたしは悲しみのあまり死ぬほどです」と。
 今、目の前にいるイエス・キリストは、彼らの知っているイエスとは明らかに違いました。
パリサイ人に対しても一歩も引くことのなかった神の御子が、まるでおびえた子犬のように悲しみもだえられています。
主は三人に懇願します。「ここを離れないでくれ。わたしといっしょに目をさましていてくれ」。
日本語の翻訳では味気ない命令口調に聞こえるかもしれません。
しかしここで主が語られている、弟子たちにすがりつくイエスの姿から目をそむけてはなりません。
私をひとりにしないでくれ。わたしと一緒に、目をさまして祈ってくれ。
そのようなイエスの姿につまずきを覚える人もいるかもしれません。
だとしたら、その同じつまずきを、この三人の弟子たちも感じていたことは確かなことです。

続きを読む
posted by 近 at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2018年のメッセージ