最近の記事

2018.4.8「教会とは何か」(第一コリント1:1-3)

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
当教会では、今年の教会総会で将来の会堂建築を決議しました。これから教会員を対象に、会堂建築についての学びを始めます。
しかし会堂建築に関する参考書籍は決して多いとは言えません。今、私の手元にある本は、
田淵諭「教会堂建築−構想から献堂まで−」(新教出版社、2006年)
加藤常昭ほか「教会建築」(日本基督教団出版局、1985年)
長久清「教会と教会堂」(日本基督教団出版局、1991年)
手束正昭「信仰の表現としての教会建築」(キリスト新聞社、1990年)
くらいでしょうか。他にもいくつか建築関係の本がありますが、写真や図面ばかりであまり役に立ちません。
福音派からの教会建築に関する発信が待たれます。いのち○ことば社さんに期待です。
 上記の書籍の中で一番とっつきやすいは、200頁もあるのにほぼフルカラー!なんと豪勢な田淵諭氏の本でしょうか。
その「まえがき」にこんな言葉が書いてありましたので、紹介します。
教会堂の設計では建物を建てることに目がいきがちですが、それ以前に、教会堂建築を通して一人ひとりが「教会とは何か」ということを改めて考える機会を、主が与えてくださったということに大きな意味があります。
至言ですね。建つもよし、建たぬもよし、いずれにしても教会と信仰を見つめ直す、最善の機会になります。
今日の説教は、そんな思いを込めて準備したものでした。とはいえ求道者の方には難しかったかもしれません。反省。
期待していきたいと思います。会堂建築も、牧会も、人生も。週報はこちらです。

聖書箇所 『コリント人への手紙 第一』1章1-3節 

序.
 さる2月末の教会総会にて、将来の会堂建築を決議しました。あるクリスチャンの建築家がこのように言っています。
「会堂建設とは、建物を建てることではない。ひとり一人が「教会とは何か」ということを改めて考える機会を、主が与えてくださったのだ」と。
そういう意味では、私たちは「教会とは何か」ということについて、今までどれだけ考えたことがあったでしょうか。
そして私も考え込みます。今までどれだけ「教会とは何か」について語ってきただろうか、と。
これから一年間、この毎月第二週は、教会の来たるべき会堂建築のために、学び、分かち合い、祈る日とします。
礼拝でそのテーマに即した説教が語られたあと、礼拝後にはグループになって短く分かち合いをします。
そして昼食後はまたそれをもとにして分かち合いながら学びを深め、祈り、備えていきたいと願っています。
 さて、まず私たちは「教会とは何か」について、考えていきましょう。
「教会とは何か」ということを一番わかりやすく教えている聖書箇所はどこだろうかと考えたとき、今日の聖書箇所のほかにはないと思われます。
多くの人々は、教会と聞くと建物のほうを連想しますが、聖書が教えているのはそうではありません。2節をご覧ください。
「私たちの主イエス・キリストの御名を、至る所で呼び求めているすべての人々とともに、
聖徒として召され、キリスト・イエスにあって聖なるものとされた」者たち、それこそが教会であるとパウロは言います。
この言葉の中から、教会について三つの大事なことを学びましょう。
第一に、教会とはイエス・キリストを救い主として信じ、その御名を呼び求めている人たちのことなのだ、ということ。
第二に、教会とは自分の教会だけではなく、世界じゅうの至る所でキリストの御名を呼び求めている、すべての人々を指しているということ。
そして第三に、キリストにあって聖なるものとされた人々のことなのだ、ということ。
「聖なるもの」とは神にささげられる聖なるいけにえとしてのクリスチャンを指します。教会は、自らを神にささげる者たちが集められたところです。

 定価5500円なのに、amazonでも残り一冊、16500円!間違えて購入した場合、責任は負えません。

続きを読む
posted by 近 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2018年のメッセージ