最近の記事

2018.7.29「人生を裏返す出会い」(ヨハネ4:1-30)

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
この教会ブログを開設したのは2012年からですが、それ以前の約10年間の説教原稿も一応データで残してあります。
8年前(2010年)の礼拝説教に、今回と同じ聖書箇所から語った「水がめ下ろしたサチコさん」というメッセージがありました。
今は、幸いなことに教会に子どもたちが増えたので、こんなオトナ向けの導入はなかなかできませんが、懐かしかったので参考までに。
 私の名前はサチコ。幸せな子と書く。幸せな人生を歩めますように、と数年前に死んだ母親がつけた。
でもその願いとは裏腹に、もう5回、結婚に失敗した。同棲相手はいるけれど、最近は二週間に一回しか帰ってこない。
母親は彼を連れてきた時、開口一番「お前はつくづく男運がないね」とため息をついた。
でも私に男運がないのは母親のせい。母親だって結婚に失敗したじゃないか。私は父親の顔を知らないまま大人になった。
もし子どもが生まれたら、私や母親と同じような痛みは与えたくない。両親が揃っている家族の温かさを教えてあげたい。
だけど5回の結婚生活は、どれも子どもが生まれる前に終わってしまった。
 今は派遣社員として隣町の自動車部品工場で働いている。
毎朝、工場から迎えに来るマイクロバスに乗り、一日部品を組み立て、夕方になるとまたバスに揺られて安アパートに帰ってくる。
帰宅後の楽しみは新聞の折り込みチラシに目を通すことくらい。タイムセールの文字を見つけると、宝島を発見したような気分になる。
でも私は絶対タイムセールには行かない。客が一番少ない時間を見計らって、必要なものだけをさっと買い、さっと帰る。
知り合いに会いたくないし、話したくないからだ。誰にも私の生活を見られたくない。誰にも私の心の中身を見せたくない。
当時はリーマンショックからまだ立ち上がれていないような頃で、派遣切りや生活保護のことがマスコミでよく取り上げられていました。
あれから8年、アベノミクスで株価は2倍になりましたが、多くの人の生活は変わっていないどころかむしろ悪化しているかもしれません。
二千年前のサマリヤ人女性の姿に、生活に苦しむ現代人の姿を重ねる説教の視点は、あの時も今も変わりません。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』4章1-30節 


1.
 「依存症」という言葉を聞いたことがあるかと思います。
よく言われているのは、やめたくてもやめられない、それが依存症である、と。
アルコール依存、薬物依存、ニコチン依存、カフェイン依存という物質系のものから、
ギャンプル依存、買い物依存、インターネット依存、仕事依存、パチンコ依存、
しかしアルコール依存の人がアルコールを断つ、ネット依存の若者がパソコンやスマホを捨てる、
それは本当の解決にはならない、と専門家は言います。
「なになに依存」の「なになに」に問題があるのではない、
問題はそれらにすがらなければ自分をありのままで受け入れることができない、という心の深みにあるものだ、と。
 これらに関しては、人の受け売りである私の説明よりも、
実際に家族や本人が経験し、戦っている方々がこの中にもおられるかもしれません。
しかしこの問題は、決して現代特有のものではないということを聖書は伝えています。
二千年前の人物であるこのサマリヤ人の女性は、男性への依存を抱えていました。
彼女が今まで5人の男性を夫とし、いま一緒に暮らしているのはあなたの夫ではない、とイエス・キリストは彼女の人生をえぐりました。
幸せな結婚生活、理想的な夫婦生活をだれよりも望んでいながら、それを何度リセットしても途中で破綻してしまう、
それを繰り返し続ける人生パターンの中に、彼女は苦しんでいます。
自分ではその苦しみを認めようとしないけれど、心の奥に深い痛みを抱えています。
その証拠に、彼女は第6時、すなわち正午に水を汲みに来ました。
当時のイスラエルでは、井戸に水をくみに来る仕事は早朝と夕暮れ前、女性たちが行う日課でした。
そして井戸端が女性たちにとってのコミュニケーションの場になっていたのは、イスラエルに限らず万国共通です。
しかし彼女が正午に井戸に水をくみに来たのは、彼女が他の人々と関わりを避けていたということを表しています。

続きを読む
posted by 近 at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2018年のメッセージ