最近の記事

2018.9.30「私たちはみな罪人(We are all sinners)」(ロマ3:9-18、23-24)

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今週の月〜木まで、同盟教団の伝道懇談会及び研修会のために松原湖へ行ってまいりました。更新が遅れてすみません。
補教師になりたての頃、私はこれらの集会に参加するのが重荷でした。知らない人(=先輩牧師)が多かったからです。
しかし教師になって十数年経つと、だんだんとお互いにお名前や人柄を知ることができて、今はとても楽しいです。
ただ「自分が知らない人が減ってきている」というのは「新しく入ってくる先生が少ない」ということでもあります。献身者が少ないのです。
それでも同盟教団は比較的献身者がいると言われます。毎年10名前後、補教師として准允(じゅんいん)を受けます。
しかしそのうちの四割は韓国人の方、そして残りの六割のうちの半分は知った名字、つまり牧師子弟です。
それが悪いということではありませんが、かつてのように未信者家庭から救われ、牧師になるために勘当も覚悟、というのはもう死語でしょうか。
牧師の生き様と死に様が、教会から献身者を生み出します。自分自身がその模範たり得ていないことを悔い改めて歩んでいきます。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ローマ人への手紙』3章9-18、23-24節 


1.
 「十年後には、町から本屋が消える」。
まさかと思われるかもしれませんが、それほど、いわゆる町の本屋さんの閉店が増えているそうです。
その理由はインターネットで本が買えてしまうようになったからです。買うだけではなく、ネットを通して立ち読みやレンタルもできてしまいます。
これを便利と考えるか、それとも嘆かわしいと考えるかは人によって違うでしょう。しかしよく考えてみれば、自然な流れと言うこともできます。
知識の伝達方法は、口伝えから手書きの本へ、手書きから印刷へ、印刷からインターネットへ、と数千年かけて変わってきたからです。
しかしどんなに時代が変わっても、決して内容が変わらず、売れ行きも下がらない、むしろ上がっている本があります。
何でしょうか。言うまでもありません。この「聖書」です。そして日本では、この「聖書」に関して、世界でも珍しい現象が起こっています。
日本のクリスチャンは、全国民1億2千万人のわずか0.6%程度であり、教会に定期的に通う人もわずかであると言われます。
ところが、国民の中でどれだけの人が聖書について知っているかということに関しては、じつは日本は世界一ではないかと言う人もいます。
いや、アメリカか韓国のようなキリスト教国のほうが高いだろう。だれもがそう思うかもしれません。
しかし、都会は言うまでもなく、どんな田舎に行っても、民家や自動販売機のそばに聖書の言葉を書いた札が貼ってあります。
「豚に真珠」「目からうろこが落ちる」「右の頬を打たれたら左の頬も出せ」など、聖書の言葉がことわざのように知られています。
インターネット、実店舗かかわらず、ベストセラーのデータが示すのは、じつに多くの人々が聖書を手に取って読んでいるということです。
残念ながら救いの書としてではなくて、知識と教養を深める書物としてですが、それでもこれほど聖書を知っている国民は他にありません。
しかしある青年がこう言っていたそうです。
「聖書の話を聞いてみたいのですが、教会に来ると無理矢理クリスチャンにされそうで、怖くて入れません。
それでも一回だけ礼拝に行ってみて牧師の話を聞いたことがあるのですが、『罪』という言葉が連発されて、もう二度と来るかと思いました。」

続きを読む
posted by 近 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2018年のメッセージ