最近の記事

2018.11.18「故郷へ帰ろう」(ルツ1:1-22)

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
最近、当ブログについて「説教はともかく前フリがくだらない」というお叱りを身内から受けました。
昔はいきなり「週報はこちらです」だったんですけどね。
それだけだと味気ないかなあと思って、前フリにいろいろ書いてるんですが、そうか、そうですか。バキっ←何かを蹴る音
 小学生の頃に学研の『学習科学』か何かで、秋田の伝統行事「なまはげ」の写真を見たことがありました。
出刃包丁を握りしめて、どこかの茶の間に陣取るなまはげ二人組。隣で私と同じくらいの年のイガグリ坊主が泣いています。
それは、今の私を形成する原風景の一つとなりました。これは、はたして自分の生きている時代に繋がっているものなのか、と。
写真の中に、古くさいテレビはあるけれど(おそらくナショナル)、番組は映っていないので昭和30年代かもしれない。
日めくりカレンダーはあるけれど、いつの年かは小さくて見えない。
男の子(イガグリくん)は映っているが、どてら姿で時代不明。もしかしたらもういい大人になっているかもしれない。
鬼(なまはげ)なんて嘘だと信じたい。自分の時代と繋がる何かがあれば、嘘だと安心できる。
しかしこれが現代のものだと特定できるものが、何一つ写真の中にはない。それが不安をかき立てる。
 大人にとって、「時代から切り離されたもの」はノスタルジックで良いものです。しかし子どもにとっては、恐怖の対象でしかありません。
教会に対して、日本人が抱いている敷居の高さというのは、あの時の感覚に繋がっているのではないでしょうか。
自分が今まで触れたことのないもの、教会、牧師、宗教、それは、あの時の私のように怖さを感じるものかもしれません。
というわけで、ちょっとくだらないと言われそうな文章も入れて、敷居を低くしてるんですよ
今ではなまはげは大好きなもののひとつです。
わが同盟教団の悲願、秋田開拓が実現した折にはぜひ「秋田なまはげキリスト教会」と名づけてほしいと願っています。
なまはげ同様、教会も実際には決してこわいところではないので、安心して来てください。週報はこちらです。

聖書箇所 『ルツ記』1章1-22節 


1.
 新約聖書の最初の本、『マタイの福音書』には、のっけからイエス・キリストの系図が載っており、モアブ人「ルツ」という名前が出てきます。
イスラエルに敵対し、偶像と不品行の民であったモアブ人の中から、いかにしてルツのような女性が生まれたのか。
そしてルツがいかにしてイスラエル人に加えられ、ダビデ王家、ひいてはイエス・キリストへと繋がる血筋となったのか。
それが描かれているのが『ルツ記』です。しかしその導入は、罪に陥った家族の姿から始まります。
 ユダのベツレヘムで大ききんが起こりました。そこでエリメレクという人が、妻のナオミ、そして二人の息子を連れて、モアブの地に滞在しました。
「滞在」という、ずいぶんやわらかな言葉を使っていますが、実際のところは逃げ出した、ということです。
イスラエルにおいては、土地というものは神の祝福そのものであり、簡単に売り買いすることもできないものでした。
ききんが起きたから、土地を離れて外国へ移るというエリメレクの行い、それは相続地を与えられた神に対する、れっきとした反抗なのです。

 問題が起きたとき、逃げるということはひとつの手段です。しかし、逃げる方向を間違えてはなりません。
ウサギがキツネに、シカがライオンに襲われるとき、彼らは敵に対抗する牙や爪がありませんから、逃げ出すことしかできません。
しかし闇雲に逃げることはありません。自分の巣、あるいは自分の属する群のほうへと逃げていきます。
私たちも、時と場合によっては逃げてもよいのです。いや、逃げるしか道がないときさえあります。
しかし、私たちはそのときに逃げる方向を間違えてはなりません。神さまのほうに向かって逃げなければなりません。
エリメレクは逆でした。たとえどんなききんが起きても、そこが神の約束の場所であれば、何も恐れる必要はありませんでした。
しかし彼はむしろ神の約束の地を、とりあえずとは言え、見捨て、モアブに逃げてしまいました。
モアブに逃げたからこそルツが与えられたのではないか、というのはあまりにも都合の良すぎる解釈でしょう。
神が与えられた土地から逃げ出したことそのものが肯定されているわけではないのです。

icatch.jpgなまはげ太鼓団体「男鹿っ鼓」様のHPより。ほとんどA○Bのノリですね

続きを読む
posted by 近 at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2018年のメッセージ