最近の記事

2018.11.25「救いは完全」(第一ヨハネ2:1-6)

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
まいど更新が遅くなり申し訳ありません。
以前は当日時間を見つけて更新していたのですが、とうとう土曜更新が常態化してしまいました。
一応、説教原稿はこの時点(夜9時)で終わっていますが、これからクリスマスチラシのデザインにとりかかります。
golgo.jpgコピーライトマークさいとうたかを・さいとうプロ・リイド社
ふう。・・・・・・・・・・・・・・・師走ですね。週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの手紙 第一』2章1-6節 
 ▼今回、講壇からリモコンが取り去られていたので録画できませんでした。だれが持っていったのかな

1.
 新発田朝祷会という、カトリック、プロテスタントの方々が月に一回一緒に集まって祈る集会があり、そこで面白い経験をしました。
何人かのグループになって、順番に祈っていたのですが、私の二つ前の方が「日曜日の各教会の礼拝が祝福されるように」と祈りました。
それはいいのですが、その方の滑舌が少し悪くて、「日曜礼拝」が「一応礼拝」と聞こえてしまうのです。
「いちおう礼拝」「いちおう礼拝」と連発されるので思わずくすっと笑いがこみあげてきて、「一応、礼拝」ではいけない、と思いました。
そうしたらその方の祈りを受けて、次の方がまた、日曜日の各教会の礼拝の祝福のためにお祈りくださいました。
今度は「日曜礼拝」という言葉ではなく、「主日礼拝」という言葉を使っていたのですが、やはり同じように滑舌がよろしくない。
「しゅじつ礼拝」が「しゅじゅつ礼拝」と聞こえてしまうのです。でも、今度はクスッと笑うことはありませんでした。
ああ、そうだ、いちおう礼拝じゃない、手術礼拝だ。礼拝を通して心の中の悪いものを取り除いていただくのだ、と思わされました。
 私たちにとって、礼拝とはどちらでしょうか。「一応」礼拝か、「手術」礼拝か。
一応はさておき、手術という言葉もなんかこわいなあと思う方もいるかもしれません。
しかし礼拝とは、ただほっとする時間、というわけではありません。本当の意味でほっとできるのは、私たちの中に絡みついている汚いもの、
聖書はそれを罪と呼びますが、それをイエス・キリストに取り除いていただく時、それがまさに手術礼拝ならぬ、主日礼拝ではないでしょうか。
 だじゃれのような切り出しで申し訳ないのですが、言おうとしていることは大真面目です。
1節で、まずヨハネはこのように書いています。
「私の子どもたち。私がこれらのことを書き送るのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。
もしだれかが罪を犯すことがあれば、私たちには、御父の前で弁護する方がいます。義なるイエス・キリストです」。

続きを読む
posted by 近 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2018年のメッセージ