最近の記事

2018.12.9「イエスの懐に飛び込むならば」(ルツ3:1-18)

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今年トヨサカのクリスマス諸集会は、こんな感じで行います。お近くの方はぜひおいでください。

2018xmas001.jpg 2018xmas002.jpg

週報はこちらです。

聖書箇所 『ルツ記』3章1-18節 


1.
 昨日の新発田朝祷会にて、引退された、ある婦人牧師が、次のような証しをしてくださいました。
数か月前に、本屋さんに行ったときのこと、店内で、何か落ち着かない様子の、同年配の方を見かけたそうです。
最初、通り過ぎようとしましたが、そこで内なる声を感じ、声をかけてみました。すると探している本が見つからない、とのこと。
店員さんに聞けば話は早いのですが、この方のためにあなたにできることをしなさい、という内なる声を今一度感じて、その本を探してあげました。
本が見つかった後、その方がこのように言われたそうです。
「わざわざ本を探してくださるような方に出会えたのも偶然とは思えません。どうか私の悩みを聞いてくださらないでしょうか」。
それから別の店で長い時間、ご家族やご自分の健康についての悩みとかに耳を傾けて、そこからその方にちょくちょく付き合うことになりました。
 その後、忙しくて連絡があまり取れなくなった日のこと、その方にすぐに連絡を取るようにという内なる声を聞いたような気がしました。
そこでご自宅に電話すると、娘さんが出て、「母はつい先日亡くなりました」と言われたそうです。
突然の死だったため、娘さんも混乱していて納骨もまだ済んでいない、というので、急いでご自宅へ駆けつけて、娘さんとお話をしました。
「先生のことは母からよく聞かされていました。私もひとりで苦しいので、これからも家に来ていただいて、お話を聞いてください」
そして今はその娘さんとの繋がりが生まれているとのことでした。
私と一緒に出席した方々からは、神様がふさわしい時と場所を用いて導いてくださった、という感想が出ました。私も同感です。
 ただ、今のような証しはクリスチャンにとって、必ずしも特別な経験ではありません。
神はすべてのクリスチャンを、自分のために生きる者ではなく、他の人のために生きる者となるように、自ら召してくださったからです。
召しというのは私たちが召されたいと思って召されるのではなくて、100%神様の主導権の中で起こる事柄です。
すべてのことに偶然はなく、背後に神のご計画があって、その中で私たちクリスチャンは神のお働きのために用いられます。
ある人は、公に知られる働きに用いられるでしょう。また別の人は、隠れた働きに用いられることがあるでしょう。
しかしどちらも、神様にとっては同じ働きであることは間違いありません。
どのような出来事も、それを用意されたのは神様ご自身です。
そして私たちはその中でさらに神様にふさわしい器として整えられていきます。そのことを信じて歩んでいきたいと思います。

続きを読む
posted by 近 at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2018年のメッセージ