最近の記事

2019.2.3「イエスのいちばん長い日」(ルカ4:31-44)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
『新改訳2017』は、それまでの新改訳シリーズから訳語を全面的に見直したということが売りになっています。
たとえば『つぶやく』は悪い意味では使われなくなっているので『不平を言う』に変えた、と説明されています。
しかし昨今のツイッターによる炎上騒ぎは「つぶやく」ことの恐ろしさを物語っているのではないでしょうか。
FBとインスタは一応アカウントだけは登録していますが、ツイッターは口をすべらせるのがこわくて、今なおできません。
日本だけでなく、アメリカでもすごいですね。他の国でも、あまり報道されないけれど、同じような感じなんでしょう。
 しかし炎上するのも、それだけ人に見られているからこそ。
記事数四百を越えているにもかかわらず、10年もの国債並みに何の動きもない当ブログからしたらうらやましいような気もします。
いつか、パリサイ人が歯ぎしりして押し寄せてくるくらいの説教をしたいものですね。週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』4章31-44節 
メッセージの録画に失敗しました。今回はご容赦ください。


1.
 今から50年以上も前の映画ですが、「日本のいちばん長い日」という、映画がありました。(数年前にリメークされました)
どのような映画かといいますと、日中戦争および太平洋戦争の最後の24時間について描いた映画です。
昭和20年8月14日の正午、いわゆる御前会議にて、無条件降伏が決定してから、
翌日15日の正午に玉音放送が流されて国民にそれが伝えられるまでの24時間、それを日本のいちばん長い日と名づけたわけです。
 新約聖書の物語のなかで、「イエスの一番長い日」というタイトルで選ぶとしたら、言うまでもなく十字架をめぐる一日が挙げられるでしょう。
しかし今日の聖書箇所もまた、イエスさまの、安息日をめぐる24時間を息もつかせぬタッチで描いているということができます。
まず最初の31節では、「安息日ごとに」とありますので、イエス様はカペナウムを伝道の拠点として、会堂で語り続けていたことがわかります。
そしてある週の安息日の24時間のなかに起こる、四つの出来事が描かれていきます。
最初に、イエスがいつものように安息日で語っておられると、会堂に汚れた霊につかれた人がいて、わめきだし、イエスはその霊を追い出しました。
次に、イエスは立ち上がって会堂を出て、弟子のひとりシモン・ペテロの家に行き、ペテロのしゅうとめの熱をしかりつけて、彼女をいやしました。
三番目に、その日が暮れると、人びとが病人や悪霊につかれた人々をイエスのもとに連れてきます。イエスは彼らもみないやしました。
最後に、休む暇もない夜が明けて、朝になるとイエスはひとりで父なる神との祈りの時を持ちました。
人びとは自分たちから離れないでほしいと引き留めようとしましたが、イエスはそれを拒み、ユダヤの諸会堂をまわりながら福音を伝えました。
 じつはこれは一日のあいだに起きていることなのです。
そしてその中心にあるのは、かたちだけのものになっていた、安息日、すなわち礼拝に、いのちを再び吹き込んでいくイエス・キリストの姿です。
イエスの時代に遡る約1400年前、神はイスラエルの指導者モーセを通して、こう命じられました。
あなたがたは、一週間の最後の土曜日、安息日を聖別して、その日を礼拝のために用いる一日とせよ、
神であるわたしがこの天地を六日間でつくり最後の一日を休んだ、だからあなたがたもその一日を、神をおぼえる聖なる日とせよ、と。
しかしいつのまにか、安息日の礼拝は、ただのしきたりの遵守、儀礼的、義務的なものになってしまっていました。
安息日は、人がすべての仕事から手を離して、ひたすら神のみわざに感謝し、御名をほめたたえる日である、という精神から逸脱し、
安息日は仕事をしてはならない、歩いてもいけない、助けてもいけない、そのような無意味なしきたりに縛られる日となってしまったのです。

続きを読む
posted by 近 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2019年のメッセージ