最近の記事

2019.4.21「復活−恐ろしさから喜びへ」(マルコ16:1-8)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
先週はブログを更新することを忘れていました。我ながらこのモティベーションの低さ。継続が危ぶまれます。
さて、もう明日に迫ってしまいましたが、今年もNBIバザーで茶会をやります。
今回のポスターは、フォントは「エヴァ文字」で有名なマティスEBを縦110%、横90%で雰囲気を出してみました。
茶会のイメージは、歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」からです。許可をとっていませんが。
てなわけで、来てね。週報はこちらです。
2019tyakai.jpgコピーライトマークコーエーテクモホールディングス

聖書箇所 『マルコの福音書』16章1−8節



1.
 イースターおめでとうございます。「あけましておめでとうございます」ではありませんが、
いつか日本中でイースターおめでとうございますという挨拶が飛び交うようになればよいと思いながら、いつもこの時期を迎えていました。
しかし少しずつですが「イースター」という言葉が、日本でも知名度を上げて来たように思います。
数年前ですが、スーパーで妻がプリンを買ってきたら、かわいいウサギの絵が描いてあって、「イースター」と書いてありました。
何でも卵をウサギが運んでくるからだそうです。
じつは聖書の中ではウサギもたまごもほとんど出てこないのですが、まあ良しとしましょう。
ウサギはともかく、卵は、いのちがその中に詰まっているものであり、古来よりキリストのよみがえりの象徴とされてきました。
 イースターとは、キリストのよみがえりのことです。
そしてキリストのよみがえりは、キリストの十字架と表裏一体、どちらが欠けても救いは成り立ちません。
イエス様は、私たちが受けるべき罪の罰の身代わりとなって、十字架の上で私たちのために死んでくださいました。
私たちは「死」が当たり前の世界に住んでいるので、死の本質に気づかないかもしれません。
聖書は、死は罪の報酬であると言っています。
ひらたくいうと、私たちは生まれつき罪人であるがゆえに、生まれたときすでに死に囲まれています。
しかしキリストは死んで三日目によみがえり、墓の中から出てこられました。
それは、キリストが死を打ち破ったこと、ひいては死の根源である罪を打ち破ったことを意味しています。
きょうは、イースターであると同時に、私たちの教会にとっては、先に天に召された信仰者の方々をおぼえる日でもあります。
愛するあの方々は、確かに死んでいきました。私が葬儀をしたのです。
しかし肉体は死にましたが、信仰によって今も生きています。
 イースター、それは私たちが信じたイエス・キリストが、確かに十字架で罪を打ち破り、確かに復活で死を克服したことを表すものです。
そしてこのキリストを救い主として信じる者は、死んでも生きるのです。そのことを私たちは改めて信じましょう。

続きを読む
posted by 近 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2019年のメッセージ