最近の記事

2019.6.23「みことばが届いていますか」(使徒4:32-5:11)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『使徒の働き』4章32節−5章11節


1.
 32節、「信じた者の群れは、心と思いを一つにして、だれひとりその持ち物を自分のものと言わず、すべてを共有にしていた」。
教会は、当時の社会では想像できないような、自由な世界でした。奴隷も主人もない世界。異邦人もユダヤ人もない世界。
どんな人間も、それこそ肌の色でも、あるいは人格でもなく、ただイエス・キリストを救い主として信じたことで、すべてを分かち合える世界。
それが教会でした。信じる者たちは、ただ自発的な意思に基づいて、仲間のためにささげていました。
ささげたからといってみなの前でほめられることはありません。ささげなかったからといってみなの前で糾弾されることもありません。
ただ自発的な意思に基づいて、すべての恵みを共有できる国。それが教会でした。
 その力の源はどこにあったのでしょうか。続く33節にはこう書いてあります。
「使徒たちは、主イエスの復活を非常に力強くあかしし、大きな恵みがそのすべての者の上にあった」。
力の源はみことばでした。財産が目減りしていく不安をかき消したのは、やがて天の御国でいただける希望でした。
みことばを通して、彼らは地上の財産に比べられない、大きな恵みを与えられていました。
使徒たちは力強く証ししました。イエスはよみがえられた。そして私たちも、たとえ死んだとしてもイエスと共によみがえるのだと。
 地上のものに対する執着を、みことばはイエスに対する執着へと変えました。
人種、国籍、職業、血筋、すべての壁がこわされ、そこにあるのはキリストの復活を信じる者というひとつだけ。
その恵みへの感謝として、静かに使徒の足もとに財産をささげ、乏しい者がひとりもいない。そこには完全な自由がありました。
自分だけが自由であればよいという混沌じみた自由ではなく、隣人を顧みて、何をすべきかを考えていく秩序立った自由がありました。
私たちに自由を与えるのは教会の居心地のよさではありません。自由を与えてくださったイエス・キリストとそのことばをかみしめることです。
この世では何をどれだけ持っているかということが大切にされます。しかし教会ではそのような誇りは何の役にも立ちません。
生まれた時からすり込まれてきた価値観がみことばによって砕かれるとき、そこには自由があります。
自由は、人を変えます。自由は、変わることを恐れません。真の自由は、一人ひとりがみことばをかみしめていくことでもたらされていきます。

続きを読む
posted by 近 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2019年のメッセージ