最近の記事

2019.8.11「キリストのみ」(使徒11:19-26)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今から18年前の2001年、CS成長センターから「あの説教、いつ終わるの?」という大変おそろしいタイトルの本が出版されました。
サブタイトルは「子どもを礼拝に参加させるためのヒント」ですが、あまりにも攻めすぎなタイトルのゆえに日本では絶版です。
インターネットで検索すると、著者はアメリカ人(たぶん)で「ロビー・キャッスルマン」とあります。Robby?Lobby?
ロビーはともかくキャッスルマンはCastleman(城男)なんだろうと思って、改めてAmazon.comで検索してみると、やや、ありました。
51P--abIV-L.jpg
原題は「Parenting in the Pew−Guiding your children into the joy of worship
なんだ、普通のタイトルじゃん。昔聞いた、「Stagecoach」という洋画を日本で公開したときのエピソードを思い出しました。
なんでも配給会社のエライ人が「地獄馬車」という邦題に決めていたのを故・淀川長治さんが「駅馬車」にしたとのこと。それと逆ですね。
「Pew」というのは、会堂の長椅子を指すようです。別室ではなく会堂に子どもたちを座らせたまま、親子ともに礼拝を喜ぶ、ということかな。
最近、「大人も子どもも一緒の礼拝」という言葉を聞きますが、うちみたいなワンルームチャーチはもとから一緒です(えっ意味ちがう?)
みんな(大人も子どもも)説教長くてごめんね。まさに「あの説教いつ終わるの?」という感じです。毎回、心で泣きながら講壇を降りています。
説教原稿はせいぜい3000字前後なのに、どうして40分、50分になってしまうのか。原稿にないことを付け加えてしまうからですね。
今回の説教も、原稿と聞き比べたらわかるのですが、原稿にないことがメインになってしまっています。
しかもちょっとやばいことまで口走っています。まだ理事会でも確定していないかもしれないのに。(教団じゃなくて学校法人のほう)
明日は何とか30分以内でまとめることができるように頑張ります。あくまで願望です。週報はこちらです。

聖書箇所 『使徒の働き』11章19-26節


1.
 長岡のある教会の牧師先生から聞いたお話です。その教会の特別伝道集会に、全国的に有名なM牧師をお呼びしました。
当時その教会には、会堂に大きな文字で、次のような標語ポスターが掲示されていました。「長岡から日本、それから世界へ福音宣教」。
集会の前に会堂に入った講師は、その標語をじっと見つめていました。
私にその時のことを話してくれた牧師先生は、「おっ、M先生、この標語に感銘を受けているのかな?」と期待したそうです。
すると突然、M牧師がその先生のほうへ振り向き、「先生、これ聖書の教えとは違ってますよね」と、なんとダメ出しをしてきました。
「長岡から日本」はいいとして、『それから世界へ』じゃないでしょ。日本へも、世界へも、並行して宣教していくのが主のみこころじゃないですか」。

 私たちは、仕事や生活のうえでよく優先順位ということを考えます。まずこれを片付けてから、次にあれをしようという具合に。
これを戦国時代の城攻めの方法にたとえて、外堀、内堀といった言い方をすることもあります。まず外堀を埋めてから、内堀を埋める、と。
しかし福音を伝えていくということに関しては、内堀、外堀、優先順位はありません。
私たちは家庭でみことばを伝えつつ、社会でみことばを伝えます。日本の福音化のために祈りつつ、国外宣教のためにも祈ります。
その長岡の教会では、講師からダメ出しを喰らった後、「長岡から日本、それから世界へ」を「日本、同時に世界へ」と書き換えたそうです。
私たち豊栄の教会はどうでしょうか。豊栄に伝道してから近隣の市町村に、それから世界に、と考える必要はありません。
豊栄に伝道しつつ、この近隣の新発田、阿賀野、新潟市の川向こうへと伝道することもでき、さらに国外宣教のために仕えることもできます。

 19節をご覧ください。エルサレム教会から散らされた人々も、同じ問題を抱えていました。彼らはユダヤ人にしか語らなかったのです。
福音をユダヤ人にしか語らない。それは復活したイエス・キリストが望んでおられたことでしょうか。とてもそうは思えません。
初代教会のクリスチャンでさえ、まずユダヤ人を優先順位の筆頭に置き、あとはそれから、という呪縛に囚われていたのです。
その見えない鎖を解き放ったのは、ユダヤ人クリスチャンではなく、キプロス人やクレネ人といった、外国人から改宗した人々でした。
教会の中には、色々な人が集まっています。だからよいのです。自分には気づかない視点を、他の人が持っているからです。
教会に限らず、人が集まるところでありがちな失敗は、多数派こそが代表であり、正しい視点を提供していると考えてしまうことです。
しかし圧倒的多数派であるユダヤ人クリスチャンたちが気づかなかった、外国人への福音宣教を始めたのは少数派である改宗者たちでした。
教会は、小さな声を拾い上げていくとき、そこに自由があります。しかし多数派の都合で小さな声がかき消されてしまう危険もあります。
だからこそ、みことばに聞く礼拝が大切にされ、また信徒や求道者のあいだの小さな交わりが尊重されていくことをおぼえたいと思います。

続きを読む
posted by 近 at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2019年のメッセージ

2019.8.4「慰めの子らとして歩む」(使徒9:23-31)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
さる7月24日(水)にTCUチャペルで行われた故・吉持章先生の合同お別れ会の写真をアップします。
IMG_20190724_121934.jpg 式場入口の案内板です。
IMG_20190724_121759.jpg 在学中は、毎日この中庭を通ってチャペルと食堂を往復しました
IMG_20190724_121745.jpg 二十年のあいだに、根っこがブロックを押上げていました
IMG_20190724_121305.jpg 若かりし頃の吉持章・東京キリスト教学園元理事長。
IMG_20190724_121247.jpg 聖書の裏表紙に書かれた、子どもたちの言葉。
IMG_20190724_121334.jpg 週報の挿絵。上手です
IMG_20190724_121232.jpg 天国にて、安らかにお過ごしください

週報はこちらです。

聖書箇所 『使徒の働き』9章23-31節


1.
 私たち豊栄キリスト教会では、この聖餐式がある週の直前の水曜祈祷会を、ある時期からバルナバ祈祷会と名づけました。
その祈祷会では、とくに教会から離れてしまったクリスチャンが礼拝に復帰できるように、名前を挙げて祈ります。
なぜ聖餐式の前の週に行うかというと、聖餐式が、クリスチャンに対する、神様の尽きることのない恵みを象徴しているからです。
聖餐式では、司式者が必ず次のことばを宣言します。「愛する兄弟姉妹たち、救い主イエス・キリストを信じ、バプテスマを受け、
キリストのしもべとしてふさわしく生きることを願っている者は、すべてこの聖餐に招かれています」と。
すべてこの聖餐に招かれています。
たとえ昨日まで、いや、その日の朝、家を出る直前に夫婦げんかをしてきたようなクリスチャンにさえ、「すべて」招かれています、と。
あるクリスチャンが何十年と教会を離れていたとしても、陪餐停止や除名といった戒規執行中でない限り、その人は聖餐に与ることができます。
実際に四日前のバルナバ祈祷会で、教会に来ている人も来ていない人も合わせた、教会員の名前のリストを参加者で分け合いながら、
私たちは祈りました。次の聖餐礼拝に、どうかこの○○さんが出席することができるように。あなたの前に戻ってくることができるように、と。
この祈り会に対して、私たちは「バルナバ」という名前をつけています。そのバルナバは、まさに今日の箇所に出てくるバルナバその人です。

 今日の聖書箇所の冒頭には、まず迫害者から伝道者に変えられた、サウロの姿が出てきます。
彼は復活のキリストに出会ったことで、それまでの罪を悔い改め、キリストを宣べ伝えるようになりました。
その真実なことば、熱心なる生き様は、まさに昨日までの友であったユダヤ人たちから命を狙われるほどのものでした。
それでもサウロは信仰を捨てません。驚くべき方法でダマスコの町を脱出し、やがてエルサレム教会の門を叩きました。
しかしエルサレム教会のみながサウロを弟子とは信じずに、恐れたとあります。当然かもしれません。
ついこの間まで、このサウロという男はエルサレム教会を破壊し、次々と兄弟姉妹を捕まえては牢に投げ込んだり殺したりしていたのです。
しかし神は、ひとりの人をサウロのために用意してくださっていました。それがバルナバです。27節をお読みします。
「ところが、バルナバは彼を引き受けて、使徒たちのところへ連れて行き、彼がダマスコに行く途中で主を見た様子や、
主が彼に向かって語られたこと、また彼がダマスコでイエスの御名を大胆に宣べた様子などを彼らに説明した」。

続きを読む
posted by 近 at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2019年のメッセージ

2019.7.28「キリストにだけ頼りなさい」(マルコ2:13-17)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『マルコの福音書』2章13-17節


1.
 昨年の11月から教会に出席しておられたMさんは今日、バプテスマを受けてクリスチャンになりました。
私たちはこの洗礼の瞬間に立ち会うたびに感動をおぼえます。
そして私自身にとっても、今日の洗礼式は、今までの洗礼式に増して、大きな喜び、そして今までにない、緊張感の伴うものでした。
それは、M兄自身が、ご自分の証しの中で語られておりましたので、私も言葉を選びつつ述べますが、彼はある依存症と闘い続けてきました。
依存症は、それがどのようなたぐいのものであれ、「回復はしても完治はしない」と言われます。
依存症は、自らの欲望や行動について、コントロールが利かなくなるもので、その人の意思の力や努力ではどうにもならないものである、
たとえば20年間、アルコールから離れていた人が、一度誘惑に負けてしまえば、瞬く間にその力に飲み込まれてしまう。
だからこそ、「決して完治はしない」というショッキングなことが言われます。これは決して偏見ではなく、それほどまでに強力なものだということです。
Mさん自身は、今まで依存症と闘ってきた人生の中で、人間の無力さについては誰よりもよく知っていました。
だから罪に対する人間の無力さ、そしてイエス・キリストによってしか完全なる救いはないということについては、すぐに受け入れました。
しかし問題は、そこから先でした。
救われたからこそ、悪魔は彼の心の中に潜むネガティブなものを再び駆り立てて、再び無力感の泥沼へと引きずり下ろすことが予想されました。
救いに力がないという意味ではもちろんありません。
しかし悪魔は、クリスチャンが洗礼を受ける前や、洗礼を受けた直後のまだ未熟な時期に、とくに執拗な攻撃を繰り返してきます。
Mさんも、洗礼試問会まではある意味、順調でした。
しかしそこから洗礼を受ける今日この時まで、彼に対する大変な攻撃があったことを私は彼から直接聞き、そして祈ってきました。
それは、彼自身が、このような霊的状況で、洗礼を受けることができるのだろうかと悩むくらいです。しかしだからこそ受けるべきだ、と答えました。
洗礼は、私たちが清くなった証しではありません。どのような時にもキリストとともに生きるという決意を示すものです。
生きるのはキリストと一緒に、死ぬときもキリストと一緒に。その覚悟を、水と火のきよめを象徴するバプテスマは表しています。
Mさんの戦いは、これからも続くでしょう。しかし今までの人生で彼が繰り返してきたような、先の見えない戦い方はもうありません。
ただキリストの御名に頼る戦いを彼は知りました。そしてこのキリストに人生をゆだねる覚悟を、私たちに表しました。
彼が自らの依存症について役員の前でも私たちの前でも公に表したことは、それ自体が回復への確かな途上にあるということです。
これからも、彼とともに、そしてキリストとともに、私たちは互いに励まし合いながら歩んでいきたいと思います。

続きを読む
posted by 近 at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2019年のメッセージ