最近の記事

2019.9.1「送り出されて勝利」(使徒13:1-12)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『使徒の働き』13章1-12節


1.
 新潟市の西区にあるI教会は、新潟大学の近くにあるので、昔から学生たちがよく集まってきていました。
今日の聖書箇所に出てくるアンテオケ教会を思い巡らしていると、昔そこの牧師先生が話してくださったことばが思い出されてきました。
「新潟大学の学生たちは、その6割が新潟県外に実家がある。そして卒業後は新潟にとどまらず、地元に戻るか東京で就職する。
教会に通っているクリスチャンたちも例外ではない。彼らが卒業した後も新潟、この教会に残ってくれたらなと思うこともある。
だが、ここはもともと宣教師が学生センターとして建てた教会だ。
私たちの教会が心がけていることは、卒業するまで彼らにクリスチャンのイロハを教え、自信をもって別の教会へ送り出せるようにすることだ」と。

 せっかくこの教会に導かれたのに、この教会で救われたのに、送り出さなければならない。つらいことです。
I教会に限らず、私たちの教会も含めて、多くの教会が、「送り出す」という痛みをしばしば経験してきました。
しかしそれは痛みだけで終わることはなく、必ずそれにまさる恵みをもたらしてくれることを、アンテオケ教会の姿が教えてくれます。
もし送り出すことを命じたのが神様ご自身であるならば、送り出した者たちを用いて、神様は大いなるみわざを現してくださるのだ、と。

 アンテオケ教会は、サウロとバルナバという、その教会にとってなくてはならない教師あるいは預言者を伝道旅行へ送り出しました。
それは教会にとって、犠牲を伴うことであったことは間違いありません。教会そのものがばらばらになってしまう危険だってありました。
しかし礼拝の中で聖霊の命令が語られたとき、彼らがためらったことを匂わせる記録はありません。かわりに、こう書いてあります。
「そこで彼らは、断食と祈りをし、ふたりの上に手を置いてから、送り出した」と。彼らはすぐさま聖霊の声に聞き従いました。
礼拝で語られたのです。聖霊が語られたのです。だから彼らはあくまでも神のみこころを選び取ったのです。

 神が用いられる教会は、人数が多い少ないに関係ありません。伝統があるかないか、経済的に余裕があるかどうかでもありません。
神が用いられる教会は、神の働きのために犠牲を払う覚悟を持っているかどうかです。
聖霊はアンテオケ教会のひとり一人に語られました。「バルナバとサウロをわたしのために聖別して、わたしが召した任務につかせなさい」。
礼拝で聖霊が語られるというのは具体的にどういうことでしょう。礼拝中に天から雷のような声が響いたということではありません。
ひとり一人の心に同じみことばが語られたとき、それぞれが同じチャレンジを受け取ったのです。それは聖霊にしかできないことです。
その意味で、みことばによる一致というのは、神だけがなすことのできるみわざです。人のかけ声によるものではありません。
それはひとり一人がみことばに真剣に臨むときに生まれます。いまこのとき、私たちがみことばに真剣に向き合うのです。

続きを読む
posted by 近 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2019年のメッセージ