最近の記事

2019.9.8「福音こそ人をいやす力」(ルカ9:1-6)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
このたびの台風15号で被災した方々、また停電の中で不便な生活を強いられている方々が励まされますように。
同盟教団に所属する教会の被災情報については、こちらをご覧ください。またお祈りください。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』9章1-6節


序.
 今から何百年も前の話ですが、あるお金持ちが、外国の商人からある大きな生きものを手に入れました。
ところがあまりにも大きすぎて、玄関に入らない。外につないで盗まれるのも困るので、いそいで倉のなかにその動物を入れておきました。
近所の人は、その珍しい生きものを見せてくださいと頼みましたが、金持ちは盗まれるのがいやで断り続けました。
そこで人々は塀越しに、倉の小さな窓からチラリと見える姿から、その生きものが何か想像したそうです。
ある人は、あれは大きな蛇だと言いました。おれが窓からみたら、灰色をした長い蛇がくねくね動いているのを見たぞ。
別の人が言いました。いやいや、確かに灰色をしていたが、あれは蛇なんかじゃなかった。翼をぱたぱた動かしているのがちらっと見えた。
さらにもう一人が言いました。いいや、あれは角のばかでかい牛だ。真っ白い、それは大きな角が、天に向かって突き出されていたぞ。
有名な話ですので、この生きものの正体が何かはおわかりでしょう。答えは象です。
蛇に見えたものは長い鼻、翼に見えたものはぱたぱた動く耳、そして角に見えたものは、大きく反り返った牙だったというわけです。
この話はある教訓を秘めています。それは、ひとつの同じものや出来事でも、人によって注目する点や受け取るものが違うということです。

1.
 今日の聖書箇所である、イエス様が12使徒を派遣するできごとは、マタイ、マルコ、ルカそれぞれの福音書に共通して記されています。
しかし先ほどの象の印象のように、福音書によって、強調されている点が異なります。
マルコの福音書から先に見てみると、そこでは、イエス様が伝道旅行に弟子たちを二人ずつ組にして派遣したことを強調しています。
マルコ自身は12使徒ではありませんでしたが、彼は後にペテロの通訳をしています。おそらくマルコはペテロから話を聞いたのでしょう。
ペテロは自分の兄弟であるアンデレとペアになって、遣わされたところでよい働きをしたのかもしれません。
マルコは、ペテロの通訳をする前に、いとこであるバルナバと、パウロの伝道旅行に助手としてついていった経験もしています。
コンビ伝道とでも言いましょうか、お互いの欠点を補い、長所を伸ばしていく、その伝道スタイルをマルコはとくに強調して記しているようです。
 では、マタイの福音書ではどうでしょうか。
マタイの場合、実際に派遣されたコンビのグループリストを挙げてはいますが、マルコほど二人組を強調してはいません。
代わりに彼が強調しているのは、イエス様が派遣前に語られた説教です。
マルコとルカが、派遣前の説教を注意書きのように数行しか語っていないのに対して、マタイはなんと2頁も費やして説教を記しています。
これは私の想像になってしまいますが、ペテロが兄弟のアンデレと組になって、気の合う兄弟と伝道を楽しんだのに対して、
マタイはパートナーとの信頼関係に不安をおぼえながら、頼るのはイエス様のおことばのみという思いで説教を心に刻んだのかもしれません。
ちなみにマタイの福音書では、マタイのパートナーはトマスになっています。ちょっと面倒くさい人だったのかも知れません。

続きを読む
posted by 近 at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2019年のメッセージ