最近の記事

2019.11.24「一番大事なものを神様に」(ヨハネ12:1-8)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
この世では、11月のこの時期は七五三のシーズン。神主さん(クリスチャンから見るとすごいネーミング)と呉服屋さんは大忙し。
盆と正月、そしてこの七五三の時期ばかりは、国民の8割が自分は無宗教であると回答している日本人も、やおら宗教的になります。
(ところが逆に何らかの宗教を持っているという人たちの数を合計すると2億人いるという摩訶不思議)

 私たちの教会では、毎月第四主日の礼拝は、ワーシップ形式で行っておりますが、今回は「子ども祝福式」をプログラムに取り入れました。
千歳飴ならぬ「えいえんのいのちあめ」(ドラえもんの道具みたい)でも贈りたいところですが、そういうのはありません。
ただいつもアダルトチックな礼拝説教を、この日だけは紙芝居を援用しつつ、完全に子ども向けにアレンジ。
「ナルドの香油」の箇所から、「一番大事なものを神様に」というタイトルで、メッセージさせていただきました。

 子どもたちに届いたかはさておき、親ごさんたちには好評だったよう。しかし一部の大人たちと当ブログの常連様には物足りず。
そこで早天礼拝では同じ聖書箇所から、いつものようにアダルト向けの説教を語り、教会員の方々にはその説教原稿を配布しました。
これで物足りなさを補完できたでしょうか。まあ原稿を配布しなくても、このブログを見れば全部載っているのですが。
8年間も続けているのに、教会員のほとんどに知られていないこのブログ。なんとか10年続けたいものです。応援してね。
 週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』12章1-8節



続きを読む
posted by 近 at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2019年のメッセージ