最近の記事

2020.2.2「霊の戦いに中立はない」(ルカ11:14-28)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
新型肺炎のニュースが連日報道されています。中国での死者は636人(2/7現在)、感染者数は3万人以上。
陰謀説が大好きな人たちのあいだでは、実際の感染者数は10万人に達しているのではないかとも言われております。
最初の説明では、野生動物を取引する武漢の食肉市場での異種間感染からということでした。
しかし今都市伝説のように噂されているのは、武漢に実在するレベル4の細菌研究施設から流出したのではないかということ。
こんな話を聞いて『バイオハザード』とミラ・ジョヴォヴィッチを連想する人は平成世代。
しかし我々昭和生まれが思い出すのはむしろ小松左京の『復活の日』でしょう。イースターのことではありません。

小学生の夏休み直前、なんだかゴチャゴチャ書いてあるカバーイラストが気になって借りた本なので記憶が曖昧ですが、
たしか研究所から細菌兵器が盗まれたあげく飛行機が墜落して流出、瞬く間に世界中に広がり、人類ほぼ滅亡という筋書きでした。
しかし細菌が低温に弱いため、南極基地の隊員だけが助かります。まあみんな死んだら小説として困るのでそれは許すとして、
発射された中性子爆弾によって、人間だけでなく細菌も死んでしまうというご都合主義は、子供心にも強引すぎました
現実はそんなにうまくいかないよ。おとなはいつもこうやってうまく丸め込むんだ。
そんな尾崎豊ばりの内容を夏休みの読書感想文に書いたら、先生のコメントは「ちゃんと課題図書から選びましょう。書き直し」。
なんだ、「自由感想文」って課題図書から選ぶのね。それで課題図書のひとつ、『ポールの北極星』を借り直してきました。

一応、南極と北極つながりということで。こっちのカバー絵もなんだかゴチャゴチャしています。どれがポールなんだ。
とはいえ内容は一切覚えていません。書き直す屈辱があまりにも鮮烈だったので、タイトルだけは覚えているのですが。
あの頃に『聖書』と出会っていれば、その後の人生もまた違っていたのでしょうね。
ブログ読者のみなさんも、どうぞ選ぶ本にはお気をつけください。それと、手洗いとうがいを大切に。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』11章14-28節



続きを読む
posted by 近 at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2020年のメッセージ