最近の記事

2020.2.9「光を、もっと光を」(ルカ11:29-36)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
最近、また説教が長すぎる。アーンド厳しすぎる。という極上の言葉、ちがった、ご苦情のおことばをいただきました。妻から。
とはいえ、いまに始まったことではなく、神学生の頃から言われてたんですけどね。
20年前、神学校の説教演習のときに教官からいただいた、こんなメモは今も引き出しにとってあります。
「容赦ない叱責は預言者的。相手の事情に理解を示すと牧会者的になるが・・・・」これってほめことば?わからん

 その頃の私のささやかな趣味は、神学校の近所にあったブックオフ千葉白井店でのマンガ漁りでした。
私にとって第二の注解書である名作、『人間交差点』14巻に、「一枚の絵」というエピソードがあります。
大劇団の主宰・朝川は、金と権力に汚れた男だ。彼は外国ものの人気作品や、小劇団があてた演目を金の力で横取りし、自分のライバルとなりそうな劇団をことごとくつぶして今の地位にのしあがった。今度も小劇団が上演して人気を呼んでいる芝居の上演権を、姑息な手段で手に入れようとしている。だが、その小劇団の主宰は、学生時代、演劇部で同期だった男だった(Amazonの解説文より)

人間交差点14_p21.png かつての恋人を死に追いやったことを認めず、うそぶいていた朝川
人間交差点14_p27.png 同期との出会いをきっかけに、良心の呵責に揺れ始める
人間交差点14_p29.png 「自分が真剣に人を愛していたことを思い出せ。そうすれば・・・・」
コピーライトマーク小学館・矢島正雄・弘兼憲史

もし説教の中で私が苛立っているように見えるとしたら、それは「教会を守る」という建前で羊の足を折る人々の姿を聞いているからです。
「教会を守る」という言葉が意味を持つのは、大牧者からゆだねられた「すべての羊」を守る時だけです。
しかし牧師が、ゆだねられた羊たちを自分の目線で羊と山羊に分別する。
自分に従順な者だけを羊とし、過ちに対して諌言してくれる者たちを逆に山羊とみなす。

 献身の思いに燃えていた者たちも、いつのまにか道を見失うこともあります。
そのとき必要なのは、「どこから落ちたかを思い出す」(黙2:5)ことではないでしょうか。
羊たちはみことばによって養われます。それは正しい釈義説教ということだけではありません。
語る者自身が、みことばによって砕かれているか。砕かれて、初めに戻るという恵みを分かち合えるかどうか。
福音は「安心して絶望できる世界」(向谷地生良)をもたらします。絶望の谷底の、さらにその下にイエスがおられます。
砕かれた自分を飾ることなく、そのままの姿で講壇に上がるならば、イエス様の説教に近づけるのでしょう。
私にはまだまだ遠い道であるかもしれません。
しかし教会に行けない方が、この拙い説教録画を通して励まされているという知らせもいただきました。
罪だけではなく愛もまんべんなく語った、大牧者の説教に近づきたいと心から願います。週報はこちらです。


聖書箇所 『ルカの福音書』11章29-36節



続きを読む
posted by 近 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2020年のメッセージ