最近の記事

2020.3.1「光と共に歩もう」(ヨハネ12:27-36)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
いよいよ新潟でも、新型コロナウイルスの感染者が発生しました。そんなわけで私もマスクをつけて説教しています。
「声がデカイ=唾を遠くまで飛ばしたら申し訳ない」という牧会的配慮なのですが、マスクをつけていると、息苦しいのなんの。
逆にいつもより声を張り上げてしまうため、むしろマスクをつけないほうが、拡散の危険を抑えられるかもしれません。

 今回のウイルスが厄介なのは、潜伏期間が長いため、感染していても無症状という場合も多いことではないでしょうか。
だから、自分が知らないうちに、家庭や職場、教会で感染源になってしまうかもしれないという恐怖感があります。
WHOのエライ人たちは、「マスクは防御には効果はない」と警告しますが、いちいち言われなくてもみんな知ってます。
伝染(うつ)されないためにではなく、伝染(うつ)さないために、日本人はマスクをしているのです。見よ、このうるわしゅう同胞愛。
そりゃマスクも足りなくなるわ。一億枚用意しても、全国民が一日で使い果たしてしまいます。
 しかしこのうるわしゅう同胞愛も行きすぎてしまうと、立派な(ほめてない)ハラスメントになってしまいます。
「おれは伝染(うつ)さないように頑張っているんだから、お前も同じように努力しろ」
こんな理屈から始まる、コロハラ(コロナ?ハラスメント)という言葉も生まれました。
電車の中で非マスク乗客を殴ったり、非マスク社員の勤務を拒絶したり。本末転倒です。

 豊栄の教会は、8日と15日は、愛餐会と午後の集会を中止して、礼拝と祈祷会のみを行います。
明日の礼拝も、前回と同じようにマスクをすべきでしょうか。
しかし表情が見えない説教を何週にわたって行うことにも抵抗を感じているのも事実です。
社会の要求に機械的に応じるのではなく、みことばに基づき、みこころを求めながら、ふさわしい形で語りたいものです。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』12章27-36節



続きを読む
posted by 近 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2020年のメッセージ