最近の記事

2020.3.22「分かち合うために下られた」(ヨハネ13:1-17)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。

 新型コロナウイルス対策で、教団理事会から通達が届き、換気だけではなく礼拝時間の短縮に対する提言もありました。
新潟の諸教会の中にも、主日礼拝以外の集会を一切中止しているところもあるようです。
東京ほどではありませんが、新潟でも感染者が増加しております。
そこで明日の第二礼拝は、説教の前後に5分間の換気(黙想)を行うほか、最低限のプログラムで行い、時間の短縮を図ります。

 問題は、その一週間後。4月第一週の聖餐式をどうするか。
当教会含めて、多くの教会では月一回(第一週)聖餐式を実施しています。
この「頻度(回数、間隔)」自体は、明確な聖書的根拠があるわけではありません。
年一回のところもあれば、毎週実施しているところもあります。第何週に行っているかも、教会によってまちまちです。
聖餐式を必ず月一回はしなければならない、というのが単に「伝統だから」ということであればそれに執着する必要はありません。
ウェットティッシュを用意して実施する、というのも、もちろんOKです。
しかしそれでも不安を感じながら聖餐を行うようであれば、あえて中止を選ぶこともありかと思います。
 当教会では、現住陪餐会員の要件として、「過去一年以内」に聖餐に与ることとしております。
しかし毎月はじめに聖餐を受けなければ、その月の歩みが祝福されないという考え方になると危険です。
聖餐は信者にのみ許されたものであり、神からの賜物ですが、「お守り」ではありません。
「最後の晩餐で提示された、主の命令だから」が「伝統だから、決まりだから」と同じ意味合いになってしまうことも避けなければなりません。
パウロは最後の晩餐での宣言に言及しつつも「これを受けるたびに主の死を告げ知らせる」という積極的・宣教的な意味を与えています。
4月に比べて5月がどうなっているかは予想出来ませんが、改めて聖餐の意味についてみなで考えてみるのもよい機会でしょう。

 ところでインフルエンザのほうが死亡率も高いはずですが、なぜ新型コロナウイルスがインフルの影響力を凌駕しているのでしょうか。
それは言うまでもなく、ワクチンが開発されていないからです。
そして無症状の感染者が知らずにインフルエンサーになっている可能性があることも不安を招いています。
言葉を選ぶ必要がありますが、これはまさに、私たち教会がふだん説いている「罪」のメカニズムそのものを彷彿とさせます。
生まれつき人間は、自分が罪人であることがわかりません。しかし着実に、その人だけでなく、家庭や社会をも蝕むのが「罪」です。
 それに対するワクチンはどこにあるのでしょうか。
明日、全国の諸教会で語られる説教を通して、「罪」に対する唯一のワクチンが提示されます。提示されなければなりません。
当教会でも礼拝のネット中継を行います。当教会の会員でなくても見るのは自由。集会献金も不要です。
しかしこのワクチン(福音)を誰かに伝えていく決意の中で、スマホやPCを通して、この礼拝を共有していただけたら幸いです。

週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』13章1-17節



続きを読む
posted by 近 at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2020年のメッセージ