最近の記事

2020.5.17「あなたはわたしに従いなさい」(ヨハネ21:18-25)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
外出自粛やテレワークの中で経済的、精神的に疲れをおぼえておられる方々に、神様からの慰めがありますようにと祈ります。

 最近、「荷下ろしうつ病」ということばを聞きました。
てっきり、配達業者のドライバーさんなどが忙しすぎてなってしまうものかと思いましたが、そうではないようです。
「コロナうつ病」が出口の見えない自粛生活の中で情報過多により心がまいってしまうものであるのに対し、
この「荷下ろしうつ病」は出口が見えたからこそ陥ってしまう、一種の燃え尽き症候群のようなものみたいです。
以下はFNNのニュースサイトの記事「緊急事態宣言解除でも安心できない…今度は「荷おろしうつ病」に注意!」からの引用です。 
 「荷おろしうつ病」になる方というのは、極端に考えやすいところがあります。頑張るときは誰よりも頑張ろうとして、自粛するときも一歩も外に出ないという気持ちで生活します。それが解除されると、張りつめていた気持ちが切れてしまって、がくっと調子をくずしてしまいます。実際の生活はそんな急に変わるわけではなく、すぐに全てのお店に行けるわけでも、急に飲み会をするわけでも、在宅勤務の人が全員オフィスワーカーに戻るわけでもないでしょう。また第2波がくるという予想もあります。自粛が解除されたからといって、いきなり以前の生活に戻るわけではないのですが、その変化を急な「崖」のように感じてしまうとどうしても耐えきれなくなってしまうのです。いきなり元の生活に戻す必要はないので、「崖」ではなくグラデーションのように、徐々に元の生活に戻せばいいんだと認識していただくことが大事なポイントだと思います。これからは、まったく「大丈夫」だと考えるのも良くない面があり、逆に大変な日々が続くと考えすぎるのもよくありません。その間のほどほどのラインで心身の健康を保っていただくというのが大切なポイントだと思います。
(談 ワーカーズクリニック銀座院長・石澤哲郎医師)
私たちの教会では、緊急事態宣言の一応の目安であった5/31(日)までオンライン礼拝の形を取っています。
しかしその次の週からすぐに30人規模での礼拝を再開するのは難しいと考えています。
近日中に役員で話し合い(三密にならないように十分に気をつけます)対応を検討しますが、
最低1メートルの距離を保つという「新しい生活様式」を守るならば、15人がキャパの限度でしょうか。
一日に数回、礼拝を行うという対応の場合、10:30以外の礼拝時間に回ってもらう方には負担を強いることになります。
あるいはオンライン礼拝を継続しながら、2〜3週間に一度、教会でのリアル礼拝に参加、ということも考えられます。
しばらくはどの教会も完全な原状回復は難しいでしょう。まさに「崖ではなくグラデーション」のように徐々に踏み出していきましょう。
新しい生活様式ならぬ「新しい信仰(教会)様式」がこれから生み出されていくのかもしれませんね。
みことばを第一とするのは当然ですが、柔軟に対応していきたいと思います。週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』21章18-25節



続きを読む
posted by 近 at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2020年のメッセージ