最近の記事

2020.5.31主日礼拝説教「神が定めた恵みの日」(使徒2:1-11)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
外出自粛やテレワークの中で経済的、精神的に疲れをおぼえておられる方々に、神様からの慰めがありますようにと祈ります。

 6月に入り、多くの教会が少しずつ活動を再開しているようです。
当教会でも、いわゆる三密状態にならないように、会堂の椅子を含めて調度品のレイアウトなどを見直しております。
そんななか、キリスト教用品の通販業者「CBD」からセルフ聖餐セットのダイレクトメールが届きました。
97444_5_adv.jpg形が似ていますが、褐色の恋人「スジャータ」ではありません。紫色だから間違えることはありませんが。
97444_7_adv.jpgまず上の薄いビニールを剥がすとウェハースが入っています。これがパンですね。もちろん食べるためのものです。
97444_8_adv.jpgその後、プラスチックのフタを剥がしてぶどう液をダイレクトにいただきます。
ただウェハースをそのまま置いているこの写真は衛生的に無意味ではないかとツッコミたくなります。

当教会でも、聖餐式が当分再開できる見通しはありません。
牧師または役員が準備しているのですが、平熱や無症状であっても感染している場合もあるからです。
この聖餐セットだと、本人しか触れることはありませんので安心ですが、届くまで一ヶ月かかりますし、送料が商品価格の3割くらいかかります。
500個セットで75ドル×1.3=単価25円くらいでしょうか。消費期限は一年くらいのようです。
御教会でも検討してみたらいかがでしょうか。週報はこちらです。

聖書箇所 『使徒の働き』2章1-11節



続きを読む
posted by 近 at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2020年のメッセージ