最近の記事

2013.1.27「本当の恐れと偽りの恐れ」

<当日の週報はこちら

聖書箇所 ルカの福音書12章4-9節
 4 そこで、わたしの友であるあなたがたに言います。からだを殺しても、あとはそれ以上何もできない人間たちを恐れてはいけません。5 恐れなければならない方を、あなたがたに教えてあげましょう。殺したあとで、ゲヘナに投げ込む権威を持っておられる方を恐れなさい。そうです。あなたがたに言います。この方を恐れなさい。6 五羽の雀は二アサリオンで売っているでしょう。そんな雀の一羽でも、神の御前には忘れられてはいません。7 それどころか、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。恐れることはありません。あなたがたは、たくさんの雀よりもすぐれた者です。8 そこで、あなたがたに言います。だれでも、わたしを人の前で認める者は、人の子もまた、その人を神の御使いたちの前で認めます。9 しかし、わたしを人の前で知らないと言う者は、神の御使いたちの前で知らないと言われます。

 先日、古本屋を散策している中で、懐かしい本のタイトルが目に入ってきました。「てぶくろを買いに」という新美南吉の童話です。なぜ「手袋を買いに」が心に止まったかといいますと、その日私が手袋を忘れて外に出て来てしまったからです。それはさておき、本を開きます。主人公はきつねの母子(おやこ)。ある冬の朝、狐のぼうやは、お母さん、目に何か刺さったと訴えるところから始まります。じつはそれは太陽の光が外の雪に反射しているものでした。生まれて初めて雪景色をみた狐のぼうやは、そのまぶしさをまるで目に何か刺さったように感じたのでした。
 少しあらすじにお付き合いいただきたいと思います。お母さん狐は、坊やに言いました。それは雪よ。夜になったら町に行って毛糸の手袋を買いにいきましょうね。しかしいざ夜になり、町に近づくと、お母さん狐はがくがく震えてしまうのです。友達が人間に捕まってひどい目に遭わされたことを思い出し、一歩も歩けなくなってしまいます。お母さんは坊やの片方の手だけを人間の手に変えると、白銅貨2枚を握らせて、こう言いきかせました。「いい坊や、町へ行って、まるい帽子の看板がある家を探すのよ。それが見つかったらね、トントンと戸を叩いて、今晩はって言うの。そうするとね、中から人間が、すこうし戸をあけるからね、その戸の隙間から、こっちの手、ほらこの人間の手をさし入れてね、この手にちょうどいい手袋頂戴って言うのよ、決して、こっちのお手々を出しちゃ駄目よ」。「どうして?」と坊やの狐はききかえしました。「人間はね、相手が狐だと解ると、手袋を売ってくれないのよ、それどころか、つかまえて檻の中へ入れちゃうのよ、人間ってほんとにこわいものなのよ」。
 この話の続きは、みなさんよくご存じでしょう。言われたとおりに帽子屋の扉をとんとん叩いた狐の坊や、扉の隙間から洩れた店の光があまりにもまぶしいものだから、間違えて狐のほうの手を入れてしまいます。しかし帽子屋の主人は白銅貨が本物だとわかると、そのまま子狐の手にぴったりの手袋を渡しました。戻ってきた坊やは母親に「人間は全然こわくないよ」と言います。そしてこの物語は母狐がこうつぶやくところで終わるのです。「ほんとうに人間はいいものかしら。ほんとうに人間はいいものかしら」と。

 少し長く引用してしまいましたが、大人になってこの童話を読み返したときに、この母狐のことばがようやくわかりました。「人間はこわくて、悪い生き物」という思い込みにしばられている彼女は、じつは私たち人間の心そのものなのだと。先日のアルジェリアでのテロ事件は、みなさんも悲しい思いをもって受けとめられたでしょう。アルジェリアでのガスプラントに従事していた日本企業の関係者10名が犠牲になりました。イスラム原理主義の影響を受けた、アルカイダに関係しているテロ集団がその首謀者として公表されています。彼らは人質の首に爆弾をしかけて、みせしめに殺していったということも囁かれています。ある人は言うでしょう。イスラム原理主義ってイスラム教の一派でしょう。やっぱり宗教って怖いね、と。しかし自分が被害者になったわけでもないのに宗教って怖いねと簡単に言ってのける人の心もまた怖いと思います。いやむしろ、すべての宗教を十把一絡げにまとめてしまい、怖い怖いと避けて通る人の心のほうがテロよりもはるかに私たちの生活になじみのあるものであるぶん、危険さを感じます。「手袋を買いに」でソフトに描かれてはいるが、確かにそこに存在するのは、私たちを偽って食い物にしようとする、恐れの感情です。母狐は坊やに言います。私の友達が人間にひどい目に会わせられたんだよ、と。自分が当事者となったわけではない、しかし十把一絡げに「人間というのは恐ろしくて悪いやつなんだ」と思い込んでしまい、それを子供へと引き継いでいく。ただの童話を深読みしすぎと言われてしまうかもしれませんが、少なくとも新美南吉は狐が書きたくてこの童話を世に出したのではないでしょう。彼は人間を書いたのです。どんな人間にもある心の闇と壁が、小さな出会いを通して砕かれ、徐々に光さしていく、その希望を童話に託したのです。


 「アメイジンググレイス」という有名な讃美歌があります。日本語では「驚くばかりの恵み」と訳されている曲ですが、もともとの歌詞が持っているメッセージが切り捨てられてしまった部分もあります。例えば2節の歌詞は、私たちが使う新聖歌ではこう訳されています。「恵みはわが身の恐れを消し、任する心を起こさせたり」。しかし英語版を直訳すると、こうなります。「恵みはわが心に恐れを教え、わが恐れを解放した」。つまり、二種類の恐れが歌われているのです。恵みが教える本当の恐れと、解放されるべき偽りの恐れ。この讃美歌は、作詞者であるジョン・ニュートンのかつての体験から作られたと言われています。彼は18世紀のイギリスに生きた人でした。もともと裕福な家庭に生まれ、将来を期待された人物でしたが、身をもちくずして奴隷取引の片棒を担ぐようなことまでするようになっていました。一方では愛する女性に深い忍耐と情熱を注ぐような品性をもち、しかし自分が奴隷商人の手先となっていることにはまったく良心の呵責を感じることのない人物でした。そんな彼が救われたのはただ神の恵みでした。本当に恐れるべき方を知らずに歩んでいた彼は、恵みこそ本当の恐れを教えてくれるものだと確信していたのです。この本当の恐れが心の中に生まれるとき、偽りの恐れは心から締め出される。それがアメイジンググレイスの歌詞の中に込められています。

 ニュートンの前半生は、偽りの恐れによって心ががんじがらめになっていたあの母狐のようです。一方では子ギツネとの愛の関係に生きていながら、他方では人間に対する植え付けられた恐れから抜け出すことができない。子ギツネの片手を人間の手に変える術(じゅつ)を持っていながら、人間への恐れを克服する術(すべ)を知らない。そこから解放されるためには、自分の内側からの努力ではなく、自分の外側からの恵みが必要でした。人間は怖いものなんだと教え込んだ、その坊やの純真無垢な心が、彼女の心を溶かしていくのです。救いはあなたから遠く離れたところからやって来るのではありません。極めて近いところから、まさに驚くべきかたちと驚くべき方法でやって来ます。

 すべての人はみな個性ある、ひとり一人違ったものとして作られました。しかしキリストを十字架に付けた張本人という意味で、すべての人はみな同じです。その私たちがキリストを救い主として信じるというだけで罪を赦され、神の子とされる、そんなことは常識では考えられません。しかしキリストの十字架は、そのあり得ないことを確かに実現する、神の力なのです。もし自分の罪がキリストを十字架につけた、ということを認め、そのキリストが神の子であることを信じるならば、あなたにも驚くべき恵みが与えられます。あなたが十字架に付けたイエス・キリストが、その十字架の上からあなたに両手を広げ、懐へと抱きかかえようとしている姿を見るでしょう。父よ、彼を、彼女をお赦しください、と天の神に向かってとりなし叫んでいるみ声を聞くでしょう。神は恵みによって、私たちの心に恐れを与えます。死への恐れではない。損失への恐れではない。失敗への恐れではない。本当に恐れるべき方を、私たちは恐れなければならないのです。イエスは私たちを友と呼び、その上でこう言われました。「からだを殺しても、あとはそれ以上何もできない人間たちを恐れてはいけません。殺したあとで、ゲヘナに投げ込む権威を持っておられる方を恐れなさい。そうです。あなたがたに言います。この方を恐れなさい」。本当に恐れるべき方を恐れましょう。本当に信じるべき方を信じましょう。本当に生きるべき人生を進んでいきましょう。
posted by 近 at 19:25 | Comment(0) | 2013年のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: