最近の記事

2014.5.18「みことばだけが人を変える」

週報はこちらです。

聖書箇所 使徒10:23b-48
 23b 明くる日、ペテロは、立って彼らといっしょに出かけた。ヨッパの兄弟たちも数人同行した。24 その翌日、彼らはカイザリヤに着いた。コルネリオは、親族や親しい友人たちを呼び集め、彼らを待っていた。25 ペテロが着くと、コルネリオは出迎えて、彼の足もとにひれ伏して拝んだ。26 するとペテロは彼を起こして、「お立ちなさい。私もひとりの人間です」と言った。27 それから、コルネリオとことばをかわしながら家に入り、多くの人が集まっているのを見て、28 彼らにこう言った。「ご承知のとおり、ユダヤ人が外国人の仲間に入ったり、訪問したりするのは、律法にかなわないことです。ところが、神は私に、どんな人のことでも、きよくないとか、汚れているとか言ってはならないことを示してくださいました。29 それで、お迎えを受けたとき、ためらわずに来たのです。そこで、お尋ねしますが、あなたがたは、いったいどういうわけで私をお招きになったのですか。」
 30 するとコルネリオがこう言った。「四日前のこの時刻に、私が家で午後三時の祈りをしていますと、どうでしょう、輝いた衣を着た人が、私の前に立って、31 こう言いました。『コルネリオ。あなたの祈りは聞き入れられ、あなたの施しは神の前に覚えられている。32 それで、ヨッパに人をやってシモンを招きなさい。彼の名はペテロとも呼ばれている。この人は海べにある、皮なめしのシモンの家に泊まっている。』33 それで、私はすぐあなたのところへ人を送ったのですが、よくおいでくださいました。いま私たちは、主があなたにお命じになったすべてのことを伺おうとして、みな神の御前に出ております。」
 34 そこでペテロは、口を開いてこう言った。「これで私は、はっきりわかりました。神はかたよったことをなさらず、35 どの国の人であっても、神を恐れかしこみ、正義を行う人なら、神に受け入れられるのです。36 神はイエス・キリストによって、平和を宣べ伝え、イスラエルの子孫にみことばをお送りになりました。このイエス・キリストはすべての人の主です。37 あなたがたは、ヨハネが宣べ伝えたバプテスマの後、ガリラヤから始まって、ユダヤ全土に起こった事がらを、よくご存じです。38 それは、ナザレのイエスのことです。神はこの方に聖霊と力を注がれました。このイエスは、神がともにおられたので、巡り歩いて良いわざをなし、また悪魔に制せられているすべての者をいやされました。39 私たちは、イエスがユダヤ人の地とエルサレムとで行われたすべてのことの証人です。人々はこの方を木にかけて殺しました。40 しかし、神はこのイエスを三日目によみがえらせ、現れさせてくださいました。41 しかし、それはすべての人々にではなく、神によって前もって選ばれた証人である私たちにです。私たちは、イエスが死者の中からよみがえられて後、ごいっしょに食事をしました。42 イエスは私たちに命じて、このイエスこそ生きている者と死んだ者とのさばき主として、神によって定められた方であることを人々に宣べ伝え、そのあかしをするように、言われたのです。43 イエスについては、預言者たちもみな、この方を信じる者はだれでも、その名によって罪の赦しが受けられる、とあかししています。」
 44 ペテロがなおもこれらのことばを話し続けているとき、みことばに耳を傾けていたすべての人々に、聖霊がお下りになった。45 割礼を受けている信者で、ペテロといっしょに来た人たちは、異邦人にも聖霊の賜物が注がれたので驚いた。46 彼らが異言を話し、神を賛美するのを聞いたからである。そこでペテロはこう言った。47 「この人たちは、私たちと同じように、聖霊を受けたのですから、いったいだれが、水をさし止めて、この人たちにバプテスマを受けさせないようにすることができましょうか。」48 そして、イエス・キリストの御名によってバプテスマを受けるように彼らに命じた。彼らは、ペテロに数日間滞在するように願った。

1.
毎年、半年に一回くらいのペースで日本に来て働いている、ジム・ブラウン兄はフィジーのクリスチャンです。
先月帰国されましたが、また秋に戻ってくると約束して帰って行かれました。
彼のふるさと、フィジーは300くらいの島々に約80万人あまりの人々が住んでいるそうです。
新潟市の人口が確か81万人でしたから、人の数だけで見ればちょうど同じくらいになります。
しかしフィジーの場合、その80万人あまりのほとんどがクリスチャンだそうです。
そのうち約2割がカトリック、残りの8割がプロテスタントの一派のメソジスト派と呼ばれる人々です。
今日は、このメソジスト派の創始者である、ジョン・ウェスレーというクリスチャンについて、まずお話ししたいと思います。
ウェスレーは今から300年前、18世紀はじめのイギリスに生まれました。
日本で言うと、松平健さんが演じた暴れん坊将軍、徳川吉宗とだいたい同じ頃の人だというと、イメージがわくかもしれません。
実際の徳川吉宗は、非常に質素な人で、自分にも厳しく、他人にも厳しいという人だったようです。
だからこそ、傾きかけていた徳川幕府を立て直すことができたと言えますが、ウェスレーもやはり自分に厳しい人でした。
彼はオックスフォード大学で、聖書の教えと一致した生活を送ることを目標とする、「神聖クラブ」というサークルを始めます。
しかし周りの学生や教授たちは、ウェスレーのやり方は自由を校風とするオックスフォードにふさわしくないと批判しました。
英語で「きちょうめん」をメソッドと言いますが、そこで彼らは「几帳面な連中」、つまりメソジストと呼ばれるようになりました。

ウェスレーの生涯をすべて語ることはできませんので、彼の人生の中で転機となった出来事について触れたいと思います。
このようにウェスレーは信仰生活を聖書に書いてあることを実践することとして理解していました。
しかしパウロやルターがそうであったように、聖書の命令を行うことによって生まれていたのは、むしろ激しい罪意識でした。
聖書と生活の一致を目指していけばいくほど、彼の心の中からは救いの確信が薄らいでいきました。
オックスフォードを卒業後、彼は新大陸アメリカのジョージア州へ船で渡り、宣教師として働きました。
しかし本人に救いの確信がないのに、その宣教活動が実を結ぶはずがありません。
彼はまったく成果を出せないまま、失意の中イギリスへと戻ってきました。しかしすべてが神の御手の中で計画されていました。
数ヶ月後、彼は「アルダスゲートの回心」と呼ばれる信仰のリバイバルを経験し、救いの確信を与えられるのです。

2.
この「アルダスゲートの回心」とは、ウェスレーがロンドンのアルダスゲート通りで行われた集会に参加したときの信仰復興を指します。
彼はこのとき、聖霊によって心がきよめられる経験をしました。それは彼の信仰の原点となったゆえ、メソジストは「きよめ派」とも呼ばれます。
しかし次のことを忘れないでいただきたいと思います。
ウェスレーの魂を変えたアルダスゲートの集会は、決して熱心な祈祷会でもなかったし、沸き立つような賛美集会でもなかったのです
それはあくまでも聖書研究会、まったく派手さのかけらもない、みことばに徹した集会でした。ウェスレーは日記にこう書き残しています。
1738年5月24日。今晩、ある聖書研究会に誘われ、あまり気乗りしなかったものの、結局参加した。
午後8時45分頃だった。ローマ人への手紙が朗読され、続けてマルティン・ルターの解説を誰かが読んだ。
ルターはこう書いていた。イエス・キリストを信じる信仰を通して、神は私たちの心を変えてくださる。
だがその一文を味わったとき、私の心は不思議な暖かさを感じ、キリストに対する信頼が心の中にわき起こってきた。
ただキリストだけが私のすべての罪を取り去ってくださる!私は死と罪の原理から解放されているのだということが、はっきりとわかったのだ。
(W.Wiersbe, The Bible Exposition Commentary, p.445.)
ウェスレーを変えたのは、聖書の言葉でした。
伝道者によって語られたメッセージでさえなく、数人が集まる小さな集会で読まれた、たどたどしい誰かの朗読でした。
しかしロンドンの片隅で起こったこの小さな出来事が、彼の心を変え、そして世界を変えたのです。
信仰の喜びに満たされたウェスレーは、当時の教会が見向きもしなかった炭鉱や工場の労働者たちに福音を語りました。
すすにまみれた、真っ黒な顔で集まってきた炭鉱夫たちは、ウェスレーの説教で涙を流し、そこだけ白く筋になって見えたそうです。
そしてウェスレーの説教からイギリスに信仰復興が生まれました。彼らはメソジストと呼ばれ、やがて遠くフィジーにまで宣教師を派遣します。
多くの宣教師たちが拒絶され、殺されました。しかし彼らは決してあきらめることなく、みことばによってフィジーを変えました。
ここで私たちが忘れてはならないのは、聖書のことばが人を変えるのだということです
しかしたばこ屋の壁によく貼ってある、「悔い改めよ。聖書」という黒い板を見ただけでは、人は恐れしか感じないでしょう。
私たち、神のことばによって確かに救われた者が、この与えられた唇を通して、神のことばを伝えていかなければなりません。
たとえ自分の目から見ても、それがどんなにたどたどしく、弱々しいものだとしても、神のことばは確かに人を変えていくのです。

そしてこのことも忘れてはなりません。私たちが神のことばを伝えるとは、自分自身の弱さも含めて、伝えるのです
コルネリオについて言えば、なぜ神は御使いを通してそのままみことばを語らず、ペテロを呼んでみことばを聞くように求められたのでしょうか。
御使いは、人の弱さを知らないからです。人だけが、人の弱さを知っています。
人だけが、すべての人の弱さを背負って十字架にかかってくださったイエス・キリストを伝えることができます。
神は御使いではなく、ペテロを用いられました。イエスを裏切り、自分に絶望し、そしてもう一度立ち直ったペテロを。
それだけではなく、たった昨日まで、ユダヤ人と異邦人のあいだに差をつけていた、そんなペテロを。
ペテロも、パウロも、弱さと後ろめたさを持っていた人間でした。ルターも、ウェスレーも、かつては自分の努力で救われようとしていた人間でした。
神は謙遜な人を用いられます。しかしどんな謙遜な人も、はじめからそうであったわけではありません。
そして自分から謙遜になれた人はいません。神がその人の人生を通して打ち砕き、ぐしゃぐしゃにされて初めて神の器となれるのです。

3.
ペテロは、砕かれた神の器でした。自分を飾ることをしません。神の人としてひれ伏したコルネリオを、ペテロは立ち上がらせました。
そして神の計画されたすべてのことがつながったとわかったとき、ペテロはこのように告白します。
神はかたよったことをなさらず、どの国の人であっても、神を恐れかしこみ、正義を行う人なら、神に受け入れられるのです」。
いま、私たちはイエスが救い主であるというみことばを聞いています。それを信じるならば、どの国の人であっても救われます。
今までの人生の中で、あなたはイエスがまことの神であることを知らず、わからず、人が定めた偶像を神として拝んでいたかもしれません。
しかし今日、この福音のことばを聞いて、イエスを私の唯一の救い主として信じるならば、必ず救われるのです。
その例を、最後に示しましょう。
フィジーにメソジストの宣教師たちによってキリスト教が伝えられたのは、19世紀のはじめ、ウェスレーが生まれて100年後のことです。
当時のフィジーは、数多くの部族に分かれ、島々を越えて血みどろの戦いを繰り広げていました。
残酷な話ですが、彼らは戦争で死んだ人間の肉を食らい、強い者の肉を食らえば食らうほど神の力が宿ると信じていました。
当時最も力のあったザコンバウという部族の長は、千人を超える人間の肉を食べたことを誇っていたそうです。
しかし宣教師たちは、聖書をフィジーの言葉に訳し、幾多の犠牲を経て、このザコンバウさえもついにキリストの信仰へと導いたのです。

コルネリオは熱心かつ敬虔な求道者でした。しかし神の救いは、そのような人にだけ及ぶのではありません。
どんな人であったとしても、遠いフィジーのザコンバウの例を引くまでもなく、私のようなどうしようもない罪人であっても、
イエス・キリストを心に信じるならば、確かに罪が許され、永遠の命が与えられるのです。
このすばらしいメッセージを、私という弱くひび割れた器を通して人々に伝えていくこと、それが伝道であり、証しです。
神の救いが異邦人にも与えられた証しとして、コルネリオはじめそこにいた者たちが、聖霊の賜物を受けました。
異言や賛美は、目に見える聖霊の賜物です。しかし聖霊の賜物すべてが、そのような人々を驚かせるものではありません。
いやむしろ、聖霊が私たちの心に与えてくださる賜物の多くは、心の内側をゆっくりと、静かに暖めていくものです。

大切なのは、44節にある、この一文です。
ペテロがこれらのことばを話し続けているとき、みことばに耳を傾けていたすべての人々に、聖霊がお下りになった」。
みことば、みことばです。私たちの心にみことばが語られるとき、みことばで覆われるとき、そこに聖霊はお下りになります。
私たちはみことばに生き、みことばに死にます。罪に死んでいた心がみことばによっていのちへと生き返ります。
今も私たちを苦しめるねたみや怒りを、みことばに従う決意をもって、イエスとともに十字架につけていきます。
みことばだけが私たちを生かすことができます。これに代わる、人生の処方箋は存在しません。
「この方を信じる者はだれでも、その名によって罪の赦しが受けられる」とペテロは確かに証言しています。
このイエス・キリストの御名を信じることができますように。語っていくことができますように。

(フィジーのキリスト教については、京都文教大学HPの橋本和也教授の文章を参考にさせていただきました。)
https://www.kbu.ac.jp/kbu/kyoinshokai/masters/02_hashimoto/index.html
posted by 近 at 17:00 | Comment(0) | 2014年のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: