最近の記事

2016.11.27「初めにことばがあった」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
最近、説教映像をYoutubeにアップロードする作業のたびに、いつも画面の隅にピコ太郎(さん)の「PPAP」が出てきます。
ただ何度観ても、何がおもしろいのか、私にはわからないのです・・・・
もしかしたら、私が最初から批判的に見てしまっているからかもしれませんね。
逆にみんながおもしろいと感じているからおもしろいはずだと、最初から胸襟を開いたうえで観れば、おもしろく感じるのかもしれません。
(それが他人志向だという批判もあるでしょうが)
説教もまたしかり。とくに私ら牧師は、他の牧師の説教を聞くとき、どうしても批判的に聞いてしまうことが多いのです。
「互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい」(ピリピ2:3)というみことばを心に留めていきたいと思います。
同じYoutuberとして(意味わかってない)、ピコ太郎(さん)に負けていられませんね。週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』1章1-5節 


1.
 今日から、教会は待降節を迎えます。待降節はアドベントとも呼ばれます。
クリスマスまでの四週間、日曜日ごとに一つずつ、キャンドルにともしびをともしていきます。
最後の週はすべてのキャンドルに火を点し、イエス・キリストがこの地上に人として生まれてきてくださったことを感謝する時を迎えます。
大事なことなのでもう一度繰り返しますが、クリスマスはイエス・キリストが人として生まれてくださった、神の時です。
人として生まれてきた」。何という不思議な表現でしょうか。すべての人間の中で、イエス・キリストだけにあてはまることばです。
それでは、イエス・キリストは二千年前のクリスマスまで、どこにいたのでしょうか。どこで何をしていたのでしょうか。
その答えが、今日のヨハネの福音書の冒頭のことばです。
 「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった」。
いま私たちが読んでいるのは、戦後の訳ですが、日本で最初の翻訳では「はじめに、おかしきものござる」と訳されていたそうです。
「はじめに、おかしきものござる」。もちろん、「おかしきもの」とは変なもの、おかしいものという意味ではありません。
私たちの常識を越えた、すばらしい存在という意味です。
そして、それこそが、人としてこの世にお生まれになる前の、イエス・キリストを表すことばでした。
初めに、ことばがあった」。この「ことば」こそ、イエス・キリストです。
ことばは神とともにあった」。イエス・キリストは、いつも父なる神とともにおられたお方でした。
ことばは神であった」。イエス・キリストは、人ではありません。神そのものでした。
人が修行の結果、神のような力を身につけて、キリスト教の教祖になったのではありません。
神であるお方が、私たち人間の罪の姿をあわれみ、人としてこの地上に来てくださったのです。2.
 私は、今日の説教を通して、この聖書箇所が伝えようとしていることをいったいどれだけ伝えられるだろうかと不安に駆られています。
ある意味、牧師としてあまり語らずに済ませておきたい、そんな聖書箇所です。
というのは、あまりにも短い、このひとつひとつのことばの中に、神の永遠無限のご性質、またご計画が隠されているからです。
ときどき司会者が、「みことばを余すところなく語ることができますように」と祈りますが、とても余すところなく語る自信はありません。
 しかし、ここに、聖書のすべてを貫いている真理があり、私たちは今そのことばに触れているのだということをともに覚えましょう。
旧約聖書の一番最初の書、創世記の冒頭には、こういう言葉があります。「初めに、神が天と地を創造した」。
その旧約聖書の宣言が、このヨハネの福音書の冒頭で改めて語られているのです。
「初めにことばがあった。ことばは神であった。そしてすべてのものは、この方によって造られた」と。
天に満ちているもの、地に満ちているもの、あらゆる自然、動物、植物、天体、そして人間。
ありとあらゆるものが、このイエス・キリストによって造られました。
ヨハネはこう語ります。「造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない」と。
だから私たちははっきりとこう言うことができます。この世界にあるもので、神にとって不必要なものはひとつもないのだ、と。
私たちはなぜこの世界に生まれてきたのか。苦しみがあふれる世界であっても、なぜ生きなければならないのか。
その苦しみにまみれた人生の終わりには、いったい何が待っているのか。
あらゆる問いへの答えが、このヨハネの福音書のことばの中にあります。「この方によらずにできたものは一つもない」と。
すべての存在が、この方のために、この方を通して造られました。この方、それがイエス・キリストです。
私たちがイメージできる、人としてのイエス・キリストではなく、目に見えず、無限で永遠なるお方としての、イエス・キリストです。
自分がどこから生まれてきたのか、何のために生まれてきたのか、そんな疑問を持つこと自体、変人と言われるかもしれません。
しかしイエス・キリストは、確かに目的をもって、私たちを造り出してくださいました。それが、クリスマスの何よりの喜びではないでしょうか。
ケーキをほおばり、プレゼントの包み紙を開けることよりももっとわくわくする喜びがここにあります。
永遠無限の存在である神さまが、私を目的をもって造ってくださったということ。その恵みをかみしめていきたいと心から願います。

3.
 ことばというのは恐ろしいものです。ことばは、人の本心をたくみに隠す力を持っています。
しかし同時に、真実を伝えることができるのも、ことばあってこそです。
私は数日前、今日の聖書箇所を黙想しながら、なぜ「ことば」なのだろうか、と考えることがありました。
「初めに恵みがあった」、「初めに光があった」、そうではなく、なぜ「ことば」なのだろうか、と。
みなさんの中には、なぜ「初めにことばがあった」なのか、その理由を知っている、いや、経験したことのある方がおられるはずです。
思い出してください。私たちが人生の目標を失い、人の慰めのことばも入ってこないときに、それでも心にしみこんでくるものがあったことを。
それが、神のことば、聖書であり、イエス・キリストそのものです。
 人のことばは、時に真実を覆い隠してしまうものになります。
しかし神のことばは、私たちを絶望の中から立ち上がらせ、神さまのために自分の人生を生きようと願う道へと導きます。
神のことばという形で今も私たちに語りかけてくださるイエス・キリストに人生をゆだねるときに、私たちの中には初めて光が生まれます。
その光は、この世の光とは違い、決して闇に飲み込まれることはありません。「やみはこれに打ち勝たなかった」と書いてあるとおりです。
 今日、このイエス・キリストが私たちひとり一人に語りかけてくださっています。
私があなたを造ったのだ、あなたを通して私は栄光をあらわそう、と約束してくださっています。
ことばは光を生み、光はいのちを育てます。
イエス様が私を造ってくださった、だから私はイエス様と共に生きるのだ、という確信をもって、ひとり一人が歩んでいきましょう。
posted by 近 at 10:44 | Comment(0) | 2016年のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: