最近の記事

2016.12.25「あなたは招かれている」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
昨日は多くの教会でクリスマス礼拝や祝会が行われたのではないかと思います。
例年ですと、クリスマス集会の後、年内にもう一度日曜日があって、一年の感謝などをささげるのですが、今年の日曜日は昨日で最後。
来週は元旦となり、何か物足りないような気がします。
今年一年を振り返ってみると、この場では書けないのですが、私にとって大きな出来事がありました。
ある説教で「牧者として留まるために、常に私は自分のやりたいことではなく、二番目の道を選んできた」という証しがありました。
私にとって、二番目の道は何か、いま神様に問うているところです。毎日少しずつ、おぼろげに示されてはいるのですが。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』2章8-20節 

1.
 タレントの武田鉄矢さんが子どもの頃、お母さんにこう質問したそうです。よそのうちはクリスマスにお祝いするけれどなんでうちはやらないの?
するとお母さんはこう答えました。「うちは浄土真宗だからサンタさんは来られましぇん」。
有名なエピソードですが、実際同じような経験をした方はたくさんおられるようです。
その中のひとりが、どうしてもプレゼントがほしい、教会だったらサンタさんが来るんじゃないか、と思い立ち、クリスマス礼拝に潜り込みました。
どうにも居心地の悪さを感じながら、牧師の説教を最後まで聞きました。
ところが牧師の話では、サンタがプレゼントをくれるどころか、人々はクリスマスをサンタの誕生日だと思っていますが、なんて言い出す始末。
しかしイエス・キリストがユダヤのベツレヘムでお生まれになりました、ということだけは耳に入ってきました。
それまでエスさんはアメリカ人だと親から聞いていたので、ちょっと得をした気分になった、と。
その方もクリスチャンとなられましたが、たとえそんな動機であっても、神様はあらゆる機会を用いて、私たちを招いておられるお方です。

 クリスマスに、まず私たちが聖書から教えられることは、神様は招いておられるお方であるということです。
豊栄教会の外に立っているアルミの掲示板には、フレームのところに小さく、次のみことばが印刷されています。
「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのところに来なさい。わたしがあなたを休ませてあげます。」
あれは私が十数年前に赴任してすぐに作っていただいたものですが、もう少しデザインを煮詰めるべきでした。
みことばがちっちゃすぎて、相当近づかないと気がつきません。
だけどもしクリスチャンが、聖書のことばのなかでひとつだけ誰かに伝えるならば、必ずベストテンに入るものでしょう。
イエスさまは、つまりあなたを愛しておられる神様は、こう呼びかけておられます。
「あなた、疲れていますね。重いもの、背負ってますね。わたしのところにおいでなさい。わたしが代わりに背負ってあげましょう」。
疲れていない人はいません。重荷を背負っていない人はいません。だれ一人として、イエス様の助けを必要としていない人などいません。
神は私たちを、あらゆる手段を通して招いてくださっています。2.
 クリスマスに起きた出来事も、「神がひとり一人を招いておられる」ということに他ならないのです。
クリスマスのときに教会でしばしば語られる、聖書の物語を振り返ってみましょう。そこには、神がひとり一人を招いておられる姿があります。
婚約者との結婚を控えていた処女マリヤは、聖霊によってイエス様を身ごもって、神の母となるように招かれました。
当の婚約者本人であったヨセフは、この妻とイエスさまを、自分のすべてをかけて守っていく使命へと、神の語りかけを通して招かれました。
羊飼いたちの前には、まばゆい光と讃美歌の歌声と共に、天使たちの大軍勢が現れました。
そしてベツレヘムの家畜小屋の飼い葉桶に眠っている神の御子を探しだし、人々に救い主が生まれたことを言い広める役目へと招かれました。
また東の国の博士たちは、このイエス・キリストを礼拝するために、遠い国から招かれました。
さきほど話したあるクリスチャンの方も、サンタ、というかクリスマスプレゼントがほしいという欲望を通して、神様に招かれました。
こうしてみると、イエス・キリストを知っているかどうか、どんな動機を持っているか、はまったく取るに足りないことです。
二千年前でも現代でも、世界中のどんな人の中からも、神は救いに招いてくださっている、ということなのです。
イエス・キリストは、後に弟子たちにこう語っています。
「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです」と。

 イエス様は、招くのが大好きなお方であり、今も私たちに呼びかけておられる神の御子です。
ドアを開き、旅人を手招きし、山のようなごちそうが載ったテーブルを用意されるお方です。
しかし、神の招待は単に食事だけにとどまりません。それは永遠のいのちへの「招き」です。
イエス・キリストを信じ、涙も死も痛みもない、永遠の世界へ続く住民票を得なさいという招きなのです。
この招きにふさわしいのはどんな人々でしょうか。正しい人ですか?美しい人ですか?裕福な人ですか?
イエス様は別のところでこう言われました。「わたしを遣わした父が引き寄せられないかぎり、だれもわたしのところに来ることはできません」。
しかしだからこそ、今日ここにいるひとり一人は、その資格が与えられたのです。
なぜなら、今ここに集まっていることは、私たちにとって偶然の結果でも、自発的な行動の結果でもないからです。
神様が招いてくださらなければ私たちはここにはおりません。ここは教会であり、神が招いてくださった者たちが集められているところです。

3.
 神さまは、招いておられるお方です。しかし何の犠牲も払わずに招いておられるのではありません。
この世で最も高い犠牲を払って、ご自分の定めた人々を救いへと招いておられます。それがイエス・キリストが示された十字架という出来事です。私たちすべての人間には罪があります。人はまったく気づきませんが、罪は私たちの心を腐敗させ、家族や周囲を傷つけ、喜びを失わせます。
やがて私たちが死んだ後、そこに待ち受けているのは、苦しみを繰り返しながら永遠に続いていく死のさばきです。
その死のさばきを、イエス・キリストが十字架で完全に肩代わりしてくださいました。
イエス様が十字架でこのすべての罪のさばきを引き受けてくださったことを信じること、それこそ、神が私たちを招いておられる理由です。
このことを信じるならば、私たちは永遠のいのちを得ることができます。
 たしかにキリストをはっきりと信じなくても、神の恵みのかけらを受け取ることはできるでしょう。
しかしかけらでは、永遠の死を免れることはできません。
自分の唇で、はっきりとイエス様を救い主として受け入れなければ、神の招きも無駄になってしまいます。
かつて私が決断したように、まだイエス様を信じておられない方がはっきりとイエスを救い主として受け入れていただきたいのです。

 聖書は神様からのラブレターと言われますが、むしろ神様からのプロポーズと呼ぶべきでしょう。
ラブレターを開封することは自由です。返事を出すかどうも自由です。しかしプロポーズは違います。必ず返事が求められます。
「そのうちに」とか「いつかは」というのは、たいへんに便利な言葉です。
拒絶でもなければ承諾でもない。相手を傷つけることを何よりも嫌がる私たち日本人が大好きな言葉です。
しかしプロポーズの返事として、これほど傷つける言葉はありません。「神様?そうですね、いつかは信じますよ」。
それを聞いた神様の心は、どれだけ踏みにじられているでしょうか。
ひとり子イエス・キリストを地上に送り、十字架にかける犠牲を払ってまで人々を招いた神様の心は、どれだけ踏みにじられているでしょうか。
神は今日、あなたを招いておられます。
どうか、このプロポーズを受け入れて、この世界が作られる前からあなたのために用意されていた祝福を受け取ってください。
posted by 近 at 17:49 | Comment(0) | 2016年のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: