最近の記事

2017.2.26「絶望から始まる希望」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
先週、教会員の一人であるA兄のお祖母さまが天に召され、私が司式をさせていただきました。
そのお祖母さまは信仰告白には至っておりません。
しかし私は、お祖母さまの霊は天国のイエス様のふところで安らいでおられ、再会の希望を語らせて頂きました。
それは、はっきりとした信仰告白には至っていなくても、A兄を通して福音を聞いていることは確かだからです。
それがお祖母さまの中で実を結んだのかは人にはわかりません。ただ人知を越えた神のあわれみにすがるしかありません。
 A兄は教会から数キロ離れた農村部に住んでいますが、今回のお祖母さまも含めて三人をキリスト教式葬儀で天へ送り出しました。
そんなこんなで彼のお母さまの話では「近所で変わり者扱いされている(笑)」そうです。
しかし葬儀を通して、このご家族に対する、親戚や近所の方々からの見えない敬意のようなものを感じました。
家族を失った悲しみはあります。しかしこのご家族を通して、この地域も祝福されているように思います。週報はこちらです。

聖書箇所 『詩篇』22篇1-10節 

1.
 今日の詩篇22篇1節は、十字架にかかられたイエス・キリストが、父なる神に向かって叫ばれた言葉として知られています。
「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。我が神、我が神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」。
永遠の昔から、常に父なる神とひとつであったイエス・キリストが、神にのろわれた者とされたのが十字架刑でした。
それでは、イエス様があえて引用するほどに、このもともとの詩篇22篇の作者は、いったいどのような苦しみの中にあったのでしょうか。
私たちは想像することしかできません。いや、想像することさえできない、と言った方がよいでしょう。
しかし私たちはこの詩篇を味わう中で、慰められます。なぜならば、神と永遠に引き裂かれるかのような苦しみ、絶望を口にする1節。
そこから2節、3節へと進んでいくごとに、神から離れていくのではなく、むしろ神に近づいていくことがわかるからです。
 詩人は確かに絶望するほどの痛みを受けました。神が私を完全に見捨てた、と一度は考えました。
しかし彼はその絶望をあえて神の前に吐き出すことを通して、本当の自分をさらけ出すことができたのです。
以前にも説教で触れたことがありますが、遠藤周作という有名なカトリックの作家のエピソードを紹介します。
同じ作家仲間の椎名麟三がプロテスタント教会で洗礼を受けたとき、遠藤は、椎名の奴は大したもんだと言ったそうです。
何がすごいのですかと人が聞くと、遠藤周作は答えました。
「だって、椎名の奴、洗礼を受けたときに、これでようやく神をのろって死ねると言ったんだよ、これが偉いと言わずとして何と言うんだ」。
私は、あるいは皆さんもそうかもしれませんが、このエピソードを初めて聞いたとき、まるで禅問答のように難しく感じました。
しかし信仰生活を踏む中で、少しずつわかってきたような気がするのです。
クリスチャンの恵みは、神の子どもとして、何でも打ち明けることができることだ。
いや、打ち明けるという生ぬるいものではなく、たとえのろいの言葉であろうとも、神にぶつけることができるのだ、と。2.
 詩人は、神様へののろいのことばから口を開きました。
しかし最後にはこう気づきます。「私は虫けらです。人間ではありません。人のそしり、民のさげすみです」と。
苦しみというトンネルに出口の光が見え始める時、それは私たちが己の限界に気づく時です。虫けらのような自分の小ささを痛感する時です。
自分を覆っている虚栄や殻を脱ぎ捨てて、自分が裸でしかないということに目を向けざるをえない時です。
心がすっ裸の状態になって、そこで初めて、神が苦しみの中で私を招いている、そのか細い声が聞こえてくるのです。
 先週の火曜日、教会員のA兄のお祖母さまが天に召されました。
お祖母さまは月一回のカナン訪問でも顔見知りでしたし、A兄から礼拝の中でお祈りの要請もありましたから、すぐに顔が思い浮かびました。
彼のお母様からまず教会に連絡が来て、私も急ぎ、ご自宅を訪問させていただきました。
A兄はお祖母さまから本当にかわいがられていましたので、彼の精神的ショックは大変に大きいことがわかりました。
彼は私にこう言いました。「これが神のみこころなのかわからないが、いつかはわかるということを信じて、受け止めたい」。
クリスチャンとして、正しい言葉かもしれません。でも私は彼にこう言いました。
「愛する人が亡くなったとき、これが神のみこころだと言って納得できる人は、一人もいない。
涙を流してもいいし、わめき叫んでもいいし、神に対して○○と食ってかかったっていいんだ」。
すると彼は、「神のみこころなんて、わからないし、わかりたくもない」と言いました。
自分でもすごく勇気のいる言葉だったでしょう。でも私は心の中で「良く言った」と思いました。

3.
 「わが神、わが神、どうして私をお見捨てになったのですか」。それはそのときの彼よりも、もっと勇気のいる言葉だと思います。
旧約の詩人はともかく、イエス・キリストにはこんな言葉を言ってほしくなかった、と思ったのが、若い頃の自分でした。
しかし今では、「良く言ってくださいました」という感謝でいっぱいです。
イエス様がこうだから、私も遠慮なく、神様にもの申すことができるからです。
詩人の叫び、そしてイエス様の叫びは、本来すべての人間が叫ぶべき叫びでした。
罪のゆえに、どんなことをしても神に近づくことができない私たちひとり一人が、叫ぶべきものでした。
イエス様は、私たち罪人の身代わりとなって、神から引き離された絶望を叫んでくださったのです。
 しかしイエスが十字架の上で苦しまれている姿を見て、人々はこう言ったのです。
「神が助け出したらよい。神のお気に入りなのだから、神に救ってもらったらいい。本当に救い主ならば、十字架から降りてこい」。
人は、イエス・キリストを十字架につけたのが自分なのだということがわかりません。
神の子が父なる神と引き裂かれるような痛みを味わっているのは、他ならぬ自分の罪のせいなのだということがわかりません。
しかしイエス・キリストは、罪の意識すらない私たちのために、自分のいのちすべてを捨ててくださった方なのです。
聖書は言います。イエス・キリストは神の御姿でありながら、神のあり方を捨てて、この世に生まれてきてくださったのだ、と。
神の子でありながら、最後には極悪人として十字架にかけられました。
神の子でありながら、神にのろわれた者として十字架にご自分から向かっていかれました。
手足に釘を打たれ、人々につばを吐かれ、あざけられても、すべての人の罪の身代わりとして十字架で死ぬことをためらいませんでした。
ここに、私たちにとって、本当の救いがあるのです。

 どうかひとり一人が、苦しみの中で自分の弱さに気づきますように。本当の自分から目をそむけることのないように。
そして虫けらのような自分のために死んで下さったイエス・キリストに目を向けることができるように。
このお方から目を離すことなく、いのちのことばをしっかり握って、歩んでいくことができるように。
posted by 近 at 09:56 | Comment(0) | 2017年のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: