最近の記事

2017.5.28「何をささげるのか」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。週報はこちらです。

聖書箇所 『創世記』4章1-16節 

1.
 子どもに名前をつけることは、親にとって最上の喜びではないかと思います。
かつて同盟教団の理事長をされた岡村又男先生という牧師先生がおられます。
ご両親が女の子を願っていたのに男の子ばかり続けて産まれるもので、また男かというため息まじりにこの名前になった。
そんな噂がありますが、本当かどうかはわかりません。
 自分たちの犯した罪によって楽園を追放された人類の始祖アダムとエバは、自分の長男にカインという名前をつけました。
カインが後に犯したあまりにも恐ろしい罪により、カインという名前は悪いイメージがありますが、それは神への感謝を意味する言葉だったのです。
カインは、ヘブル語でカーニーシ、神が得させてくださったという言葉から来ています。
アダムとエバは、最初の子どもが生まれたときに涙を流して喜んだのではないでしょうか。
神様に逆らって罪を犯した私たち夫婦に、神様は子供を得させてくださったのだ。
彼らが楽園を去る前、神はエバから生まれる子孫が蛇の頭を踏み砕くという預言を与えておられました。
もしかしたらこの子が、その約束そのものか、あるいはこの子の子孫から、そのような者が生まれるのではないか。
 カインという名前がここまで両親の希望が込められていたのに対して、アベルに対しては名前の言われもなく、あっさりしたものです。
明らかにカインは両親の期待と信頼を背負っていた名前でした。
たとえ彼が後にどれだけ大きな罪を犯してしまうとしても、彼にかけられていた両親の期待と感謝、そして喜びは決して無視することはできません。
カインが両親に愛されずすさんだ心を持ち、アベルがその逆だったという姿を、聖書から読み取ることはできません。
むしろ、両親は表向きには信仰継承に成功していたと言えるでしょう。
二人とも、兄は地の作物を、弟は飼っていた羊からささげものを選んで、神を礼拝していたからです。
しかし両者のいけにえが明暗を分けます。「神はアベルとそのささげものには目を留めたが、カインとそのささげものには目を留められなかった」。
なぜアベルのささげものは受け入れられて、カインのささげものは拒絶されたのでしょうか。2.
 私たちは、今の聖書のことばを注意深く読み取らなければなりません。
神が目をとめたのはアベルのささげもの、目をとめなかったのはカインのささげもの、そういう風には書いていないのです。
カインと、そのささげもの。アベルと、そのささげもの。ささげものは二番目です。真っ先に来るのは、カイン、アベルという人です。心です。
神様は野菜が嫌いでお肉が大好き。そんなことは冗談でも決してあり得ないことです。
神が見ているのはささげものではなく、アベル、カイン、それぞれの心、つまりささげものの背後にある、心の中を見ておられます。
アベルは自分の飼っている羊の中で初めて生まれた子の中から、それももっとも傷のない、最上の小羊を持ってきた、とあります。
はためには二人のささげもの、そしてささげる態度には大した違いがないように見えます。しかし主は心を見られる方です。
アベルはそのささげるということを通して、最上のものを失ってでも、神との交わりを恋い慕う様子が生き生きと現れている。
しかしカインはそこには喜びよりも一つの義務的な行動としての要素が強かった。それがこの両者を分けたのです。

 今日のできごとは、人類史上最初の殺人事件ということができます。それは何と家庭内で起きたものでした。
しかしさらに言うならば、それは礼拝の帰り道で起きたのです。ここに私たちへの警告があります。
すなわち、礼拝で私たちは何をささげるのか、ということです。
ある人は言うでしょう。私は礼拝を休んだこともなく、率先して奉仕に励んでいる。他の人の手本になるような姿を心がけている。
まるある人はこう言うかもしれません。私は忙しい仕事の合間を縫って礼拝をささげている。
家に帰ったらもう夕方になっているほど、礼拝だけでなく教会の活動にすべてをささげている。
しかし神は、私たちがそのように意識している、その心の中のさらに一枚皮をめくったところにあるところの思いを見ておられます。
紙幣をささげ、時間をささげ、体力をささげている。しかし心をささげるにまさる礼拝はなし。
カインは、ものはささげても心はささげていませんでした。しかしアベルについて記した一行が示しています。
アベルは、ささげるという礼拝行為を通して、神様との生き生きとした交わりを求めていました。
神様はそのカインの心の中を見て、それを気づかせるためにささげものに目を留められなかったのです。

3.
 しかしカインが抱いた思いは、罪への悔い改めではなく、神に恥をかかせられたという憤り、そしてアベルへの嫉妬でした。
5節後半、「それで、カインはひどく怒り、顔を伏せた」。「顔を伏せる」とは、自分から神の御顔を仰ぎ見ることを避ける、ということです。
カインはなぜ自分のいけにえが受け入れられなかったのかを考えようとしませんでした。彼が自分の心の声に耳を傾ければ聞こえたはずです。
神が、カインその人を見捨てられたのではなく、彼が本当の礼拝とは何か、本当のささげものとは何かを学ぶためであったことを。
しかし彼は自分の過ちに気づいてはいても、それを悔い改めることができませんでした。プライドがそうさせたのかもしれません。
しかし主はカインのその心のすべてを知っておられました。そして母が子を諭すように、優しく語られました。
6節をご覧ください。「なぜ、あなたは憤っているのか。なぜ、顔を伏せているのか。あなたが正しく行ったのであれば、受け入れられる。
ただし、あなたが正しく行っていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである」。
 じつはこれが本当の礼拝です。礼拝は心穏やかに神のことばを待ち望むという、生やさしい時間ではありません。
むしろ本気で礼拝する人間は、感謝の前に不愉快な時を過ごさなければなりません。
なぜなら礼拝では、私たちの罪が示されなければならないからです。
説教は人生に役立つ金言集ではなく、神のことばの宣言であり、それは私たちの心の深みにある罪をえぐり出します。
罪の指摘のない説教はまことの説教たりえず、罪を悔い改めようとしない会衆は、まことの聖徒たりえません。
礼拝には確かに喜びがあります。しかしそれは寄席や映画のように現実のイヤなことを忘れさせてくれる楽しさから生まれるものではありません。
罪人がはっきりと罪を示され、それでも私たちを愛し、赦してくださる神へのあふれる感謝から生まれるものです。
もし私たちのささげる礼拝が、そこに集う者たちの罪を示すまことの礼拝であるならば、そこに招かれた私たちは、必ず救われます。
カインのように、ただ義務感から礼拝に赴き、心の伴わないささげものをささげるだけの者になってはなりません。
聖書は私たちに、カインの姿を通して警告します。あなたがささげるべきものはまずあなたの心であるということを。
そのささげた心を主は取り扱われ、そこにある罪を確かに示されます。それを認めることは決して楽しいことではありません。
しかし罪を認め、悔い改めに導かれる生活こそ、神が私たちに望んでおられることです。
さあ、これからの一週間、私たちは自分たちの罪にふたをするのではなく、神様に取り扱っていただいて歩んでいこうではありませんか。
posted by 近 at 14:00 | Comment(0) | 2017年のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: