最近の記事

2017.8.27「心を耕されよ」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
教会には毎週たくさんのダイレクトメールが届きますが、「なぜこれをウチに送ってきた?」と首をかしげるものも少なくありません。
先日届けられた、『事例式 寺院・墓地トラブル解決の手引』(新日本法規出版)も、そんな中のひとつ。
チラシには「寺院と檀家などの間で生じるさまざまなトラブルをこの1冊で解決!!」とあります。
事例紹介をめくってみると、ひとつとしてキリスト教会の墓地についての記載はありません。なぜ送ってきたのでしょうか。
なるほどお寺の世界はこうなっているのかという知識はつきますが、ちょっと内容が過激です。
「寺の方針に異議を唱える檀家を離壇させたい」
「破門した弟子から賃金を要求されてしまった」
「宗務総長選挙に落選したので宗派離脱の通知をした」
「教師資格のない息子を後任住職にするため、宗派を離脱し単立化したい」
しかしもちろんこれらは極端な例で、宗教は違えど「わかるわかる」と思うような事例もありました。
「住職の妻や息子は、もっと寺に関わるべきだと言われた」
「寺の将来を考え何かイベントをするべきだと檀家から言われた」
「早朝の鐘の音がうるさいと苦情がある」「自宅から墓地が見えて不愉快だと言われた」
住職の家族も、牧師の家族と同じ悩みを抱えているのでしょうか。週報はこちらです。

聖書箇所 『マタイの福音書』13章1-23節 

1.
 牧師になるために私が神学校で学んでいた頃、ある先生が神学生を相手に、この箇所から語ってくださいました。
イエス様が教えられた、種が成長するために大事なことは、どんな種をまくかではない。だれが種をまくかでもない。
問題は、どこに蒔かれたか、ということなのだ。
だから君たちは、将来教会に遣わされた時には、どこからみことばを語るかで、悩んではいけない。
自分の説教のまずさを嘆いてはいけない。だからもし信徒が君たちの説教を批判してきたら、「土が悪かったんだ」と胸をはれ。
しかしそれは心の中の確信にとどめておいて、素直に「ごめんなさい」と謝りなさい。それが牧会の長続きするコツである、と。
 聞いていた神学生は苦笑しましたが、確かにイエス様が丹念に語っているのは、
何を蒔いたか、だれが蒔いたか、ではなく、どこに蒔かれたか、ということであることは間違いありません。
道ばた、薄い岩地、茨の中、柔らかい地、そのどれも、みことばという種を受け止めた人の心を表しています。
この道ばたや柔らかい地というのは、その人のそれまでの人生経験や家庭環境から作り出されるものではありません。
幼い頃から両親の愛に育まれ、教養に溢れた人でも、道ばたのように、みことばに対して頑なな心を持つ人がいます。
かと思うと悪習慣や犯罪に手を染め続けていた人が、たまたま聞いたみことばに心を突き刺され、人生を180度変えられる、
すなわち柔らかい地であった人がいます。それは100%、人ではなくて聖霊なる神の働きです。
その日、礼拝が始まったときにも、抱えている仕事の不安が落ち着かず、心そぞろであった人が、
その礼拝の説教を通して、自分の不信仰を示されて、悔い改めるということがよく起こります。
これは、道ばたとか柔らかい地というのが、人間の力ではなく、聖霊なる神の働きによることを示しています。
だから私たちは、今、自分の心がどうであろうと、今までの生活がどうであろうと、
自分は道ばた、自分は茨、と自己評価する必要はありません。ただひとつ、聖霊なる神が私の心から石を取り除き、クワで掘り起こし、
みことばを受け入れることのできる柔らかい地に変えてくださいと願いながら、みことばを受け止めていきましょう。2.
 では、実際にこのたとえに描かれている、種をそれぞれ見ていきましょう。
日本では、種を蒔く前にまず土を耕し、畝を造り、そこに丁寧に種を埋めていきます。
しかしイスラエルでは逆に、先に種をまき、その後土を耕していきます。
まず最初に蒔かれた種は道端に落ちました。
それはみことばを聞いてもすぐにサタンに持って行かれてしまう心だと言われています。
では道端とは何を指しているのでしょうか。
多くの人の足によって踏み固められ、根を伸ばすにはあまりにも固いところ、それが道端でした。
私は中学生の頃、ある先輩から「優柔不断」と言われたことがありました。
意味を知らなかったので、どんな字ですかと聞いたら、先輩が地面に書いてくれました。
「優しい、柔らかい、断らない」、褒め言葉だと思って、家に帰って親に話したら、呆れた顔をされました。
道ばたのような硬い心は、じつは優柔不断ということがあります。
多くの人の足で踏み固められているというのは、
色々な人の言葉に左右されて、神様へのまっすぐ一直線の信仰を持つことができない、ということでもあります。
聖書がはっきりと答えを示しているのに、人の言葉が気になり、回りに合わせて、それに従えない。
そうこうするうちに、サタンがみことばを持って行ってしまう。
せっかくみことばが心に蒔かれたのに、この世の常識や慣習に妥協し、みことばを忘れてしまうならば、心は道端です。
それに気づいたとき、次のみことばを思い出してください。
ピリピ4章13節、「私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです」。
妥協に陥りやすいわがたましいを主よ、砕き給えと祈りつつ、日々歩んでいきましょう。

3.
 第二の種は、土の薄い岩地に蒔かれました。イエス様はこう解説します。
土が薄いためすぐに芽を出すが、根がないためすぐに枯れてしまう種、
それはすぐにみことばを受け入れるが、迫害や困難が起きるとすぐに枯れてしまう人々だ、と。
なぜ根を伸ばせなかったのでしょうか。それは下に広がる厚い岩盤のせいです。
上には柔らかだが薄っぺらい土の層、下には固く、厚い岩の層。これはうわべだけの信仰とまことの信仰とを表しています。
多くの人々は、信仰をあたかもこの薄っぺらい土の層のように見ています。
神を信じれば苦しみはやってこない、今抱えている問題も解決される。それは必ずしも100%間違いではありません。
人間の抱えている悩みの多くは、依存と執着が原因ですから、信仰をもって問題から解放されるということもあります。
しかし問題から解放されるから信じる、というのは危険です。信じたからこそ起こってくる問題というのもあるのです。
キリストを信じたゆえに起こる迫害、自分の罪を知ったがゆえの葛藤、自分のためにではなく神のために生きていく献身、
地上のいのちよりも永遠のいのちを優先する犠牲。その一つ一つが、岩のように固く、厳しい戦いです。
しかしキリストは言われました。砂の上にではなく、岩の上に家を建てよ、と。
犠牲を伴う信仰を恐れていては、決して岩に根を生やした生活を建て上げることはできません。
私たちが素手で岩をうがってでも信仰の根を下ろしていく時、炎天にも耐えることのできる芽を出すことができるのです。

4.
 第三に登場する種は、茨の中に蒔かれました。それは先の二つとは異なり、根を下ろすのに十分な柔らかな土もありました。
しかし信仰が芽を出しただけでなく、茨、すなわち世の心遣い、富の惑わし、その他色々な欲望も芽を出して絡みついてきました。
信仰生活の祝福と、経済的あるいは人間関係の祝福を混同してはならないのです。
経済的にも潤い、社会的にも成功し、周囲との関係もうまくいっている。
しかしクリスチャン生活の本質はそのような目に見えるものではありません。
目に見える祝福は、かえってみことばに対する飢え乾きを奪ってしまいます。旧約聖書の箴言には、こういう祈りがあります。
「貧しさも富も私に与えず、ただ、私に定められた分の食物で私を養ってください。
私が食べ飽きて、あなたを否み、「【主】とはだれだ」と言わないために。
また、私が貧しくて、盗みをし、私の神の御名を汚すことのないために。」(30:8,9)
富は神の祝福ですが、その輝きに依存してしまったら、みことばを塞いでしまう茨になります。
宗教改革前夜、カトリック教会が王や皇帝をしのぐほどの富と権力を持った時代がありました。
教会に山積みにされた金貨を見上げながら、時のローマ法王は側近にこう語りかけたそうです。
「金銀は私にはない、とペテロが言った時代はもう過ぎ去ったな」。すると側近はこう答えました。
「そうですね・・・しかしそれに続くペテロの言葉、イエスの御名によって歩け、と言うことができた時代も過ぎ去りました。」
人は、神と富両方に仕えることはできません。私たちの生活に絡みつく茨に気づき、それを取り去らなければなりません。

結.
 最後に出てくる種は、良い地に蒔かれました。イエス様は、こう解き明かしています。
23節、「良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いてそれを悟る人のことで、
その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。」
みことばを真剣に聞く者は、必ず実を結びます。確かに人によって30倍、60倍、100倍といった違いはあるでしょう。
しかし数の違いは決して問題ではない。30倍と100倍の違いは3倍強ですが、30倍そのものの大きさに到底及びません。
他人と比較して生まれる数字ではなく、ただ神が私に与えてくださった数字を喜びましょう。
種が私たちひとり一人だとするならば、実を結ぶのは私たちの努力によるのではなく、ただ良い地に蒔いてくださった神によります。
農家が収穫まで数え切れないくらい畑に足を運び、風の日も嵐の夜もひとつ一つの苗に注意を払い、ひたすら収穫を待ち続けるように、
神は私たちがやがて数十倍、数百倍の実を結ぶのを待っておられます。
私たちの心は時には道端のように固くなり、茨に囲まれて誘惑に直面します。
そのたびごとに御霊に祈りましょう。わがたましいを砕き給えと。
posted by 近 at 18:02 | Comment(0) | 2017年のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。