最近の記事

2020.3.22「分かち合うために下られた」(ヨハネ13:1-17)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。

 新型コロナウイルス対策で、教団理事会から通達が届き、換気だけではなく礼拝時間の短縮に対する提言もありました。
新潟の諸教会の中にも、主日礼拝以外の集会を一切中止しているところもあるようです。
東京ほどではありませんが、新潟でも感染者が増加しております。
そこで明日の第二礼拝は、説教の前後に5分間の換気(黙想)を行うほか、最低限のプログラムで行い、時間の短縮を図ります。

 問題は、その一週間後。4月第一週の聖餐式をどうするか。
当教会含めて、多くの教会では月一回(第一週)聖餐式を実施しています。
この「頻度(回数、間隔)」自体は、明確な聖書的根拠があるわけではありません。
年一回のところもあれば、毎週実施しているところもあります。第何週に行っているかも、教会によってまちまちです。
聖餐式を必ず月一回はしなければならない、というのが単に「伝統だから」ということであればそれに執着する必要はありません。
ウェットティッシュを用意して実施する、というのも、もちろんOKです。
しかしそれでも不安を感じながら聖餐を行うようであれば、あえて中止を選ぶこともありかと思います。
 当教会では、現住陪餐会員の要件として、「過去一年以内」に聖餐に与ることとしております。
しかし毎月はじめに聖餐を受けなければ、その月の歩みが祝福されないという考え方になると危険です。
聖餐は信者にのみ許されたものであり、神からの賜物ですが、「お守り」ではありません。
「最後の晩餐で提示された、主の命令だから」が「伝統だから、決まりだから」と同じ意味合いになってしまうことも避けなければなりません。
パウロは最後の晩餐での宣言に言及しつつも「これを受けるたびに主の死を告げ知らせる」という積極的・宣教的な意味を与えています。
4月に比べて5月がどうなっているかは予想出来ませんが、改めて聖餐の意味についてみなで考えてみるのもよい機会でしょう。

 ところでインフルエンザのほうが死亡率も高いはずですが、なぜ新型コロナウイルスがインフルの影響力を凌駕しているのでしょうか。
それは言うまでもなく、ワクチンが開発されていないからです。
そして無症状の感染者が知らずにインフルエンサーになっている可能性があることも不安を招いています。
言葉を選ぶ必要がありますが、これはまさに、私たち教会がふだん説いている「罪」のメカニズムそのものを彷彿とさせます。
生まれつき人間は、自分が罪人であることがわかりません。しかし着実に、その人だけでなく、家庭や社会をも蝕むのが「罪」です。
 それに対するワクチンはどこにあるのでしょうか。
明日、全国の諸教会で語られる説教を通して、「罪」に対する唯一のワクチンが提示されます。提示されなければなりません。
当教会でも礼拝のネット中継を行います。当教会の会員でなくても見るのは自由。集会献金も不要です。
しかしこのワクチン(福音)を誰かに伝えていく決意の中で、スマホやPCを通して、この礼拝を共有していただけたら幸いです。

週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』13章1-17節



序.
 今から何十年も昔に聞いたジョークですが、あるとき、アメリカ大統領がさる国の高官と秘密会談を行ったことがありました。
マスコミに悟られないために、会談場所はニューヨークのダウンタウンにある小さなレストラン、
またさらに秘密を守るために、大統領の付き人は、通訳もできる、運転手一人のみ、と徹底した秘密会談でした。
ところがあろうことか、ニューヨークのダウンタウンは迷路のようなところですので、運転手もどこを走っているのかわからなくなってしまいました。
約束の時間は、刻一刻と近づいています。最初は後部座席でふんぞり返っていた大統領も焦り、とうとう車を停めさせました。
そして運転手に一言、「私が運転するから、君は後ろに座っていなさい」。運転手は恐縮しきり、(せめて通訳で挽回しよう)と思いました。
ところが運転手でさえわからない道を、大統領が走れるわけがありません。
一方通行を何度も逆走し、気がついたときには一台のパトカーがサイレンを鳴らして後ろについていました。
 観念した大統領は路肩に車を停めました。パトカーも離れて止まり、二人組の警官の内、ひとりが車に近づいていきました。
ところが警官は中に乗っている人物を見て、びっくり仰天。急いでパトカーで待っていたもう一人のところに戻って、こう言いました。
「相棒、だめだ。こいつはさすがに大物すぎる。もし逮捕でもしたら、俺たちのクビが飛ぶぞ」
「どうした、市長でも乗ってたのか」
「いや、市長なんてもんじゃない、もっと大物だ」
「じゃあ、ローマ教皇か。それとも国連の事務総長?まさか大統領とか言わないよな」
「いや、もっともっと大物だ。見たことのない顔だが、なにしろ大統領に運転手をさせているような男なんだからな!」

1.
 この運転手が、大統領より大物に思われたのは、明らかに警官たちの勘違いでした。
しかしイエス・キリストを救い主として信じる者には、勘違いでも自己満足でもなく、実際に、この運転手と同じことが起こります。
つまり、私たちの功績によるのではなく、ただイエス・キリストが認めた者であるがゆえに、
私たちは、父なる神様がイエス様に与えてくださったすべてのものを、私たちも受け取ることができるのです。

 今日の聖書箇所は、イエスさまが十字架にかけられる直前、過越の食事と言われる場面でのできごとです。
突然、イエスさまは上着を脱ぎ、手ぬぐいを腰にまとい、弟子たちの足を洗い始めました。
それは、師であるイエスさまが、弟子たちの足を洗うということを通して、互いに謙遜をもって仕え合うことを教えています。
しかしそれだけではありません。3節に注目してみてください。イエスさまが手ぬぐいをもって立ち上がったのは、
父が万物を自分の手に渡されたことを知り、ご自分が神から出て神に行くことを知った」ときであった、ということです。
父なる神は、十字架に至るまで忠実に歩まれたイエス様に、あらゆるものを与えてくださいました。
そしてイエスさまが、弟子たちと同じところにまでへりくだって、彼らの足を洗われたのは、
イエスさまが与えられたすべてのものを、弟子たち、いな、私たちと分かち合うことをよしとされた、ということでもあります。
師であり主人であり、さらに万物の支配者であるイエス・キリストが、ご自分を低くして、弟子の足を洗うしもべとなってくださったこと。
それは裏返してみると、本来弟子であり奴隷である者たちが、もはや弟子でも奴隷でもなく、イエス・キリストの友とされた、
そしてイエスさまがゆだねられた万物をともに手渡された者として、高く引き上げられた、ということなのです。

2.
 古代社会において、「友」とは、仲がよいとかいうことよりも、まず意味することは、「対等の立場にある者」というものでした。
イエスさまは、父なる神から万物がご自分の手に渡されたと知ったとき、弟子たちをもはや弟子とはご覧になりませんでした。
ご自分と対等な関係にある「友」としてくださいました。
万物の支配者であるイエス・キリストが、ご自分と対等な関係、友として、弟子たちをお認めになった、ということ、
この事実は、決して薄めてはならないことです。まさに信じる者たちに与えられた、驚くべき恵みです。
父なる神が、イエス・キリストのために用意された、あらゆる栄光、力、祝福。
それをイエスさまは弟子たちにも与え、ともに喜ぶ特権を与えてくださいました。
この11人の弟子だけではありません。イエス・キリストを信じるすべての者に、父、そして御子は、祝福を与えてくださったのです。
たとえ私たちがそれを受けるにふさわしくない者だと思っても、そんなことは一切関係ありません。
万物の所有者たるイエス・キリストは、私たちをご自分と対等である友と認め、あらゆる祝福を受け取る者としてくださったのです。

 私たちは罪人として生まれました。万物の支配者であるイエスさまにとって運転手や鞄持ちにさえ、なり得るはずのない者でした。
しかしただイエスさまに同行していたというだけで、私たちは父なる神から、イエス・キリストに用意されたものと同じ祝福をいただくのです。
イエスさまを救い主と信じた者は、もはや永遠の滅びが待ち受けている罪人ではなく、奴隷でもありません。
すべての所有者であり、あらゆる者たちの支配者であるイエス・キリストと、すべてのものを共有するのです。
聖書は、イエス・キリストが弟子たちに対して「その愛を残るところなく示された」と語ります。
この言葉の意味は、自分が持っておられた祝福をすべてからになるまで私たちに注いでくださった、ということです。
イエスさまの愛も祝福も無限であり、からになるということはありません。
しかしそのような極端な表現を用いてでも、聖書は私たちに伝えます。
私たち罪人と同じところにまで降りてこられ、そして信じた罪人をご自分と対等なところにまで引き上げてくださったのが、イエスさまなのだ、と。

3.
 このイエス・キリストが、私たち罪人のために十字架でいのちを捨ててくださったのだということを信じることができますか。
信じる者を、父なる神様は、あたかもイエスご自身と同じように、神の子どもとして扱ってくださいます。
ペテロは、師が弟子の足を洗うなどとんでもないことだ、という当時の常識を持っていました。だから彼は洗わないでくださいと言いました。
それは、当時の常識に照らせば正しかったのですが、信仰に照らしてみたら間違っていました。
イエスさまは弟子たちの足を一人ひとり洗いました。足とは人の歩みを象徴しますが、実際のところ、人の歩みを決めるのは、その人の心です。
あなたの心に触れ、そこにある汚れを洗い落とそうとするイエスの御手を受け入れるならば、私たちは、神との親しい交わりに生かされるのです。

 救われる喜びというのは、罪を犯さなくなる達成感ではありません。
罪を犯してもそれを告白して悔い改める者に与えられ続ける、圧倒的な安心感です。
私たちはイエスさまを救い主として信じることを通して、完全に罪が赦され、きよい者とされます。しかしその後も、罪を犯し続けてしまいます。
それでも、私たちはもはや罪の奴隷ではなく、イエスさまから友と呼ばれ、父なる神様から、わが子よと呼びかけられている者たちです。
罪を犯しても、それでも神様は私たちを離そうとはしません。
いつでも、一人ひとりの足を洗いながら、私たちの傷をいやし、私たちの汚れを洗ってくださるお方です。

 このイエス・キリストを信じるときに、私たちの心は内側から造り変えられていきます。
人に仕えさせる人生から、人に仕える人生へ。与えられることを願う人生から、与えることを願う人生へ。
相手に自分の足を洗わせる人生から、自分から相手の足を洗う人生へ。
それがイエスさまの命令だから、とか、クリスチャンはそうあるべきだから、ではなくて、互いに仕え合うことが自然に喜びとなる心に変えられます。
イエスさまは私たちにすべてのものをゆだねてくださいました。それは支配するためにではなく、共に喜び合う者となるためです。
まるで氷河期のように、人と近づくことを恐れ、手を繋ぐこともできないような日々の中で、今日のみことばが語られたことにも意味があります。
私たち一人ひとりが、互いに仕え合う者となるように。イエスさまは、模範を示してくださいました。
イエス・キリストを救い主として信じるとき、私たちの心と人生には、決して奪い去られることのない平安が生まれます。
どうか、この幸いを心の中に受け止めてください。

posted by 近 at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2020年のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187319830

この記事へのトラックバック