最近の記事

2021.4.18主日礼拝説教「みことばなるイエス」(ルカ24:28-43)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師、近 伸之です。
今回の説教の中で、「棚からぼたもち」について、とても怒っているくだりがあります。コロナ禍のなかで情緒不安定と思われてしまうのもアレなので、誤解がないように説明しておきたいと思います。
たなからぼたもち【棚から牡丹餅 (ぼたもち)】
 労せずして思いがけない幸運に巡り合うことのたとえ。たなぼた。(大辞林)
 今から15年以上前の話ですが、わが同盟教団の聖会にて関西のある牧師が大声でこんなことを言ってました。
「たまたま公募をネットで見て、この前(2005年9月)衆議院議員に当選した杉村太蔵氏は『棚からぼたもち』と言ってました。私たちクリスチャンにとっても、救いの恵みはまさに「棚からぼたもち」ですよね。みなさん、そうは思いませんか?」
 思いません。しかし少なくない牧師たちが、喜んで拍手をしていた姿をおぼえています。
「棚からぼたもち」は、何の努力もしていないのに、たまたま良いものを手に入れることのたとえです。確かに聖書は「救いは恵みである」と教えています。しかしそれは「努力もしていないのに救われた」ではなく、「救いは努力の結果ではない」ということです。それはまったく似て非なるものと言えるでしょう。私たちはどれだけ努力をしても、それ自体で救いを獲得することはできません。しかしそれは努力という行為そのものを否定することではありません。「努力」を「信仰」の反対語のようにとらえるクリスチャンもいますが、信仰は神からの賜物であるという受動性と同時に、私たちの意思と行動による能動性を持っています。イエスから肉体的・社会的・霊的回復をいただいた多くの人たちが、主から「あなたの信仰があなたを救った」と言われていることはそれを表しています。信仰は人間が何もしないということではありません。信仰を働かせながら知性と心を働かせ、全力で祈りつつ全力で働きます。むしろ「努力」という言葉自体が、信仰生活の切磋琢磨として語られており(ピリ2:16、Uペテ3:14)、「求め続けなさい、そうすれば見つかります」というイエスによる山上の垂訓の一節も同様です。
 私たちは努力によって救われたのではありません。しかしその努力の過程における、自分自身のありのままの姿に対する疑い、失望、その葛藤の先に、自分自身を捜し求めていた神のあわれみを見いだし、救われた者たちも多いはずです。神の前に、これだけ努力をした、と誇ってはなりません。そんなことをしなくても、表面には現れることのない努力を神は見つめていてくださり、私たちに想像もできない賜物をもって報いてくださるのですから。ちなみに杉村太蔵氏も、口では「棚からぼたもち」と冗談めかしていましたが、彼の経歴を調べてみると、議員になる前も後も相当の努力をしていることがわかります。ただ存命の人をあまりほめるといけませんので、この辺にしておきましょう。

 先の体験は、とりあえずオモロイことを言っておけばOK」という関西のノリ(関西の方ごめんなさい)かもしれませんが、まだ教師になって4年目だった私はなんだか軽い教団だなあと思いました。あれから15年、まあ軽いところもありますが、幅があって、いい教団ですよ。右はハイパーカルヴィニストから左はカリスマスタイリストまでいますからね。週報はこちらです。





1.
 先日、「奇跡」「復活」という大きな見出しが、テレビや新聞を賑わせました。残念ながら、イースターの案内ではありません。
白血病を患いながら、必死のリハビリを続けて復活、奇跡の四冠を果たした水泳選手、池江璃花子さんをたたえるニュースです。
「神様は耐えられないような試練には会わせないはずだ」というのが、リハビリを支えた言葉のひとつでもあったということです。
あるクリスチャンの選手が手紙に書いた聖書の言葉が、オリンピックを目指すアスリートたちのあいだに広まっていたみたいです。
奇跡の復活を果たした池江選手は「努力は必ず報われる」という言葉も語り、話題となっています。
確かに、奇跡は努力の反対語ではありません。神の恵みは、何の努力もしていないところに突然降ってくる、棚からぼたもちではないのです。
 聖書は、人は行いによっては救われない、と語っています。恵みは、行いに対する報酬ではなく、ただ神の一方的なプレゼントです。
しかしそれは、人の努力までも否定しているわけではないことに気をつけましょう。キリスト教は怠け者になることを勧める宗教ではないのです。
叩き続けよ、そうすれば与えられる、とイエスは語られました。私は自分の体を打ちたたいて報いを目指す、とパウロは語りました。
叩き続ける、探し続ける、という努力そのものが救いをもたらすのではありません。しかし神は、努力する者の隠れた努力をも見ておられます。
池江選手のような大きな努力はできないかもしれません。しかしどんなに小さな努力でもよい、神がそれを馬鹿にすることはないのです。

 エマオの村に到着した二人の弟子が、先へ行こうとしていた旅人を引き留めて家に泊まらせたことも、そんな小さな努力のひとつです。
彼らはこのときはまだ目がふさがれており、この旅人がイエスだということはわかりませんでした。
しかし彼ら自身が後でお互いに言い表したように、この旅人とともにいると、「みことばが内に燃えている」という経験をしていました。
だから彼らはこの幸いなときを逃すまいと、一緒に泊まってくださいと、旅人を引き留めました。
そのまま行かせることもできたし、先に行きそうなそぶりを見せている旅人に対しては、それが礼儀というものでした。
しかし、彼らは旅人を強いて家の中に招き入れました。そんなものは努力ではない、と思われるでしょうか。
しかしこの小さな努力を軽んじて、キリストを先に行かせてしまい、永遠のいのちを失った人々が、どれだけ多いことでしょうか。
彼らはみことばに耳を傾ける時間も、能力も持っています。しかしはじめから心を閉じてしまい、聞こうとしないのです。
ヨハネの黙示録の中に、イエス様の言葉が記されています。「見よ、わたしは戸の外に立ってたたいている。
だれでも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしはその人のところに入って彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする」(3:20)
まさに彼らは強いてイエスを家にとどめて、みことばが燃える恵みにあずかり続けようとしました。その情熱が私たちにも必要です。

2.
 この旅人が共に歩いてくれなければ、いつまでも結論の出ない議論を続けて歩いていたかもしれない、彼らエマオの弟子たちでした。
彼らはこの旅人を、エマオの、おそらく自宅へと招き入れました。そしてこの旅人は、祝福の祈りとともにパンを裂きました。
そのとき、彼らは目が開かれて、イエスだとわかりました。そして面白いことに、すぐにイエスは見えなくなってしまった、というのです。
今までは目がふさがれていてイエスだとわからなかった、しかし目が開かれてイエスだとわかった瞬間、今度は見えなくなってしまう。
不思議なことですが、しかしイエスは見えなくなったのであり、いなくなってしまったのではない、ということを読み取りましょう。
彼らは気づいたのです。イエスは、みことばそのものであるということを。みことばが語られるとき、そこにイエスはおられる。
みことばが聞かれるとき、そこにイエスはおられる。私がみことばを心に受け入れるとき、私の心の中でイエスが力を与えてくださる。
イエス様は、彼らとずっと一緒に歩みたかったのです。しかし彼らはみことばを忘れていた。
現実に起きた出来事にとらえられて、心の中にみことばを受け入れるスペースがなかった。だからイエスは旅人の姿で近づくしかなかった。
しかし今は違います。目には見えなくなっても、心のうちには燃えたみことばとして、はっきりとその姿を私たちのうちに表してくださる。
二人の中にはいまやみことばが生きていました。いや、みことばであるイエス・キリストが燃えさかっていました。
「道々お話しくださる間、私たちに聖書を説き明かしてくださる間、私たちの心は内で燃えていたではないか。」
そしてすぐに立ち上がり、夕闇が迫る中をエルサレムに向かって駆け出しました。イエスが生きておられることを使徒たちと分かち合うために。
私たちのなかにイエスが生きていることを証しするのは、教会員名簿に何月何日にバプテスマを受けたと書いてあるその日付ではありません。
みことばをだれかと分かち合いたい。イエスの恵みをだれかに伝えたい。そして恵みをだれかから受け取りたい。

3.
 「分かち合い」と聞くと、クリスチャンはどうしても身構えてしまうようです。立派なことを言わなければ、と考えてしまうのでしょう。
しかし安心してください。分かち合いの最中に実際にイエス様が現れたときでさえ、弟子たちは幽霊だと思ってパニックに陥ったのです。
今までの説教のいい流れが全部ぶち壊しです。しかし逆に、私たちはそんなもんだよ、と聖書が慰めてくれているようにも思えます。
深ーい話ができる立派な信者にならなければ分かち合いができない、ということではないのです。
教理をまんべんなく理解していなければ、伝道することはできない、ということでもないのです。
家庭や職場関係にトラブルばかり起きているから、証しなどとうていできない、などと遠慮する必要もありません。
イエス・キリストはあくまでも忍耐強く、私たちの幼い信仰に合わせてくださるお方です。
イエスさまは優しく声をかけられました。「なぜ取り乱しているのですか。どうして心に疑いを起こすのですか」
「わたしの手やわたしの足を見なさい。まさしくわたしです。わたしにさわって、よく見なさい」。
イエス様はあなたにみ手を広げて、この傷を見なさいと言っておられます。その傷はだれがつけたものでしょうか。私がつけたものです。
でもその傷を見つめるとき、罪の悔い改めと同時に、イエス様が確かによみがえられたのだという確信がわいてくるのです。
イエス様は弟子たちの前で、焼いた魚を一切れ召し上がりました。それは、そのあと彼らと一緒に食事をされたということを含んでいます。
じつは聖書の中で、食べるという行為は、常に重要な意味を持っています。善悪の知識の実を食べることで、人は罪を背負う者となりました。
しかしイエスへの信仰によって救われた者は、いずれ永遠の御国で、神の祝宴につき、一緒に食事をする、と聖書には書かれています。
神が私たちと一緒に食事をされるということ、それは和解のしるしです。神はあなたの心の扉を叩き続けておられます。
あなたとともに食事をするために。そして永遠に一緒にいるために。よみがえられた、イエスの招きをどうか心に受け入れてください。

posted by 近 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2021年のメッセージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188606807

この記事へのトラックバック