最近の記事

2016.5.29「必要なのはヒト」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今日は「ライフラインDAY礼拝」でした。
福音放送番組「ライフ・ライン」の働きをおぼえるために、新潟県内に30以上ある支援教会で始めた、特別礼拝日です。
今回は、私も準備が間に合わず、説教の最後にとってつけたようなアピールになってしまい、反省しています。
週報はこちらです。

聖書箇所 『使徒の働き』11章19-30節 


序.
 先々週のことでしたが、この近所をキリスト教の街宣車がまわっていました。
「イエス・キリスト」「十字架」という言葉が聞こえましたので、決して異端のグループではありません。
しかし遠くから聞こえるその街宣車のメッセージ、というか、つぶやきと言ってもよいのですが、それを聞きながら、こう思いました。
「彼らのしていることは尊敬に値するが、これを聞いたこの町々の人々が、これで福音に興味を持ってくださるのは難しいだろう」と。
厳しいようですが、なぜならその伝道は、人々の生活、過ごしている時間に関わりなく、強引にねじ込んでくるものだからです。
そのキリスト教の街宣車のあとに、民進党や共産党の選挙カーも来て、やはり彼らも一生懸命叫んでいましたが、よく似ています。

 確かに彼らは伝えたいモノを持っています。しかしその伝えたいモノが、人々に受け取られるために、どうしてもあいだに必要なものがあります。
それは「ヒト」です。生身の「ヒト」です。
いきなりやってきて、勝手に人々の生活に上がり込んでいく、その場限りの人間関係ではありません。
自分の弱さや欠点を含めながら、十字架の救いとは何か、キリストにある喜びは何か、時間をかけながら伝えていく、否、伝わっていくのです。続きを読む
posted by 近 at 15:37 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.5.15「教会がはじけた日」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。ペンテコステおめでとうございます。(?)
先週の水曜日から木曜日まで、わが同盟教団の特別会議で長野の松原湖バイブルキャンプ場(MBC)に行ってきました。
新潟を出たときはどしゃぶりでしたが、二日目の朝は信じられないほどの快晴。一枚、湖畔の風景を撮ってきました。

DSC00731_3.jpg

しかしMBCの難点はとにかく遠いこと。新潟から高速道路を使っても、車で片道5時間かかります。
しかし良い場所なので、わが教団の経営安定化のためにどうぞご利用ください。週報はこちらです。

聖書箇所 『使徒の働き』2章1-24、36-42節 

1.
 今日、世界中の多くの教会で、この聖書箇所が礼拝説教として取り上げられていることでしょう。
今日はキリスト教会の暦でペンテコステ、聖霊降臨日と呼ばれる日です。
ペンテコステ、はじめてこの言葉を聞いた人はみんなが「ヘンテコ」な名前だなあと思います。
ペンテコステという言葉は、「五旬節」というユダヤ教のお祭りを意味するギリシャ語です。
しかし、キリスト教にとっては、この五旬節は単なるお祭り以上の意味があります。ある人は「教会の誕生日」とも言います。
2000年前のこのペンテコステの日、イエス様が約束しておられたとおり、聖霊なる神が弟子たちひとり一人の上にお下りになりました。
そこから、教会ははじけるのです。
120人の小さな群   それでも、平均30人の日本の教会から見たら、ちょっとした人数です   
彼らがこの日を出発点として、世界中に飛び出していくのです。

 しかしペンテコステに聖霊がお下りになって教会が生まれた、というのは、何もないところに突然何かができた、ということではありません。
朝、学校に行くときには何もなかった隣の原っぱに、夕方帰って来たら家が建っていた、ということではないのです。
生まれるというのは、突然その日にぽん、ということではなくて、何ヶ月かけてお腹が膨らみ、今か今かというカウントダウンの中で生まれます。
120人のクリスチャンたちは、みながひとつの場所に集まって、おそらく祈りをささげていました。
あなたがたに聖霊を送る、というイエス様の約束を信じて、ユダヤ人の迫害を恐れず、いっしょに集まることをやめませんでした。
祈りを積み重ねていく一日一日を繰り返しながら、今日がその日だろうか、主よ、来てくださいと励ましあっていました。
その中で、二千年前の今日、ペンテコステの出来事が起こったのです。

 今日、二千年前のようなペンテコステが起きれば、日本にもリバイバルが起きると言われることがあります。確かにそうでしょう。
しかしそのためには準備が必要です。準備とは、私たちが基本の信仰生活をなおざりにしないことです。
一緒に集まることをやめたりせず、神のみこころは何か、そのために自分は何を生活の中で優先すべきかを考える。
自分のことを優先するのではなく、神に仕えるように人に仕えることを忘れない。
そのような生き方をもって備えていくときに、神さまは私たちを聖霊によって満たしてくださり、語るべきことばを与えてくださるのです。続きを読む
posted by 近 at 17:23 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.5.8「信仰の高みへとよじ登れ」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『マタイの福音書』15章21-28節 

序.
 尊敬する人が、いわゆる裏表のある人だったということに気づくとき、人はそれまでのあこがれが冷めて、失望を覚えることでしょう。
今日のイエス・キリストの姿を見て、それこそ、裏の部分を見て失望する人がいても不思議ではありません。
自分の娘が悪霊にとりつかれて、助けを求めてきたツロ・フェニキアの女に対して、こう言いました。
「わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外のところには遣わされてはいません」、
つまりユダヤ人じゃないやつは、おととい来やがれ、ということです。
それでも必死で食い下がる、この母親に対して、さらに追い打ち。
「子どもたちのパン種を取り上げて、子犬に投げてやるのはよくないことです」。
「子どもたち」はユダヤ人のことです。では子犬とはだれでしょうか。それは今、悪霊に苦しめられている、彼女の娘のことです。
当時のユダヤで「犬」とは最も汚らしいもの、ならば「子犬」が意味するのは、言わなくてもわかりますね。
私たちが、この母親だったら、自分の娘を子犬と呼ばれて、どんな表情をするでしょうか。
何が救い主だ、何が罪人の友だ、と悔しさで顔を真っ赤にし、イエスにつかみかかるのではないでしょうか。
弟子たちから邪魔げにされるのならば、いくらでも我慢できる。でもイエス様にここまで言われたら、いったいどうすればよいのか。
怒りと、混乱と、絶望が入り交じった瞳をイエス様に向けながら、ただ立ち尽くすしかありません。続きを読む
posted by 近 at 19:26 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.5.1「人生を取り戻した日」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』19章1-10節 

序.
 「トラトラトラ、われ奇襲に成功せり」。歴史に興味のある方は、この暗号電文をご存じかと思います。
1941年12月8日、日本軍がハワイの真珠湾を先制攻撃したときに、その攻撃隊の隊長であった、淵田美津雄大佐が送った暗号です。
日本人にとっても、世界史においても、忘れようとも決して忘れることのできない悲惨な戦争がここから始まりました。
敗戦後、彼は人生の意味を失い、何度も自問しました。何のために戦ったのか。何のための人生だったのか。
しかし、ある一冊の本との出会いが、彼の人生を変えました。その本のタイトルは、「私は日本の捕虜だった」。
作戦に失敗して日本軍の捕虜となりながらも、終戦後日本人に福音を伝えるために宣教師になった、元アメリカ軍人が書いたものでした。
そこに書かれていたイエス・キリストを知ったとき、過去に縛られていた彼の心は、解放されました。
そして淵田大佐もまた、その宣教師と同じように、伝道者の道を選びました。
彼は終戦後、罪悪感から自分が真珠湾攻撃隊の隊長であったことを隠していたそうです。
しかしキリストの御名があがめられるために、そしてあの宣教師への敬意も込めて、こんなタイトルの本を書きました。
「私は真珠湾攻撃の隊長だった」。その本を片手に、彼は日本全国を回り、なんとアメリカまでも伝道旅行に行きました。
「ジャップ、リメンバー・パールハーバー」、たくさんのアメリカ人にそんな罵声を投げつけられても、キリストを語り続けました。
そして亡くなるまでのあいだ、キリストのしもべとして歩み続けました。
続きを読む
posted by 近 at 19:24 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.4.24「ほめよ、いと高き神の子を」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
きたる4/29、恒例の「豊栄流茶会」を新潟聖書学園バザーにて開催します。
「ブログを見て来ました」と受付で言うと、なんと!!一席200円が無料に!!(牧師のおごり) ただし教会員は除きます。
toyosaka_tyakai2016.jpg
(ポスター、5MBとかなり重いです。クリックするときはご注意を)
週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』8章26-39節 

序.
 戦前に活躍し、わずか33才で亡くなった天才作家、中島敦の短い小説に、「山月記」というものがあります。
主人公は、若い頃からプライドの塊であった、あるエリートですが、彼は人と出世を争ったり、妬んだり、憎んだりすることを繰り返します。
やがて心の内側で押さえつけていた獣が、いつのまにか彼の外側にさえもあふれだし、彼を人食い虎に変えてしまうという物語です。
中島が伝えようとしたのは、一部のエリートではなく、すべての人間が、そのような獣を心の中に飼っているということでした。
私たちは理性や一般常識、社会道徳などによってそれを押さえつけて、何事もないように生きています。
しかし、イエス様の前に現れたこの人は、心が幾千の悪霊たちに支配されて、そのたががすべて外れてしまったのです。
そこには、自由はありません。ただ憎み、壊し、恨み、傷つけ、殺すというおぞましい感情に流されるだけの一日でした。
ここに出てくる、悪霊につかれた人というのは、決して現代の精神病のたぐいではありません。
たしかにある種の精神疾患は、重度のときに妄想や破壊衝動を伴うことがあります。
そのため、ある人々はこの悪霊につかれた人をその病気と一緒にしてしまい、本人や家族に対して二重の苦しみを与えることがあります。
しかし、この人の心から常に垂れ流されている強烈な破壊衝動は強引に精神疾患に結びつけてはなりません。
むしろ生まれつき罪人であるすべての人間が持っているものだと言えるでしょう。続きを読む
posted by 近 at 15:42 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.4.17「目が開かれた羊」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
熊本・大分地震の被災者の方々の上に、主の慰めと励ましがありますようにと祈ります。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』9章1-41節 

序.
 今日の聖書箇所を読むたびに、私は自分の少年時代を思い出します。
教会では何度も語ってきましたが、私が中学生のとき、突然骨肉腫という病気にかかり、左足を切断しました。
そのときに、よせばいいのに、両親が占い師の所に行って私のことを聞いてきたのです。
するとその人いわく、「坊ちゃんの先祖にお侍がいて、町人の足を刀で切った。その報いが坊ちゃんに今起きているのです」。
父は、自分は無神論者だと常々言っていましたので笑いながら伝えましたが、隣の母親が動揺していたのはよくわかりました。
前世の報いだとか、因果応報だとかいうのは、日本人の中にびっしりとこびりついてるのは確かだろうと思います。
そして、まるでこの弟子たちの言葉も、まるで同じことを言っているかのようです。
イエスは道ばたで、生まれたときから目が見えない人が物ごいとして座り込んでいるのをご覧になられました。
そしてその視線に気づいた弟子たちは、イエスにこう尋ねました。
2節、「先生、彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか」。

 注意してほしいのですが、聖書には、前世だとか、生まれ変わりといった考え方はありません。
しかし人間のはるか先祖、アダムとエバが犯した罪が、脈々とその子孫であるすべての人に受け継がれている、ということは書いてあります。
当時のユダヤ人が陥っていた誤解、いや偏見が、弟子たちの質問には現れています。
それは、すべての人が罪をもって生まれてくるという原罪の教理を、とりわけハンディキャップを持つ人たちに当てはめてしまっていたことです。
後になって、パリサイ人たちは、弟子たちより露骨に、その偏見を直接この人に言い放っています。
「おまえはまったく罪の中に生まれていながら、私たちを教えるのか」と。
罪の中に生まれてきたのは、彼らパリサイ人も同じです。少なくとも、彼らが学んできた旧約聖書はそう教えていました。続きを読む
posted by 近 at 17:58 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.4.10「後ろ向きに前進」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今日の午後は、教会墓地で召天者記念会を行いました。

DSC00617_1.JPG

週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』5章1-18節 

序.
 何十年も前の話です。
新潟市内のある教会で、土・日にまたがる特別集会の講師として、ある有名な伝道者を招いたことがありました。
土曜日の昼前に、若い牧師が新潟駅まで迎えに行き、駅前の食堂で一緒に昼食をとりました。
集会は夜ですので、まだ時間がたくさんあります。そこで牧師はその講師におずおずと聞きました。
「先生、集会は夜ですし、まだホテルのチェックインまで時間があります。もしよろしかったら、市内の名所をご案内しますが・・・・」。
するとその講師はほほえみながら、こう答えました。
「お気遣いに感謝します。しかし私は新潟に観光に来たわけではありません。それよりも先生、いま入院中の方はおられませんか。
突然お伺いしても失礼でなければ、その方にも、今回与えられたみことばを語らせていただきたいと願います」。
青年牧師は、その講師の態度に非常に感銘を受けたそうです。
そして彼もまた、後に特別集会の講師に招かれるようになりましたが、いつも同じことを実践するようにしている、ということです。
 さて、祭りで沸き立つエルサレムの都に上られたイエス様も、祭りを楽しむことを目的とはしておられませんでした。
イエス様が向かわれた先は、祭りの喜びなどまるで無縁な、どんよりとした重苦しい空気が漂う、ベテスダの池。
その水が動くときに一番に入れば、どんな病気もいやされるという噂を信じ、医者に見放された病人たちが集まっていたところでした。
先週学んだ、10人のツァラアトに冒された人のように、彼らは、病を持つ者同士、肩を寄せ合って生きていたのでしょうか。
いいえ、まったくの逆でした。そこはあたかも戦場のようなところだったのです。続きを読む
posted by 近 at 19:31 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.4.3「感謝の心」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。最近、教会でクラフトワーク教室を始めました。
もともとは有志がクラフトで籠を編み、バザーに出品していたのですが、ある方がそのバリエーションで人形作りを教えてくださいました。

DSC00610_1.JPG かわいいフクロウのアベック・・・・じゃない、カップルです。ふう、年がばれる

DSC00608_1.JPG ちょっと雑然としておりますが、みんなで楽しく?制作中。
DSC00612_1.JPG 見よ、子どもたちの真剣な表情。CSでもこれくらい・・・・いやよそう
週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』17章11-19節 

序.
 まず12節の前半をもう一度お読みします。「ある村に入ると、十人のツァラアトに冒された人がイエスに出会った」。
「ある村に入ると」とありますが、実際には「ある村に近づいたとき」と訳すべきでしょう。
なぜならば、ツァラアトに冒された人は、家族と引き離され、それまで住んでいた村から追い出されて、村の外に住むのが決まりだったからです。
ツァラアトという病気がいったいどのようなものだったのか、詳しくはわかりません。
昔の聖書では「らい病」と訳されていたこともありましたが、今ではらい病との関係は否定されており、ツァラアトとそのまま訳しています。
しかしツァラアトがどんな病気であるにせよ、それにかかった人は共同体から締め出されてしまう、恐ろしい病でした。
同じ村の人々と一緒に住むことも許されず、「私は汚れている、汚れている」と叫びながら、生きていかなければなりませんでした。
このツァラアトに冒された十人が、遠く離れた所から声を張り上げてイエスに叫んだのも、そんな厳しいきまりがあったからです。
 しかし彼らは十人とも、ツァラアトとして歩む苦しみを通して、すばらしい信仰をいただいておりました。
それは、見ずに信じる信仰です。彼らはイエス様に叫びました。どうか私をあわれんでください、と。
そしてイエス様はこうお答えになりました。「行きなさい。そして自分を祭司に見せなさい」。
祭司に見せよ、とは、ツァラアトがいやされたかどうかの判断は、祭司がすることになっていたからです。
しかし、考えてみてください。イエス様が行きなさいといったとき、彼らのからだには何も変化が起きていなかったのです。
それでも彼らは、自分に変化が起きたかどうかではなく、ただイエス様のお言葉だけを信じました。
じつに驚くべき信仰です。そして十人が十人とも、祭司のところへ行く途中でいやされたのです。続きを読む
posted by 近 at 17:05 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.3.27「墓に向かえば」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
風邪をこじらせてしまいました。皆さんもお気をつけください。週報はこちらです。

聖書箇所 『マタイの福音書』28章1-10節 

序.
 この地元にある、豊栄図書館と葛塚中学校は、世界的にも有名な建築家・安藤忠雄の設計です。
図書館も中学校もまん丸い形をしており、とくに中学校は遠くから見ると着陸したUFOのようです。
安藤忠雄はまるい形が好きなのかなあと思いましたが、彼が30年前に設計したという、大阪の教会はむしろ逆で、完全な四角形です。
なんでもその教会の役員が安藤の友人で、予算的にも相当無理をいって彼に設計したもらったそうですが、
その会堂の完成模型を見せられた牧師は、おもわずがっかりしたと言います。
まるで棺桶のような直方体の箱に、ただ斜めに仕切りが刺さっているだけのものだったからです。入口も小さく、ぬくもりも感じられない、と。
しかし実際に教会堂が完成し、そこに入ったときに、牧師はじめ教会員は息をのみました。
というのは、そのわずか30坪の箱の中に、光と闇の対比が限界まで詰め込まれているということが素人にもわかったからです。
入口が小さいのは、外から光が入ってくるのを防いで闇を強調するためだった。
そしてその闇を、正面の十字架形の窓からこぼれてくる光が切り裂いていく。
この教会は、「光の教会」と名付けられ、安藤忠雄の代表作の一つに数えられています。

光の教会2015_05_27.jpg続きを読む
posted by 近 at 15:49 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.3.20「絶望はすでに叫ばれた」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『マタイの福音書』27章27-56節 

序.
 「保育園落ちた日本死ね」という言葉が日本中を駆け巡っています。
「死ね」という言葉にはどうしても抵抗を感じますが、それだけ発言者の必死な思いが現れているとも言えましょう。
この言葉を受けて、「安心して子どもを産める社会をつくろう」という政府のスローガンも改めて繰り返されています。
しかし私はここで、あるクリスチャン作家の残した、「信仰は安心して絶望できる世界」という言葉を思い出しました。
その作家とは、今はなき三浦綾子氏です。
彼女の生涯は、病気で何度も寝たきりになり、良くなったかと思えばまた悪化するという繰り返しでした。
しかし彼女が以前にこう言ったことがあるそうです。
「私が絶望して、もうここまで落ちたと思ったときに、その下にはすでにキリストの絶望が見える。
どこまで落ちても、すでにキリストの絶望が先回りしている」。
それが「信仰は安心して絶望できる世界」ということなのです。私たちのすべてがその言葉に納得できるというわけではないでしょう。
しかし私たちが絶望を感じるとき、神にのろわれた者となったイエスがすでにもっと深みで絶望している、それが十字架であります。
だからこそ私たちにとって、絶望は希望です。
そしてキリストが十字架の上で絶望の叫びを挙げられたからこそ、私たちは希望をもって「落ちていく」ことができるとさえ言えるのです。続きを読む
posted by 近 at 18:19 | Comment(0) | 2016年のメッセージ