最近の記事

2016.3.13「父に忘れられたイエス」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
先週から、「クリックすると開閉する」という仕掛けをブログに取り入れました。
今までは、聖書箇所が長いとページもそれだけ長くなってしまい、見づらかったのですが、一気に問題解決。
一書説教だってこわくありません。 やるかどうかは別問題ですが。週報はこちらです。

聖書箇所 『マタイの福音書』26章36-46節 

序.
 私たち人間にとって、忘れるということは日常茶飯事です。
子どもは学校の宿題を忘れます。大人は子どもとの約束を忘れます。老人は最近のことを忘れます。
そんな私たちにとって、イエス様が父なる神から忘れられることの恐怖はぴんとこないかもしれません。しかし想像してみてください。
自分の父母が認知症にかかり、自分のこともすっかり忘れてしまうことがあるかもしれません。
あるいは自分自身が、家族や友人との楽しい思い出も忘れてしまう時がくるかもしれません。
そのとき家族に与えるであろう悲しみは、容易に想像がつくでしょう。
 聖書には、イエスが十字架にかけられたとき、こう叫んだと書かれています。「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」。
じつのところ、神がイエスを「見捨てる」ということは、「イエスが神から完全に忘れ去られた」という意味に他なりません。
全知全能のお方であり、永遠に存在し続けるお方である父なる神には、「忘れる」ということはあり得ないことです。
しかしキリストは、十字架の上で、神に完全に忘れ去られたのです。
十字架をこのように考え直すことは、決して皆さんが持っている十字架のイメージを弱めるものではありません。続きを読む
posted by 近 at 17:19 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.3.6「愛は謙遜」

こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ヨハネの福音書』13章1-15節 

序.
 数年前の大河ドラマ「八重の桜」にも出てきた、同志社大学の創立者、新島襄のエピソードに、「自責の杖」という出来事があります。
現在は学生数26000人を擁する同志社ですが、140年前の開学当初はわずか8名でした。
しかも変人と呼ばれていた新島の下に集まってきた8人ですから、イエス・キリストの十二弟子に劣らずアクの強い人ばかりだったそうです。
一年目は何とか問題を起こすことなく終わりましたが、二年目にはいり、彼らは後輩との関係に不満をもって授業をボイコットしました。
たまたま留守にしていた新島は急いで学校に戻り、必死で授業をボイコットした二年生たちを説得し、彼らも拳を降ろします。
しかし教員や一年生のあいだから、学校をかき乱した彼らを厳しく処分すべきだという声が挙がり、新島は苦しい立場に置かれました。
そんな中で、ある朝の礼拝で、壇上に立った新島は厳しい表情で今回の事件の顛末を語り始めます。
そして学生たちの目を見据えながら、こう語りました。「今回の一件は、私の不徳のいたすところ、責任はすべて自分にある」。
そう言うが、突然右手に持っていた杖で左手を叩き始めました。
何度も何度も強く打ち付け、新島の手は腫れ上がり、杖は真っ二つに折れ、破片が飛び散りました。
それでも新島は叩くのをやめようとしません。
学生たちが彼の腕にしがみつき、泣きながらそれを止めました。その後学校は結束を得たそうです。続きを読む
posted by 近 at 16:54 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.2.28「信仰の家族に善を」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
いきなりですが、PRです。教会のホームページが変わりました。toyosakakyokai.comからtoyosakakyokai.netになりました。
旧アドレスで5年間ほど外部委託してきましたが、もろもろの事情で(お察しください)自社開発になりました。
独自ドメイン(わかりやすいHPアドレス)は、新規取得は簡単なのですが、同じものを再取得するのは大変だということがわかりました。
できれば「.com」で継続したかったのですが、取得までの間HPが見られなくなってしまっていたので、急きょ「.net」で制作しました。
教会チラシが数千部残っており、これからシールを貼らなければなりません。とほほ
なお右側のリンクは、すでに新アドレスに変えてあります。まだとりあえずレベルなので、これから手を加えていく予定です。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ガラテヤ人への手紙』6章6-10節
 6 みことばを教えられる人は、教える人とすべての良いものを分け合いなさい。
7 思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。
8 自分の肉のために蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、御霊のために蒔く者は、御霊から永遠のいのちを刈り取るのです。
9 善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります。
10 ですから、私たちは、機会のあるたびに、すべての人に対して、特に信仰の家族の人たちに善を行いましょう。

続きを読む
posted by 近 at 10:09 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.2.21「ミニストリーに踏み出されたイエス様」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今日の礼拝は、柏崎市にある新潟聖書学院(NBI)の教会訪問でした。
説教は、専任教師の朴 昌洙(パク・チャンス)宣教師。学生の証しと、特別賛美もありました。
週報はこちらです。

聖書箇所 『マタイの福音書』4章12-17節
 12 ヨハネが捕らえられたと聞いてイエスは、ガリラヤへ立ちのかれた。
13 そしてナザレを去って、カペナウムに来て住まわれた。ゼブルンとナフタリとの境にある、湖のほとりの町である。
14 これは、預言者イザヤを通して言われた事が、成就するためであった。すなわち、
15 「ゼブルンの地とナフタリの地、湖に向かう道、ヨルダンの向こう岸、異邦人のガリラヤ。
16 暗やみの中にすわっていた民は偉大な光を見、死の地と死の陰にすわっていた人々に、光が上った。」
 17 この時から、イエスは宣教を開始して、言われた。「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」

続きを読む
posted by 近 at 17:25 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.2.14「主がおられるから頑張れる」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今日の礼拝では、ある教会員の方のお子さんの、幼児祝福式を行いました。
「腕白でもいい。たくましく育ってくれ」は昭和世代には懐かしいCMコピーですが、
たくましさ以上に、どうか子どものうちに主イエスを信じる平安に出会ってほしいと願ってやみません。週報はこちらです。

聖書箇所 『詩篇』127篇1-5節
都上りの歌。ソロモンによる
1 【主】が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。【主】が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。
2 あなたがたが早く起きるのも、おそく休むのも、辛苦の糧を食べるのも、それはむなしい。
主はその愛する者には、眠っている間に、このように備えてくださる。
3 見よ。子どもたちは【主】の賜物、胎の実は報酬である。
4 若い時の子らはまさに勇士の手にある矢のようだ。
5 幸いなことよ。矢筒をその矢で満たしている人は。彼らは、門で敵と語る時にも、恥を見ることがない。

続きを読む
posted by 近 at 18:06 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.2.7「愛を行うために聞く」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今日の説教では、キリスト教から仏教に転向された方(故人)について、実名をあげて触れています。
つまずきを覚えるクリスチャンの方もいるかもしれませんが、このような人生経験について知ることも、信仰生活にとって益となるはずです。
興味のある方は、次の二冊を読み比べてみるとよいかもしれません。(クリックするとAmazonのページにジャンプします)



週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』8章19-21節
 19 イエスのところに母と兄弟たちが来たが、群衆のためにそばへ近寄れなかった。
20 それでイエスに、「あなたのお母さんと兄弟たちが、あなたに会おうとして、外に立っています」という知らせがあった。
21 ところが、イエスは人々にこう答えられた。「わたしの母、わたしの兄弟たちとは、神のことばを聞いて行う人たちです。」

続きを読む
posted by 近 at 17:00 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.1.31「苦しんだからこそ」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
今日の当教会の礼拝には、K教会のA先生が(メッセンジャーではなく、会衆として)出席してくださいました。
A先生は昨年10月から、新潟福音放送協力会の委員長を務めています。
新潟の各教会がテレビ伝道番組『ライフ・ライン』を支援していくために、このような形での巡回を始めたとのことでした。
当然ながら、単独牧会であるK教会の礼拝はどうしたのだろうかという疑問をみなさんも抱くと思います。
毎月最終週の主日は信徒による「証し礼拝」を行っているので、このように他教会の礼拝に出席することができるとのことでした。
しかし、さらりと言われましたが、そこには牧師にとっても教会員にとっても、大きな決断と犠牲が必要だったはずです。
新潟県下の福音主義教会が、その犠牲を模範として、放送伝道のために一致協力していきたいと願わされています。
週報はこちらです。

聖書箇所 『コリント人への手紙 第二』1章4-6節
 4 神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。5 それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです。6 もし私たちが苦しみに会うなら、それはあなたがたの慰めと救いのためです。もし私たちが慰めを受けるなら、それもあなたがたの慰めのためで、その慰めは、私たちが受けている苦難と同じ苦難に耐え抜く力をあなたがたに与えるのです。」

続きを読む
posted by 近 at 16:59 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.1.24「伝えてこそ生きるもの」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
日本全国、記録的な寒波が襲っています。豊栄も例外ではなく、三回の礼拝を雪かきと交互で行うような一日でした。
近くの月極駐車場(屋根なし、消雪パイプなし)に止めてある教会の車も雪で埋もれ、みなさんで掘り出してくださいました。
人の目には迷惑な大雪ですが、これも創造主の御手のわざ。豊富な雪どけ水がなければ、この新潟でおいしいお米はできません。
天地の主に感謝したいものです。大雪の中で、雪かきに労してくださった信徒の方々にも感謝。週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』8章16-18節
 16 あかりをつけてから、それを器で隠したり、寝台の下に置いたりする者はありません。
燭台の上に置きます。入って来る人々に、その光が見えるためです。
17 隠れているもので、あらわにならぬものはなく、秘密にされているもので、知られず、また現れないものはありません。
18 だから、聞き方に注意しなさい。
というのは、持っている人は、さらに与えられ、持たない人は、持っていると思っているものまでも取り上げられるからです。」

続きを読む
posted by 近 at 19:00 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.1.17「聞く耳のある友へ」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
昨年、某オリンピックのロゴデザインが外国の既成のロゴを剽窃していたという事件がありました。
説教者も人間ですから、以前どこかで聞いた、人の説教を無意識にパクってしまうことがあり得ないというわけではありません。
今日の聖書箇所は、書き終わってから気づきましたが、二年前に語った礼拝説教と同じ所でした。
人のではなくて自分の説教だったのが幸いですが。
真逆のことを言っていてもつまずくし、同じことを繰り返しているのもまたつまずく。
ドキドキしながら前の説教を読み直しました。基本線は同じですが、細部では微妙に違っており、とりあえず一安心。
半年も経つと、どこから語ったか忘れてしまうことがあります。
説教は心に刻みつけるものですから、それではいけないとは思っているのですが。週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』8章4-15節
 4 さて、大ぜいの人の群れが集まり、また方々の町からも人々がみもとにやって来たので、イエスはたとえを用いて話された。5 「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。蒔いているとき、道ばたに落ちた種があった。すると、人に踏みつけられ、空の鳥がそれを食べてしまった。6 また、別の種は岩の上に落ち、生え出たが、水分がなかったので、枯れてしまった。7 また、別の種はいばらの真ん中に落ちた。ところが、いばらもいっしょに生え出て、それを押しふさいでしまった。8 また、別の種は良い地に落ち、生え出て、百倍の実を結んだ。」イエスは、これらのことを話しながら「聞く耳のある者は聞きなさい」と叫ばれた。
 9 さて、弟子たちは、このたとえがどんな意味かをイエスに尋ねた。10 そこでイエスは言われた。「あなたがたに、神の国の奥義を知ることが許されているが、ほかの者には、たとえで話します。彼らが見ていても見えず、聞いていても悟らないためです。11 このたとえの意味はこうです。種は神のことばです。12 道ばたに落ちるとは、こういう人たちのことです。みことばを聞いたが、あとから悪魔が来て、彼らが信じて救われることのないように、その人たちの心から、みことばを持ち去ってしまうのです。13 岩の上に落ちるとは、こういう人たちのことです。聞いたときには喜んでみことばを受け入れるが、根がないので、しばらくは信じていても、試練のときになると、身を引いてしまうのです。14 いばらの中に落ちるとは、こういう人たちのことです。みことばを聞きはしたが、とかくしているうちに、この世の心づかいや、富や、快楽によってふさがれて、実が熟するまでにならないのです。15 しかし、良い地に落ちるとは、こういう人たちのことです。正しい、良い心でみことばを聞くと、それをしっかりと守り、よく耐えて、実を結ばせるのです。」

続きを読む
posted by 近 at 17:52 | Comment(0) | 2016年のメッセージ

2016.1.10「きょう、信じよう」

 こんにちは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。週報はこちらです。

聖書箇所 『使徒の働き』13章13-41節
 13 パウロの一行は、パポスから船出して、パンフリヤのペルガに渡った。ここでヨハネは一行から離れて、エルサレムに帰った。14 しかし彼らは、ペルガから進んでピシデヤのアンテオケに行き、安息日に会堂に入って席に着いた。15 律法と預言者の朗読があって後、会堂の管理者たちが、彼らのところに人をやってこう言わせた。「兄弟たち。あなたがたのうちどなたか、この人たちのために奨励のことばがあったら、どうぞお話しください。」16 そこでパウロが立ち上がり、手を振りながら言った。
 「イスラエルの人たち、ならびに神を恐れかしこむ方々。よく聞いてください。17 この民イスラエルの神は、私たちの父祖たちを選び、民がエジプトの地に滞在していた間にこれを強大にし、御腕を高く上げて、彼らをその地から導き出してくださいました。18 そして約四十年間、荒野で彼らを耐え忍ばれました。19 それからカナンの地で、七つの民を滅ぼし、その地を相続財産として分配されました。これが、約四百五十年間のことです。20 その後、預言者サムエルの時代までは、さばき人たちをお遣わしになりました。21 それから彼らが王をほしがったので、神はベニヤミン族の人、キスの子サウロを四十年間お与えになりました。22 それから、彼を退けて、ダビデを立てて王とされましたが、このダビデについてあかしして、こう言われました。『わたしはエッサイの子ダビデを見いだした。彼はわたしの心にかなった者で、わたしのこころを余すところなく実行する。』23 神は、このダビデの子孫から、約束に従って、イスラエルに救い主イエスをお送りになりました。24 この方がおいでになる前に、ヨハネがイスラエルのすべての民に、前もって悔い改めのバプテスマを宣べ伝えていました。25 ヨハネは、その一生を終えようとするころ、こう言いました。『あなたがたは、私をだれと思うのですか。私はその方ではありません。ご覧なさい。その方は私のあとからおいでになります。私は、その方のくつのひもを解く値うちもありません。』
 26 兄弟の方々、アブラハムの子孫の方々、ならびに皆さんの中で神を恐れかしこむ方々。この救いのことばは、私たちに送られているのです。27 エルサレムに住む人々とその指導者たちは、このイエスを認めず、また安息日ごとに読まれる預言者のことばを理解せず、イエスを罪に定めて、その預言を成就させてしまいました。28 そして、死罪に当たる何の理由も見いだせなかったのに、イエスを殺すことをピラトに強要したのです。29 こうして、イエスについて書いてあることを全部成し終えて後、イエスを十字架から取り降ろして墓の中に納めました。30 しかし、神はこの方を死者の中からよみがえらせたのです。31 イエスは幾日にもわたり、ご自分といっしょにガリラヤからエルサレムに上った人たちに、現れました。きょう、その人たちがこの民に対してイエスの証人となっています。32 私たちは、神が父祖たちに対してなされた約束について、あなたがたに良い知らせをしているのです。33 神は、イエスをよみがえらせ、それによって、私たち子孫にその約束を果たされました。詩篇の第二篇に、『あなたは、わたしの子。きょう、わたしがあなたを生んだ』と書いてあるとおりです。34 神がイエスを死者の中からよみがえらせて、もはや朽ちることのない方とされたことについては、『わたしはダビデに約束した聖なる確かな祝福を、あなたがたに与える』というように言われていました。35 ですから、ほかの所でこう言っておられます。『あなたは、あなたの聖者を朽ち果てるままにはしておかれない。』36 ダビデは、その生きていた時代において神のみこころに仕えて後、死んで父祖たちの仲間に加えられ、ついに朽ち果てました。37 しかし、神がよみがえらせた方は、朽ちることがありませんでした。
 38 ですから、兄弟たち。あなたがたに罪の赦しが宣べられているのはこの方によるということを、よく知っておいてください。39 モーセの律法によっては解放されることのできなかったすべての点について、信じる者はみな、この方によって、解放されるのです。40 ですから、預言者に言われているような事が、あなたがたの上に起こらないように気をつけなさい。41 『見よ。あざける者たち。驚け。そして滅びよ。わたしはおまえたちの時代に一つのことをする。それは、おまえたちに、どんなに説明しても、とうてい信じられないほどのことである。』」

続きを読む
posted by 近 at 18:21 | Comment(0) | 2016年のメッセージ