最近の記事

「宗教としてのナチズム−その系譜と実像」(5)〜敬和学園大学の卒業論文(1994)

おわりに

 「なぜナチは12年間にわたってドイツ国民を支配できたのか?」  これはナチ研究史半世紀来の、かついまだ確答の与えられていない疑問である。前述したように、ノイロールらはドイツ人の普遍的精神性にその根拠を求めようとした。しかし結局その試みは、カントやゲーテに象徴されるような知性的ドイツ人像をいたずらに歪曲するだけだった。そこで多くの歴史家はより説得力のある答えとしてテロを持ち出してきた。議会政治のルールにのっとって合法的に政権を獲得したヒトラーは瞬く間に独裁体制を確立し、オーウェル的な監視社会に人々を閉じ込めたのだ、と彼らは説明する。しかしその後の証言で、ドイツ人自身は外国人が考えているほど、ヒトラーを畏怖すべき独裁者としては見ていなかったことが明らかになった。
 例えば、ミルトン・マイヤーの友人たちは戦後、ヒトラーにだまされていたという怒りより、むしろ彼のほうがだまされていたのだという憐憫の情を示している。その一人、カール・ハインツ・シュヴェンケは、狡猾な党幹部たちにヒトラーは利用されていたのだ、とマイヤーに語った。「ヒトラーが本当のことをきかされていたら、ものごとは変わっておったよ(58)」。他の友人ハインリッヒ・ダムによれば、「連中のやり方は巧妙で、ヒトラー自身もとうとうそう思いこまされてしまった。それ以来、彼は妄想の世界の住人になった(59)」のである。イエッケルは「ドイツ人はヒトラーのことを恐れたというよりも、むしろ愛した(60)」と指摘しているが、これらの証言を聞く限り、その分析は一面の真理をついているように思われる。続きを読む
posted by 近 at 10:31 | Comment(0) | 宗教としてのナチズム

「宗教としてのナチズム−その系譜と実像」(4)〜敬和学園大学の卒業論文(1994)

第3節 ドイツ的キリスト者信仰運動

 雑誌『意志と権力』1935年4月15日号の論説「積極的なキリスト教」は、ナチ政府のキリスト教に対する態度について、こう論じている。
 しかし、ナチズムはキリスト教を肯定はするが  教会としてにせよ、信仰としてにせよ、またそれが政治的な領域においてであろうと、宗教的な領域においてであろうと、その現象形態に関係なく  無条件に肯定するわけではない。ただキリスト教が積極的である限り、キリスト教が自己と政治権力に対する限界を、指示されたとおりに守る限りにおいてのみ、ナチズムはキリスト教を肯定するのだ。(40)
 「積極的」という語から受けるような印象は、ここで理想として語られているキリスト教においては、全く後景に退いているように思われる。「自己と政治権力に対する限界」を「指示されたとおりに」遵守する、すなわちナチ政府に従属する《制度》の一種としての地位しか、そこには与えられていない。この論説の書かれる15年前にナチ党綱領を著した者は、「積極的」という形容詞にどのようなニュアンスを含ませようとしていたのであろうか。エバーハルト・イェッケルは、その著『ヒトラーの世界観』の中で、そのような問いは提起するだけ無益であると指摘している。なぜならば、「一般に党綱領は、第一次大戦後の時期の小市民的な不平と憧れを列挙したものにすぎなかったからである(41)」。
 彼によれば、この綱領はヒトラー個人の明確な世界観に裏付けられ、生み出されたものではなかった。そして「積極的なキリスト教精神」という言葉もまた、敗戦によって「王座と祭壇(Thron und Altar)亅に象徴されるような国家権力との結合を喪失したキリスト教会に対し、ナチ党の存在をアッピールするための方便にすぎない。「それ故、ヒトラーの世界観を探求するものは、党綱領から何の説明も期待してはならないであろう(42)」。
 では、ナチの理想とした宗教が「積極的キリスト教」でないとすれば、いわゆる《ドイツ的キリスト者信仰運動(Glaubensbewegung Deutsche Christen;以下GDCと略す)》はどのようにとらえればよいのであろうか。彼らは自らを「積極的なキリスト教精神」に立つナチズム戦士であると公言し、実際従来の研究においてもGDCは「ナチス的キリスト教」としてナチズムと同質的及び友好的な宗教運動として解釈されてきた。しかし前節で述べたように、ナチの宗教的意図がキリスト教を排除し、総統崇拝を中核とする救済宗教を新たに創出することにあったのならば、GDCのごときグループはナチにとって必要ないどころかむしろ障害となったのではないか。無論、ナチが教会票獲得のために彼らを利用したという反論もあるだろう。だが野田氏によれば、ヒトラーはGDCのような「ラディカルな勢力にたいしても既成の教会の擁護者としてたちあらわれた(43)」という。果たして彼はこの運動をキリスト教勢力の中で唯一容認できるセクトとしてみていたのか、それとも多くの研究者が指摘するように政治的利用手段に徹したのか。本節では、このように見解が錯綜している感が強いGDCを新たにとらえ直してみたい。続きを読む
posted by 近 at 11:29 | Comment(0) | 宗教としてのナチズム

「宗教としてのナチズム−その系譜と実像」(3)〜敬和学園大学の卒業論文(1994)

第2節 プロパガンダかコンセンサスか

 ヒトラーは『わが闘争』の中で、大衆示威集会(民衆集会)の意義について、次のように述べている。
 また民衆集会というものは、まず第一に若い運動の支持者になりかけているがさびしく感じていて、ただ一人でいることで不安に陥りやすい人に対して、たいていの人々に力強く勇気づけるように働く大きな同志の像を、初めて見せるものであるから、それだけでも必要である。・・・・(中略)・・・・もし彼が自分の小さい仕事場や、彼自身まさしく小さいと感じている大工楊から、初めて民衆集会に足をふみいれ、そしてそこで同じ考え方をもっ幾千人もの人々にかこまれるならば、そのとき彼自身は、我々が大衆暗示という言葉で呼ぶあの魔術のような影響に屈服するのである。(23)
 彼のこの主張は、ナチ運動の大衆動員の方法として一般に理解されてきた。国民社会主義運動に参加するか否かで逡巡している個人に対し、ヒトラーはこの運動の圧倒的勢力を誇示し、集団に所属することの安心感(ゲミュートリヒカイト)を提供する。団体の一員となった者自身は、自発的にこの運動に加わっているのだと感じているが、実際にはそれは「大衆暗示」と呼ばれる麻酔的効果でしかない  ナチ運動への大衆支持をプロパガンダで説明する者はこのように考える。
 しかし果たして本当にそうであろうか。「大衆暗示」はヒトラーの主観的な解釈でしかないにもかかわらず、歴史家もまたこの語に固執する。だが、当時のドイツはそこまで暗示を受けやすい人間で溢れていたのであろうか。無論、失業者数600万という深刻な経済不況が、ドイツ人からナチズムの危険性を認識する冷静さを失わせたのだという反論も可能であろう。しかしそれはあくまで可能性であって、決定的なものとはいえまい。「力は正義」のスローガンを各地で実演していたナチ党がドイツ経済を回復してくれる保証はどこにもなかったのに、なぜドイツ国民の三分の一は暴力政治の出現の危険を冒してまで彼らに票を投じたのか?続きを読む
posted by 近 at 14:50 | Comment(0) | 宗教としてのナチズム

「宗教としてのナチズム−その系譜と実像」(2)〜敬和学園大学の卒業論文(1994)

第1節 フェルキッシュからナチズムへ

 ノイロールは、その著『第三帝国の神話』の中で、ナチズムの起源について、次のように論じている。「もし、ヒトラーあるいはナチズムが、第三帝国の神話を考え出したとか、それを無から創造したとか考えるならば、それは誤りである。この神話はすでに早くから、地下に、ひそかに、ドイツ民族の中に生きていたのである(7)」。彼の言うナチズム神話とはどのようなイデオロギーであったのか。この書の別の箇所で彼はこう述べる。それは、「19世紀、とくに20世紀におけるドイツ民族の発展に陰に陽について廻った数々の思潮、運動、幻想、神話などの帰結であり、ドイツ人のあらゆる願望の夢、悪習、退化の総合なのである(8)」。
 ノイロールの主張については、余りにも多くの思想をナチズムに結び付けているきらいがあることは否定できない。しかし彼ほど極端ではないにしても、やはりナチ研究者の多くは、ナチズムの起源を1889年(9)以前に求める。ナチの神話がヒトラー個人のカリスマ性とその難解な著作における狂信的主張のみに依存しているのではないということは、四半世紀にわたるナチ党の歴史において明白だからである。ヒトラーのファシズムはムッソリーニの模倣から始まった。この国民社会主義者は組織の拡充のためにはカトリック教会や不倶戴天の敵であった共産党からさえも大衆動員の方法を盗むことを憚らなかった。では彼の反ユダヤ主義やアリアン主義は一体誰の借りものであったのか?
 本稿の主旨はナチ宗教の分析であるので、ノイロールほど近代ドイツ政治史全般にわたって「神話」を再確認する必要はないだろう。またノイマンのごとくルターにまで反ユダヤ主義を遡らせることも無益である。そのような微々たる事実を一つ一つ例証していったところで、ナチズム解明には何の意味ももたらさない。むしろもっと直接的なナチズムの源流  ヴィルヘルム期に興隆した、いわゆるフェルキッシュ思想に向かった方が遙かに賢明であるに違いない。ナチ宗教の神話は、この思想に依拠する部分が非常に多いと思われるからである。続きを読む
posted by 近 at 09:52 | Comment(0) | 宗教としてのナチズム

「宗教としてのナチズム−その系譜と実像」(1)〜敬和学園大学の卒業論文(1994)

序.

 「20世紀の悪夢」と呼ばれた第二次世界大戦が終結し半世紀が過ぎようとしている。この50年で世界システムは大きく変容した。ヒトラーが国民社会主義の存亡を賭して闘い、そして敗れたボルシェヴィズムはソ連及び東欧共産主義体制の崩壊により事実上消滅した。しかも大戦の敗戦国であった日本、ドイツは戦後の急速な復興の末、今や国際経済においてかつてないリーダーシップを発揮するに至った。これら国民社会主義がナチズム戦争を通して目指したものが、ヒトラーの死後、彼が想像もしていなかった歴史的経過を辿り、達成させられたことはまさに運命の皮肉と呼べるであろう。
 一般にこのナチズムという政治思想は、第一次世界大戦後のヨーロッパを席巻したファシズムの一類型として理解されている。その一党独裁体制における権威主義的コーポラティズムは、近代ヨーロッパの伝統的議会主義への反動として定義することができよう。だが、この運動に精神的基盤を与えたイデオロギーもまたファシズムの知的遺産に由来したものだった、と考えることは困難である。というのは、アウシュヴィッツに代表されるような、徹底性と能率性を伴ったホロコーストは、全体主義発祥の地ファシスト=イタリアにおいてさえも遂に起こることはなかったからである。それどころか、このドイツ流の恐怖政治は、それまで残虐さにかけてはヨーロッパ史上最悪とみなされていた、かのジャコバン独裁をも遙かに凌駕した。この事実は人々にユダヤ人ハインリヒ・ハイネの、次のような不気味な予言を想起させるに違いない。
 ドイツの雷は極めてドイツ的である。落ちるまでに時間がかかるが、必ず落ちる。歴史に類例を見ない破壊力を伴って落ちる。その時がやがて来るだろう……フランス革命もそれに比べたらのどかな牧歌にすぎないようなドラマが演じられるだろう……その時は必ずやってくる。(1)
続きを読む
posted by 近 at 10:39 | Comment(0) | 宗教としてのナチズム