最近の記事

2020.1.12「マリヤのように、マルタのように」(ルカ10:38-42)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
昨年の10月27日(誕生日だったからよくおぼえています)に、放送伝道の会議のために二日かけて県内3箇所を回ったのですが、
あまりにも疲れたので天然温泉がある小さなビジネスホテルに泊まり、有料のマッサージ椅子を利用しました。
それが強すぎたのか、長すぎたのか、帰ってきたら背中を痛めてしまい、それから一ヶ月ほど、毎日いたたたた。
ようやく一息ついて、水曜祈祷会で「よくなったよ!」と同じグループの方に証ししたら、その晩椅子に座っていたらパキッと音がしました。
椅子が壊れたのかと思ったら、自分の腰骨だったらしい。今度は慢性腰痛(ぎっくり腰)。背中の痛みを忘れるほどです。
また一ヶ月くらいして良くなったかなと思ったら、また背中が痛くなりました。何でしょう、この永久機関のようなシステムは。
ただ、内臓の疾患による内側の痛みを、脳が骨や筋肉の痛みと解釈してしまうことがあるそうです。
ある男性は二年間腰痛をほっといたら、悪性腫瘍が広がっていたという、こわい症例がネットにありました。
とはいえ今は明日が〆切の牧会方針原稿と、礼拝説教原稿と、午後の老人ホームのメッセージ原稿ができていないことのほうがこわいです。
今年もなんとか乗り切っていきたい。ブログも応援してください。週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』10章38-42節



続きを読む
posted by 近 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2020年のメッセージ

2020.1.5「“だれが”よりも大切なこと」(ルカ10:25-37)

 こんにちは、豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
多くの教会では、新しい年度に入ると、その年の標語聖句というのを決めるようです。
私たちの教会でも、1972年の開拓以来、毎年標語聖句があって、私も着任当初からそれを踏襲してきたんですが、
ふと最近思ったのは、「これって意味あるのかな?」ということでした。
教会目標や、牧会方針を掲げるのは必要だと思います。私も毎年A4の紙1〜2枚くらいにまとめて、総会のたびにそれを説明してきました。
でもそれが標語聖句にリンクしているかどうかは・・・・不明です。
人間が考えた目標にみことばを利用しているんじゃないかという恐れもあります。
以前は、正月三が日に少し時間をとって、教会の課題などを黙想しているなかで、これは、というみことばを選んでいました。
しかしどんなに現状にフィットしたみことばが与えられても、それを教会員と共有することができなかったら、画餅にすぎません。
とはいいつつも、やはり今年も標語聖句を探しています。みことばを恐れることは忘れないでいきたいと思います。
週報はこちらです。

聖書箇所 『ルカの福音書』10章25-37節



続きを読む
posted by 近 at 21:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2020年のメッセージ